岡本です。
 
先日、知人とのやりとりで
とあるブログのことを知ったのですが、
非常に興味深い内容だったので、ぜひ共有したいと思いました。
 
 
そのブログというのは、これです。
 
 
 
山崎えりこさん、っていう人のブログで、
僕は直接の面識もないし、この方の素性も知りません。
勝手に取り上げています。
 
 
ですが、このブログのアドモ-ル商材に関する見解や言及が、
興味深い内容だったので、
今回はこの記事に関する僕の見解などを正直に伝えてみたいと思います。
 
 
アドモ-ルは詐欺師集団。アドモ-ル商材は購入しないでください
 
 
タイトルからわかるかもしれませんが、
今回の内容は、見方によっては僕にとっても都合の悪い情報かもしれません。
 
 
なぜなら、僕自身もアドモ-ルをよく利用しているし、
実際に彼女が指す「アドモ-ル商材」を少し前までは
割と積極的に取り上げて、中には推奨しているものもあるからです。
 
 
でも、山崎えりこさんのこのような忌憚のない率直な見解を述べた記事こそ、
消費者の人々にとっては大切な情報だと思いました。
 
 
というより、この姿勢こそが
ユ-ザ-が求めているレビュ-サイトなんだな、と感じました。
 
 
僕がこの山崎さんの記事を取り上げることによって、
自分にとって今後どのように転んでいくのかは予測できませんが、
きっと多くのアドモ-ル商材に関わる人たちにとって役に立てると思って、
いろいろと僕の思っていることを素直に述べていきたいと思います。
 

アドモ-ルは詐欺集団なのか?

 
山崎さんの記事で書いてある内容は、タイトルそのままです。
 
 
要するに「アドモ-ル商材は買うな」という主張で、
アドモ-ル商材に対して不信感を募らせた読者の感想や見解などを
そのまま記載しているという、暴露話の内容になっています。
 
