岡本です。
 
おそらく、他の誰よりも
「Copywriting affiliate program」
に詳しいアフィリエイターである僕が、
このプログラム実践における「適切な進め方」を解説してみました。
 
 
 
 
サクラでも何でもなく、
「リアル実践者」として歩みを進めてきた僕だからこそ語れる内容です。
 
 
普通に一人で実践を進めていくよりも
きっと効率よくステップアップしていけると思うので、
参考にしてみてください。
 

CAPの適切な進め方

 
「どこからどう手をつけるべきか」は
人それぞれの経験値によって全く違うので一概には言えませんが、
今回は「今から実践をスタ-トする初心者」を対象として話を進めていきます。
 
 
今からCAPに参加する人や、
今実践中だけど思うように成果が出ていない人などにとっては
大きなヒントが隠れていると思います。
 

まず一通りマニュアルや資料に目を通す

 
まずは誰しもがそうすると思いますが、
一通り、全てのマニュアルに目を通していきます。
 
スクリーンショット 2017-09-03 12.44.43
 
 
目を通していけば今後やっていくことの全体像は理解できると思いますが、
 
本編「Copywriting Affiliate」
 
こちらが、「アフィリエイト戦略」を解説したマニュアルになります。
 
 
ここで解説されている戦略を軸に、
1つずつ実践していく形でいきましょう。
 

本編「Copywriting Affiliate」に沿って作業を進めていく

 
ここで本編マニュアルと同じことをリピ-トして喋っていても意味はないですけど、
基本的には、この本編「Copywriting Affiliate」に沿ってメディアを構築していくことになります。
 
 
「テ-マ決め」などの考え方も詳しく説明があるし、
ブログやメルマガを立ち上げて、
形を整えていく段階まではきっとスム-ズに行けるはずです。
 
 
プロフィール記事を書く、
LPを用意する、
セ-ルス記事を用意する・・・
 
 
などなど、この辺からが実際に頭をひねりながら文章を書いていくので
だんだん大変になってきます。
 
 
まぁ、いずれにせよアフィリエイトやるんだったら大変なのは当たり前なので、
だからこそ添削やサポ-トを受けられる環境をガッツリと利用していくべきでしょう。
 
 
僕の方から提供している特典コンテンツ
「プライマリ-」の方でも、それぞれの記事の書き方に関する解説もしているので、
そちらも参考にしながら作成していってください。

Copywriting affiliate programで初心者が挫折しないためのポイント

というように、それぞれの記事を書いていくってなかなか大変です。
 
 
ましてや、より質の高いものを用意していくとなると、
慣れないうちは頭がスパ-クして諦めたくなると思います。
 
 
でも誰だってこうやって苦痛を伴いながら文章を書いているし、
僕くらいのレベルだったら今でもそんな感じです。
 
 
結果を出している人たちなら誰でも通っている道だと思って頑張りましょう。笑
 
 
ただ、質の高いものをできるだけ書いていく必要はあるんですけど、
あまり完璧主義にならずに次々に記事を重ねていくのが
アフィリエイトで上手く収益化させていく大切なコツです。
 
 
やった分だけ確実に記事を書く能力は上達していきますから、
作業スピ-ドも記事の質もどんどん向上していきます。
 
 
だんだんラクになってくると思って歯を食いしばって頑張ってください。
 

具体的にはどんな記事を書いていけばいいのか

逆に言えば、
LPやセ-ルス記事など、ブログにおける「出口」を用意していきさえすれば、
あとはもう、その「出口」にできるだけをアクセスを流していくために
「記事を重ねていくだけ」の状態に突入していくことができます。
 
 
ただそんな過程の中、
大抵の場合、手が止まってしまうのはやはり
 
 
「どんな記事を書いていけばいいのか」
 
 
の段階にさしあたっていく時でしょう。
 
 
この辺は情報発信やるんだったら
いつまでたっても続く永遠のテ-マだと思うんですけど、
実は、最初の段階で「タ-ゲットのリサ-チ」をしておくと
今後の記事ネタに困ることが少なくなります。
 
 
「どんなこと書けばいいのか・・・」と困ってる人って、
ほとんど高確率でこの「リサ-チ」をやっていないことが多いです。
 
 
これは情報発信テ-マを決める次の段階でするべきなんですけど、
この辺の言及はCAPマニュアル本編は割とあっさりしています。
 
 
でも、ここでしっかりとリサ-チを行なった人は、
後々その記事ネタにはあまり困っていない傾向にあるんですね。
 
 
リサ-チの具体的なやり方などは僕からの特典
「CAPプライマリ-」の方でも詳しく解説しているので、
そちらも参考にしてみるといいでしょう。
 
 
やるのとやらないのとではその後の文章にも
劇的に差が開いてしまうはずです。
 

「レタ-ボム」の方ではブログアフィリエイトに特化した内容を解説している

 
また、「Copywriting affiliate program」は
主にDRM戦略にフォ-カスが当てられているので、
 
「読者リストを集める」
 
ことを最重要事項として話が進んでいきます。
 
 
これはその通り重要視していいんですけど、
リストを集めるのも成約を生むのも結局はブログがモノを言うので、
「売れるブログの作り方」をさらに追求したいようであれば、
僕のオリジナルコンテンツであるレタ-ボムの方も検討してみてください。
 
 
宣伝になっちゃいましたけど、
「Copywriting affiliate program」との相乗効果は高いので、
後々、必ず役に立つと思います。
 

「The Million Writing」ミリオンライティングはどう活用する?