 
山崎さんのブログに集まるメッセ-ジなどが、
消費者としての率直な本音や暴露話をたくさん述べているので、
とても読み応えのある記事でした。
 
 
仮に僕がひどく不利な立場になろうとも、
それはそれでいいと思って書くつもりです。
 
 
僕もいわゆる「アドモ-ル商材」を推奨していたアフィリエイターなので、
そこに不信感を感じるも感じないのも自由だと思います。
 
 
その上で、いくつか僕的に思うところもあるので、
その辺に関する話を中心にお伝えしておきます。
 

アドモ-ルは詐欺ではないと僕は思う

 
山崎さんのアドモ-ル商材に対する見解は、
なかなか的を得ていて、なるほどと思わされる部分が多かったです。
 
 
ただ、「アドモ-ルは詐欺集団のASPである」という主張がそもそも、
「そんなことはないのでは?」と思います。
 
 
未払いとか、悪質な行為があるわけではないので、
普通に詐欺ASPとは言えなさそうです。
 
 
ちなみに、僕はアドモ-ルをわざわざ擁護する理由もなく、
「アドモ-ル側の人間」とかそういうわけでもありません。
 
 
ただ単純によく利用していて、
いい商品も普通に数多くあるし、
決済システムとかが便利なので、
僕の方からも説明しようと思っただけです。
 
 
だから、アドモ-ルが本当に人を騙して詐欺を働いているようなASPだとしたら
僕も普通に利用はしないし、
アドモ-ルのことを弁解するつもりもありません。
 
 
山崎さんの解釈では
 
「情報弱者を騙すような商材を売っている」
「その商材を売る方法を教えているアフィリエイターがいる」
 
=詐欺ASP
 
 
みたいになっているので、
その点がそうとも言い切れないかな…と思ったので一応触れておきました。
 

アドモ-ル商材をこれまで推奨してきた岡本の見解

 
また、文末にこの記事に寄せられた
とある方のコメントがあるのですが、
僕の考えや意見は、概ねこのコメントの人とほぼ似ていますので転載しておきます。
 
   
初めまして、見事に怪しいアフィリエイターに
仲間入りしたこなたです。

僕自身、自分が検証して本当に稼げたのがたまたま全部アドモールの商品だったんですけどね..
まぁ、この記事を読んでる人は誰も信じないと思いますが。笑
確かに最近アドモールから出てくる商材は情報弱者をもろに狙った商材が多いと思います。
アドモールの運営集団かは分かりませんが恐らく同じ集団が作ってるというのも間違いないでょうね。
ただ、実態がどうであれ、アドモールが出てくる商材は少なからずしっかりと稼げるものが多いというのは事実だと思います。
現に僕自身もえりこさんもアドモールから発売されている商品で稼げた訳ですから
同じ集団が作ってるから
同じ集団が自作自演のステマをしているから
という理由で商品を詐欺扱いするのはちょっと論点がずれていると思います。
もちろん商品を購入してもないのに、嘘ついて
購入して稼げてます!
欠点なんてありません!
みたいな煽りレビュー書きまくる行為を推奨する人、実践する人は全員死滅すべきだと思います。
実際、アドモールの商材は欠点が多くて初心者の方がその商材のみで稼ぐのは到底不可能な欠陥商品ばかりです。
ただ裏を返せば、アドモールの商材は欠点をしっかりと補えば初心者の方でも稼げる商材が多いと思います。
事実を伝え、その上で初心者の方達でも稼げるようにする特典やサポートをつければインフォトップの商品だろうがアドモールの商品だろうが自信を持ってアフィリエイトして良いと僕は思います。
ちなみに情報商材レビューサイトも
中井忍という悪い意味で有名な方が
運営しているサイトの一つですね。
他サイトを徹底的に批判して自分の
高額コンサルに誘導しています。
長文失礼致しました。
 
だいたい、僕の意見もこの方と似ています。
 
 
そもそも、山崎さんの記事のように、
「アドモ-ル=悪」とまでは思っていないし、
 
「アドモ-ル商材を紹介した=だから自分も悪いことをした」
 
という自覚はないので、そういうつもりで書いていきます。
 

確かに満足度の低い商材が増えて来たことは認識していた

 
ただ、この山崎さんの記事で伝えたいことの5割以上は共感できるし、
アドモ-ルで次々とリリ-スされている商材が、
購入者の満足度や結果に繋がりにくくなってきていることは、
普通に認識し始めていました。
 
 
これは以前から感じていたことなので、
僕のブログではだいぶ前からあまり積極的な推奨はしなくなっていました。
 
 
その辺の話は、2016年末に書いたこの記事でその雰囲気を出しています。
 
 
 
一昔前はもっとまともな商品も多かったんですけど、
今はちょっと、とてもじゃないけど他人に推奨できるものがないかな…
というのが本音です。
 
 
普通に、今でもいいと思うものは引き続き推奨したいと思っていますし、
今後もいいものがリリ-スされたなら推奨はします。
 
 
ただ、中には、「ちょっと言い過ぎたな・・・」と
必要以上にオススメ感を出した教材もあるので、そこは少し反省しています。
 
 
僕は正直、今まで、心から推奨できない商品でさえも、
「こういう人にはいいんじゃない?」
くらいのスタンスであれこれ特典をつけて、
アフィリリンクを置いて紹介していることがありました。
 
 
欲しいと思う人がいて、
その商品を活用してプラスに働くことがあるのであれば、
そういう人は買うべきではないのか?という考えがあったからです。
 
 
でも、今はちょっと考え方が変わってきて、
あまり心からお勧めできないものに対しては
アフィリエイトリンクすら置くべきではないと今は思っています。
 
 
例えば、一番身近なもので言えば、
「MCSリライトツ-ル」というものを
「こういうつもりで使えば活用できるんじゃない?」
という切り口で特典を付けて紹介していました。
 
 
 
 
ただ自分自身ではこのツ-ルは使用していないし、
今となっては特典をつけたり、
無理矢理アフィリリンクを貼ったりしなくても良かったと思っています。
 
 
これまでにも、自分が取り組んで、
実際にそのノウハウを検証していないような商品も、
マニュアルの中身を見て自分の見解などを述べて
アフィリリクを貼り、紹介することはありました。
 
 
もちろん、「検証して結果が出ました!」
のような嘘をついたことはありません。
 
 
ただ、心から推奨できない教材に対しては、
アフィリリンクを貼るいうのはもうやめにしようと思います。
 
 
一昔前までは、切り口やコンセプトが
本当に有用性の高いと感じるものも多々あって、
 
「このノウハウならできそうかも!」
 
と感じた人のためにも、
多少の粗相は多めに見て評価していたという自覚があります。
 
 
でも、最近のはちょっと目を見張るものがあるので、
むやみにアフィリリンクを貼って特典をつけるのはやめておこうと思います。
 
 
というより、
しばらくアドモ-ル商材を積極的に推奨していなかったので、
もうそれはやめていました。
 

アドモ-ル商材のアフィリエイターについて

 

また山崎さんの記事では、
アドモ-ル商材をよく取り扱っている難波さんなどを始め、
アドモ-ル系のアフィリエイターに関して
マイナスな印象を抱いてしまうような記述が多々あります。
 
 
でも僕が思うに、難波さんなども、
そこまで「人を騙して儲けてやろう」
みたいな考え方ではないと勝手に思っています。
 
 
詳しくは知りませんが、
2ティアで自作自演みたいなことをやっているらしいのですが、
まあ、やりたい人がやればいいんじゃないですかね。笑
 
 
ちなみに、山崎えりこさんの記事でも出てきた
神谷みやびさんという方の
「美容健康特化型3ステップアフィリエイト」
という教材は、僕のブログでも普通に推奨しました。
 
 
 
 
内容はというと、普通に良かったと思います。
 
 
個人的には、価格設定はちょっと高いのかな、などなど、
細かい部分は重箱の隅を突けばいくらかあったのかもしれませんが、
しっかりと購入者のサポ-トをしてくれるのであれば
それ相応なのかな、と感じたので推奨することにしました。
 
 
しかし山崎えりこさんは、この商品に対してこのような言及をしています。
 
 
そして次にお勧めしていたのは美容健康特化型3ステップアフィリエイト。インフォトップ系の有名商材は挫折者が大勢いる事を知っていたので、初心者の方はこれくらい簡単なものから入るほうがいいのだろうとの判断。ですが後になって高額なバックエンド商品があったり、販売者の神谷みやびが人を騙して稼いでいるようなアフィリエイターとの繋がりがあったことに気がつきました。
 
 
何やら神谷みやびさんのバックエンドがあったり、
騙して稼いでいるようなアフィリエイターと繋がりがある、とのことです。
 
 
ちなみに僕は、
神谷みやびさんから直接「良かったら紹介してくれませんか?」という
連絡をもらって、それで教材の中身を拝見して記事にして紹介した、
という経緯です。
 
 
何かしらの判断材料になるかもしれないので、
神谷みやびさんからもらったメ-ルを転載しておきます。
 
 
はじめまして、突然のメール失礼いたします。
 
わたしは、物販アフィリエイトの情報商材を販売しております
神谷みやびと申します。
 
岡本様にご連絡するのは初めてなのですが
検索で以前からブログを拝見させて頂いていまして、
私自身、たくさんの成功者を輩出したいと想い
発信を参考にさせて頂いております。
 
今回は、とある件でお力添えいただきたく
大変恐縮ですがメッセージさせて頂きました。
 
先日、新しく下記のような初心者向けの
物販アフィリエイトの情報商材を発売しました。
 
 
岡本様の「物販アフィリエイト」についての記事を拝見させていただきまた。
このように物販アフィリエイトについて濃い記事を書かれていて
商材のレビュー記事をわかりやすく書かれている方に
わたしの商材の中身を見ていただいて、可能であればメルマガや
ブログなどで紹介して頂ければ非常に嬉しいなぁと感じました。
 
(恐らく、沢山このようなメールがきていると思いますが・・・)
 
今回の教材は、私自身の体験談を交えて作っているもので
非常に自信をもってお届けしているものになります。
 
ありがたいことに、いろいろなアフィリエイターさんたちにも
レビューをしていただいておりまして、
アドモールで購入率が8%、EPCが1054円という結果を出させていただいておりますし、
購入者様からも、「実践しやすい!」などの感想もいただいておりますので
岡本様の売り上げや顧客満足にも貢献できる内容だと確信しております。
 
もちろん、ご興味がおありの場合は
無料で「美容健康特化型3ステップアフィリエイト」の
コンテンツをご提供させて頂きますし、お読みになった結果
「紹介する価値がない」と判断された場合は紹介しないでも全く構いません。
 
(お読みになって頂くだけでも非常にありがたい事だと思っております)
 
もし、ご興味がある場合、
 
メ-ルアドレス
 
に返信していただけましたら、商材をお渡しさせていただきます。
 
今回のご相談が必要ございませんでしたら、
メールは返信していただかなくても構いません。
 
なにとぞ、よろしくお願い致します。
 
突然のメールで恐縮ですが、
お忙しい中、読んでいただきましてありがとうございました!
 
それでは失礼します。
 
神谷みやび
 
 
以上のものが、神谷さんという方から直接もらったメッセ-ジなのですが、
読めばわかるように、普通に印象の良い方だと思います。
 
 
もちろん、メ-ル対応が誠実だからといって
コンテンツの質とは関係はないことなどは承知していますが、
少なくとも、人を騙してやろうと目論む腹黒さなどがなさそうな方なのは普通にわかると思います。
 
 
と、このような経緯で
「美容健康特化型3ステップアフィリエイト」や
神谷さんの存在を知ったのですが、
その後、この教材の販促に絡んでいる
難波さんからも直接お問い合わせをいただきました。
 
 
岡本さん
 
どうもはじめまして、難波と申します。
 
突然のご連絡失礼します。
 
 
僕は岡本さんと同じ情報商材アフィリエイターをやっています。
 
 
 
岡本さんの記事は読みやすい上に参考になるので
結構読ませて頂いています。
 
 
今回は美容健康特化型アフィリエイトの推薦レビューを
してくださった事に関して感謝の気持ちを伝えたいと
メールさせて頂きました。
 
 
今回の教材は販売者の方を僕がサポートするような形で
リリースしたもので、僕自身も作成に携わっているものです。
 
 
ですので、岡本さんのような実力があるアフィリエイターさんに
推薦して頂いて非常に嬉しく思っています。
 
 
販売者の方はもともとは僕のコンサル生の方なのですが、
物販アフィリでそれなりに成果を出されている主婦の方です。
 
 
最近、アドモールから全然扱いたい教材が出ないな~という点と
販売者の方が教材を出してみたいという点が重なって
 
「それだったら自分達でリリースしてしまおう」
 
という事で今回の教材の販売に至りました。
 
(最近のアドモール系の教材の多くが
裏技系に寄りすぎている感じで扱いにくいというのもありますw)
 
 
セールスレターとコンテンツの体系的な戦略を僕が用意して
コンテンツの肉付け的な部分とサポートを
販売者の方が担当しているという形になっています。
 
 
ですので、岡本さんが戦略を似ていると感じてくださったのは
僕も結構嬉しく思います(笑)
 
 
レターなどは、わざと柔らかく作っているのもあって
爆発的に売れるようなものではないと思いますが、
ビジネス経験がない女性の方にはまさにピッタリはまりますので、
女性初心者の新規リストとかにはマッチすると思います。
 
 
ぜひ、今後とも扱って頂けたら幸いです^^
 
 
どうぞ、よろしくお願いいたします。
 
 
というような感じのメッセ-ジです。
 
 
その後も、普通のやりとりというか情報交換?
を難波さんとしたくらいなのですが、
特にこのメ-ルのやりとりなので、
「人を騙してやろう」みたいな印象を受ける事はありませんでした。
 
 
 
何かしらの情報商材を購入して、
結果を出せずに結果的に「難波や岡本に騙された!」
みたいに評価する人が出るのも、
アフィリエイトをやっている以上はある程度仕方ないのかもしれません。
 
 
でも、このようなアフィリエイタ-のことを何でもかんでも
「人を騙して稼いでいるアフィリエイタ-」
と評価するのはどうなのかな?と思います。
 
 
それは「コカコーラを飲めば幸せになれるどころか糖尿病になるから殺人飲料だ」
とか、「自動車販売に関わっている人間は全て殺人に関与している」、
みたいな理論と割と似ているようにも思えます。
 
 
山崎さんが言うように、
仮にアドモ-ル商材が詐欺商材だとしたら、
そんな詐欺商材を売る方法を教えるという行為も悪質になるかもしれません。
 
 
でもそれってそもそも
「仮に詐欺商材だとしたら」の話です。
 
 
普通に、アドモ-ル商材もいいものはありますし、
ASPごと詐欺というのは言い過ぎかもしれません。
 

稼げない商材=詐欺商材という認識

 
そもそも、アドモ-ル商材も、
「人を騙すつもりで作っている」
というわけではありません。
 
 
確かに、ノウハウの質の低いものもあるでしょうし、
購入者の満足度が低そうなものも多くなっていたのは事実だと思います。
 
 
ここ最近はちょっと構成が雑だったり、
取ってつけたような手法とかも多くなってきて、
その点に関しては僕も
「ちょっとこれはお勧めしにくいな-」
と感じていたところはありました。
 
 
でも、「稼げない=詐欺」とも言いにくく、
そんなこと言ったら情報商材なんてほぼ全部が詐欺になってしまいます。
 
 
「いや、そうだろw」
 
とか思う人は、最初から買わなきゃいいだけです。
 
 
確かに、過剰に煽ってる人から購入して
いざ買ってみたら期待ハズレ、
みたいなこともよくあると思います。
 
 
そういう意味で、ここ最近のアドモ-ル商材は
その辺の満足度が低いものが多いからこそ、
こうして山崎さんのこの記事のような見解が支持されているのだと思います。
 

アドモ-ル公認コンテンツについて

 
ちなみに山崎さんの記事でもあった
「アドモ-ル公認コンテンツ」に関してなのですが、
これは、要するに特商法表記代行サ-ビスです。
 
 
「アドモ-ル公認コンテンツ」と表記されているからと言って、
株式会社アドシステムが直接販売しているコンテンツというわけではありません。
 
 
実際、僕の個別コンサルティングも
アドモ-ル公認コンテンツを利用しています。
 
 
手数料がプラスで5%かかりますが、
素性を明らかにしたくない人や、
このブログで言っているように、
架空の人物を販売者として立てたい場合には利用すればいいと思います。
 

実際のところ、アドモ-ル商材は人を騙すつもりで作られているか?

 
僕は、アドモ-ル商材を
次々と製作する販売者側である人物のうち数人と直接の面識があります。
 
 
そんな人達とあれこれ関わってきた上で、
僕が感じている本当のところを言えば、
アドモ-ル商材販売の関係者達は、
 
「情報弱者を騙して儲けてやろう」
 
みたいな意図はさほどなかったりします。
 
 
これは、直接の知り合いだから擁護するとか、
商品を多少なりとも推奨していたアフィリエイターの立場から弁明するとか
そういうつもりで言っているわけではないです。
 
 
むしろ、
 
「インフォトップや高額塾系の無料オファ-などの、
低俗なものやくだらない教材などの切り口を、
もっときちんとして体系化する意識で製作している」
 
というようなことも
製作に関わるとある人物の口から直接聞いたことがあるくらいです。
 
 
もちろん、彼のこの言及が、
どこまで本音かどうかまではさすがにわかりません。
 
 
ですが、話し振りや雰囲気からしても
特にウソを言っているような意図も感じられなかったし、
多分、普通に「情弱を騙したろう」みたいには思ってないと思います。
 
 
アドモ-ル商材は、次々と真新しい手法を打ち出しているので、
確かにイロモノ感の強いものも多いので、
「情弱を狙った商材」と評価されても仕方ないのかもしれません。
 
 
ですが、製作者側は、ノウハウを作る際は
実際にそのネタ元をベ-スに実践や検証をし、
「有用性の低そうなノウハウを教材化することはない」
というのが製作にあたっての前提だったりします。
 

ただ、できるだけ食いつきが良さそうな切り口の作り方は意図的にしている

 
ただ、山崎さんのブログ記事内のコメントなどにもあったように、
 
「できるだけ情報弱者にウケが良さそうなコンセプト」
 
で売ろうとしている、という意図を彼らは普通に持っています。
(でなければあんなレタ-にはなりませんし)
 
 
要するに、アドモ-ル商材のタ-ゲットは、
 
「そういうフレ-ズに”もしかしたら稼げるかも…!”と反応するような客層」
 
なのです。
 
 
人を騙そうなどと思っているわけでもなく、
ただ単に「彼らの食いつきが良さそうなコンセプト」からアイデアやネタを考え、
それなりのノウハウっぽく体系化してリリ-スしている、というだけのことです。
 
 
これは確かに、捉え方によっては
「情弱を狙った商材」と言えるかもしれません。
 
 
ですが「悪質かどうか?」でいえばそれは何とも言えなく、
やはり最終的にはその情報を受け取った側の解釈や満足度に寄るところが大きいのだと思います。
 

「購入者を稼がせよう」という意欲が見られない

 
アドモ-ル商材は、僕の目線から見ても、
「購入者に結果を出させてあげよう」
というような情熱のようなものは欠けているものが多いように思えます。
 
 
結局のところ、アドモ-ル商材は、ここまで説明してきたように、
 
「売るために真新しいコンセプトや切り口を考え、
そこから肉付けして教材化しているもの」
 
というような立ち位置の教材です。
 
 
だから、どちらかと言えば、
購入者が結果を出せるかどうとかよりも、
「切り口やコンセプト」が先に来ているのがアドモ-ル商材なんですね。
 
 
教材の内容自体はその切り口に合わせて後付けで作成していく、
というのがアドモ-ル商材の製作ステップの基本です。
 
 
そのような経緯があるので、確かに
 
「購入者に結果を出してもらうことを目的とした教材」
 
というわけではなく「売るために作った教材」なのは間違いないと思います。
 

最初から情報弱者狙いで作成されている

 
山崎えりこさんのブログに寄せられたこのようなコメントがあるのですが、
 
 
もちろん、えりこさんが言うように中には収益価できてる人もいる部分では詐欺的商材ではないかもしれませんけど、小手先だけのテクニックに偏った、いかにも情弱目線ノウハウコレクター目線の商材ばかりというのが実情だと思いますね。つまり、アフィリエイターとしての本物の実力がつかない教材ばかりという事です。
 
 
この辺は僕も同感です。
 
 
関係者から話を聞いた限り、
まさに彼らは情弱やノウハウコレクタ-を焦点にし、
そのマ-ケティングの一環として、あの手の商材を製作、販売しています。
 
 
ですので、アドモ-ル商材製作者一同は、
例えば今回の一連の記事などを見ても、
特に大きく感情を動かすこともないと思います。
 
 
彼ら商材作成関係者は、
 
「いや、最初からあなたたちのことは相手にしていませんよ。
 
我々はこっち(初心者や情弱層)のお客さんを
相手にして買ってもらってるんだから、
あなたたちは何を言おうが関係ないんです。」
 
根本的にこのような考え方でいると思います。
 
 
もちろん、このような姿勢には賛否両論あるのかもしれません。
 
 
ですが、裏側の事情も多少は知っている僕からみると、
「人を騙そうとして商材を作成している」
とは言い難く、
 
「情報弱者層にウケがいいようなネタを打ち出して、
そこからノウハウ化して教材を作成している」
 
というのが実情だと思います。
 

岡本の見解

 
アドモ-ル商材をかばうメリットも僕にはほとんどありませんが、
彼らは「粗にして野だが卑ではない」と僕は思っています。
 
 
最近のアドモ-ル教材は拍車をかけて
「粗にして野」のパ-センテ-ジが強くなっていたので、
その辺に関して、多くの人が不満足感や不信感を抱いていたのだと思います。
 
 
「アドモ-ルの商材は中身はスカスカで稼げない」
という意見は、半分くらいは正解で、
半分くらいは、人それぞれだしなんとも言えない領域です。
 
 
ただ、教材の中身はどれも詐欺的ではないにしろ、
せっかく作り込むなら、
 
「ビジネスをやっていく上で必要なリテラシ-や実力」
 
もきっちりと身につけられるようなコンテンツを
購入者に対して売っていくのが理想的なのだな、と感じました。
 
 
そういう教材を売ることこそが、
全体のレベルアップに繋がるのかな、と思っています。
 
(そうなると今度は
「情報弱者層はそんな意識高い商品は買わない」
という問題が出てきそうですが)
 
 
今のような売り方のままだと、
 
小手先のテクニックや目先の収入を求めている消費者層が、
本当はその人にとって必要もないのに
 
「だってこの人が稼げるって言ってたし、なんか可能性を感じるから」
 
みたいな理由でアドモ-ル商材をついつい買ってしまい、
いざフタを空けてみると
 
「思ったのと違った」「やろうと思えなかった」
 
と文句や不満を募らせて、
 
また期間が空くと懲りずに
「今度こそこれなら!」と思って違う教材に手を出す
 
 
みたいなスパイラルから抜け出すことができません。
 
 
不満を言うか、諦めるか、また更に違う教材に手を出すか。
 
 
これだといつまで経っても稼げるようになる人も増えないので、
やっぱり、売る方も買う方も、
 
「そのノウハウを通して、実力を鍛えることができるかどうか?」
 
というパラダイムで物事を見ていくことこそが、
全体的なレベルアップに通ずる適切なアプローチなのだと痛感しました。
 
 
そういう「稼ぐ方法」だけの情報を知るつもりで商材買っても、
どうせ不満しか出てこないのは目に見えています。
 
 
「それを知っただけでいきなり儲かるようになる」
 
みたいな夢みたいな話なんてあるはずありません。
 
 
どんなノウハウだって、
結局のところ一定の作業量は必要になるんだから、
そりゃあ、「なんかよくわかんないけど稼げそう!」
みたいな前提で商材買っても、
そんな情報なんて載ってるわけないんだし、
そういう前提であれこれ商材を買っていたら確かに文句言いたくなるのは仕方ありません。
 
 
これは、そういう人に対して
そういう売り方をしているアフィリエイタ-にも原因はあるのかもしれません。
 
 
だから、売る方も買う方も、
 
「それ買えば稼げるか?」ではなく、
 
「それ買えばどのくらい成長できるか?」
 
という視点を持つべきかな、と思います。
 

アドモ-ル商材に価格以上の価値はあるのか?

 
アドモ-ル商材の販売者側は、
情報弱者層は「本質的な実力に繋がること」ではなく
「小手先のテクニック」を求めているということを心得ています。
 
 
つまり彼らは、それをわかっていて
小手先のテクニックに傾倒した教材を作成しています。
 
 
それが悪なのかどうか?はわかりません。
 
 
ただ、そんな特性上、
 
「これを買っても稼げる人はほとんど出てこないんだろうな」
 
というのが、ぶっちゃけたところの製作者側の本心だとは思います。
 
 
これは、アドモ-ル商材だけでなく、
世に出回るほとんどの商材もそうなのかもしれません。
 
 
そしてこれは同じようなことを僕もよく思っていたし、
だからこそ、積極的に自分のメディアで
バンバン紹介することはできませんでした。
 
 
「もっとガンガン売ろうかな」と思った時期も正直ありましたが、
自分が心から良かったと思えない商材を推奨する文章を書くのには、
やっぱり抵抗がありました。
 
 
そんな中途半端な心情から、アドモ-ル商材のレビュ-をするときは
 
「こんな人にはいいんじゃないですか?」
 
的な、どっちつかずなレビュ-が多くなっていきました。
 
 
きっと、次々と推奨しているアフィリエイタ-達も、
僕と似たような感情を抱いていて、
そろそろみんなも「なんだか違うよな」
ということを思い始めていた頃だったのでしょう。
 
 
だからこそ、山崎えりこさんの言うように、
どのアフィリエイタ-の特典も雑にやっつけてしまいがちになるし、
大半のアフィリエイタ-は机上の空論くらいまでしか語ることはできないのでしょう。
 
 
要するに、アドモ-ル商材の多くは、
 
「これで稼げるかどうかは本人次第だけど、
きちんと取り組めばそれなりに成果を出せるくらいのノウハウはここまでまとめてやった。
後は勝手に頑張ってくれ。」
 
くらいのスタンスなのだと思います。
 
 
こういうコンテンツに価値がないのかどうか?は、
内容によっては何とも言えません。
 
 
ただ、やはり数万円代という価格に見合った価値はあるかどうかで言えば、
微妙な商品も多かったのかもしれません。
 
 
サポ-トやテンプレートをそれっぽく付けたところで、
やはり数万円は高すぎなのかな、と思います。
 
 
せいぜいレポ-トの価値としては1500円~3000円?
くらいで相応だと思っています。
 

購入者を「稼がせたい!」という強い意志を持つ教材なんてあるのか?

 
ただ、そもそも、数万円代の情報商材で
 
「何としても購入者を稼がせてやろう!」
 
という熱意でマニュアルを作り込み、
手厚いサポ-トを付けている商品というのもそう多くないと思います。
 
 
評判の高い情報商材は、
少なからずそのような熱意を持って製作されているからこそ、
購入者の満足度を勝ち取っているのでしょう。
 
 
ですが、PDFやマニュアルだけで他人を成功させるなんて、
どんなに優良な情報商材でも非常に難しいことですし、
どこまでいっても「本人の頑張り次第」というのがネットビジネスの現実です。
 
 
なので、根本的に、アフィリエイトは
PDFやメ-ルサポ-トだけで成功していくのは
なかなか難しいところがあるのかな、と思います。
 
 
そういう観点で考えると、
PDF主体の情報商材というものは、
ただ、自分自身が行動するためのきっかけに過ぎない存在なのかもしれません。
 
 
多くのアドモ-ル商材も、
実際に結果を出す人もいるにはいるけど、
結局のところは本人の実力次第っていう要素が強いと思います。
 
 
って考えると、情報商材そのものに、
「稼げるノウハウ」を求めるという時点で、
おそらくそれはアウトなのかもしれません。
 
 
そもそも、PDFを読んだだけで実践に移して、
結果を出していけるようなセンスのある人はそう多くないです。
 
 
だから、本当に成功を志している人は、
直接誰かのコンサルティングを受けるとかの方が成功確率は高いのだと思います。
 
 
でも、ビジネス意識の低い人って基本はコスパ重視だから、
本当に価値のある誰かのコンサルとかは
高額すぎて絶対に買おうとしないっていうジレンマもあります。
 
 
まあ、誰がどんな商品を買おうが自分自身の判断でしかないのですが、
要するに、商材や商品そのものに過度な期待を寄せ過ぎない
という姿勢が必要なのではないでしょうか。
 
 
アドモ-ル商材に文句や不満をぶつける気持ちはわかりますが、
結局、「この人は信用できそうだったから」のような理由で
すぐさまお金を使ってしまうような人が100%満足できる情報商材なんて、
きっとこの世に存在しないと思います。
 
 
教材買って、自力でコツコツと進んでいける人だったら、
どんな教材を買ってもそれなりの収益を上げていくことができます。
 
 
そういう人はそれこそ、そこらへんにある
アドモ-ル商材だとしても普通に結果を出していくことができるし、
実際にそういう人も存在しています。
 
 
山崎えりこさんは、アドモ-ル商材のことを詐欺と断じていますが、
アドモ-ル商材販売者はおそらく、
 
「小手先のテクニックを求めている人に対して
小手先のテクニック商材を売っている」
 
くらいの感覚なのではないでしょうか。
 
 
それが正しいか正しくないかは僕の知るところではありませんが、
少なくとも、顧客の満足度を得られていない以上は、
どこかを改善していかなくちゃダメなんだと思います。
 
 
もちろん、売る側は、
購入者の満足度や成長に繋がるようなコンテンツを
作り込んでいくのが理想です。
 
 
 
消費者側は、そういうプレナ-側の事情をきちんと理解して、
いちいち「稼ぐ方法」に目を向けずに、
 
「自分が実力を磨くためにはどうすればいいのか?」
 
を考えていけばいいのだと思います。
 
 
「詐欺だ!」とか「誰を信用すればいいのかわからない…」
などと外的な要因に対して嘆いていないで、
自分自身がコントロールできる輪の中に集中して
エネルギーを注いでいくしかないのだと思います。
 
 
販売者やアフィリエイターの一定数の人たちは、
きっとこれからも徹底的に
「小手先のテクニックを知りたい人」
に対して「小手先のテクニック」を売り続けていくことでしょう。
 
 
僕はこの流れ自体が悪いことなのかどうかわかりませんが、
(巡り巡って本質に気がついて、結果を出していく人も増えると思うので)
 
少なくとも、僕自身は、今後は中途半端なスタンスで
特典をつけたりすることはやめようと思います。
 

「でも、欲しい人がいるなら、
それを活用してプラスに働くことがあるようであれば、
そういう人なら買ってもいいのではないのか?」

これまでは、こんな感じで、
自分の中では微妙と思える商品も、

「こういう人にはお勧めできるかも」

と、どっちつかずな紹介の仕方をして
特典をつけたりすることもありました。

別に、自分や他人にウソをついたり、
騙して売っていたわけではありません。


特典を付けるのも、
「それを欲しいと思っている人」に向けて、
付加価値をつけて後押しするために付けしてるつもりです。

だから「すいませんでした」とかも思っていません。

でも、どっちつかずなくせに特典を付けてアフィリリンクを貼る、
というスタイルは誤解を招くので、もうやめにしたいと思います。


別に、これは僕がもうしないというだけで、
こんな方法でアフィリエイトすること自体は悪くないと思います。

「欲しいと思っている人に売る」
という行為自体を悪いと言っているわけではありません


ただ少なくとも、岡本メディアにおいては、
実力の向上に繋がらないような商品を売るのはもう辞めるということです。


今後、商品をレビュ-するものがあれば、

「それを手にすることで購入者の実力向上に繋がるかどうか?」

という点により重点をおいていくつもりです。

まとめ

 
アドモ-ル商材に対する不信感?みたいなものは、
きっと大多数の購入者が抱き始めていた頃だったのでしょう。
 
 
そしてそれを紹介しようとするアフィリエイターなども、
同じような違和感を感じていた人も多いと思います。
 
 
そんな大多数の人たちが潜在的に感じていた総和が、
シンクロニシティのような感じで
今回の山崎えりこさんのこの記事のような形となって顕在化したのかな、と思いました。
 
 
アドモ-ル商材の多くは、確かに小手先テクニックに偏った、
真新しさ重視のハリボテみたいなノウハウである傾向は強くなってきています。
 
 
だから、より具体的なテクニックや
方法論を知りたい人以外は買う必要はないのかな、と思います。
 
 
今後の僕のスタンスとしては、
アドモ-ル商材だろうと、いいと判断したものは
そのまま推奨していくつもりですし、
「こりゃあちょっと…」と思えるものはより辛めにスル-します。
 
 
アドモ-ルが全部悪いっていう選択を下して、
今後一切近づかないのもいいと思います。
 
 
「騙された!」と受け取るかどうか、
あるいは稼げるようになれるかどうかは本人次第です。
 
 
それにしても、この山崎えりこさんの記事は、
とても読み応えのある、消費者の目線に立った素晴らしい記事だと思いました。
 
 
 

その他気になるコンテンツ


ブログ講座コンテンツ一覧へ

岡本の無料メルマガ講座

オススメ教材一覧

岡本の情報商材レビュ-ブログ