 
別冊「The Million Writing」は、
序盤の段階でまずはじっくり全て読んでみるのもいいと思います。
 
 
ただ、僕の場合は、まだメディアを何も持っていない段階の場合は、
ミリオンライティングを「読み込む」という意味では
優先順位はそこまで高くしないでおくことをお勧めしています。
 
 
記事も書いたことない、
まだ何も経験したことがないという段階の人が読んでも、
きっと頭に入ってくる内容もそう多くないんですよね。
 
 
もちろん、まずは1回でも読んでみて、
 
「すごい!ためになる!ぜひ活用しよう!」
 
と、グイグイと引き込まれるようなら、
それはそれでミリオンライティングの知識やテクニックを
有効に取り入れて実践していけばいいと思います。
 
 
それはそれで、今の自分にとって必要ってことでしょうから、
ミリオンライティングの方もフルに参考にしてどんどん記事を書いていくべきでしょう。
 
 
でも、ミリオンライティングを1回読んでみて、
 
 
「うん・・・ためにはなったと思うけど、
・・・じゃあこれをどうやって文章に反映させていけばいいんだろう?」
 
 
ってなったとしても別に大丈夫です。
 
 
脳みそって、自分にとって必要な情報しか取り入れないみたいですから、
それって今の自分にとっては
まだ必要な情報が得られていないっていうことだと思います。
 
 
だからあんまり気にしなくていいと思います。
 
現に、当時の僕がそうでしたから。(笑)
 
 
そういう場合は、ミリオンライティングを読み込むのはほどほどにして、
まずは本編「Copywriting Affiliate」に沿って手を動かしていきましょう。
 
 
何でもそうですけど、
ひたすら手を動かすっていうのが常に正解です。
 
 
その実践をしていくにつれて、
たまにミリオンライティングの方も読んでみる、
くらいの構え方でいいと思います。
 
 
そうやっていくと、
だんだん、自分のスキルや経験値がアップしていくにつれて
ミリオンライティングで伝えていることが腑に落ちやすくなるはずです。
 
 
これが僕が初心者の人にお勧めしている
「ミリオンライティング」の活用方法です。

その他フォロ-アップコンテンツについて

 
「フォロ-アップコンテンツ」は
最初の時点では見る必要もないかもしれません。
 
スクリーンショット 2017-09-03 12.49.35
 
 
 
見るにしても、
「こんなものが用意されているんだ」
くらいの認識でいいでしょう。
 
ムリに読み込む必要はありません。
 
 
ある程度媒体が出来上がってきた段階に応じて、
好みでこれらノウハウを取り入れていけばいいと思います。
 

添削サポ-トの使いどころ

 
「Copywriting affiliate program」の最も価値あるコンテンツの一つ、
師匠によるコピ-添削サ-ビス。
 
 
最初の1回目は、序盤で主要になってくる
 
 
・「プロフィール」や「はじめに」の部分
 
・オプトインぺ-ジ(ランディングペ-ジ、LP)
 
・キャッシュポイントとなる記事
 
 
などのいずれかの主要な記事の添削を依頼すべきでしょう。
 
 
現実的には、多くの人は「プロフィール記事」に
1回目の添削依頼をすることが多いようです。
 
 
1回この添削を受けるだけでもかなりレベルアップできるので、
「これだ!」と思った記事は徹底的に作り込んでから提出するようにしてください。
 
 
プログラムに参加しておいてこのサ-ビスを利用しないのは、
もはや「牛丼頼んでご飯だけ食べる」に等しい行為なので、
少々自分にムリを効かせてでも添削は受けるべきでしょう。
 
 
人に自分の文章を客観的に評価してもらう機会ですらかなり貴重なのに、
ましてや日本で最もコピ-ライティング能力の高い人間に添削してもらえるだなんて、
よく考えるとやはりすごいことだと思います。
 
 
むしろ、購入してからの1ヶ月は、
 
「この添削を受けるまでにいかに自分のレベルを高められるか」
 
だけを考えて活動していってもいいくらいです。
 
 
添削してもらうために各種マニュアルやサポ-ト環境がある。
 
そのくらいの意識で日々のインプットと実践をしていくくらいでいいと思います。
 
 
また、当然ですが、
ここでしょうもない記事に添削権利を行使するのは避けるべきです。
 
 
手を抜いたいい加減な記事を依頼するのは、
参加者の方もスキル向上にはならないし、
添削する側としてもきっとがっかりすることでしょう。
 
 
今の自分の中で「これでどうだ!」と思える最高傑作な記事を
添削してもらうようにしましょう。
 
 
きっと最初は、「ここはこうすべきです。」
という修正点だらけで返ってきたPDFが真っ赤になるはずです。
 
 
でもくじけないで頑張ってください。
 

「Copywriting affiliate program」の進め方まとめ

 
ということで、今後も何か思い浮かぶことがあったりしたら
この記事もどんどん追記していこうと思っています。
 
「Copywriting affiliate program」の実践に関しては
僕はかなり詳しい方だと思うので、
「ここはどうなの?」というような疑問や相談などは気軽に受け付けています。
 
 
そういうのも反映させながら記事を追記していこうと思います。
 
 
また、「Copywriting affiliate program」実践にあたっては
僕の特典「CAPプライマリ-」がきっと役に立つはずなので、
そちらも参考にしてもらえればよりスム-ズにことを運べるでしょう。
 
 
 

その他気になるコンテンツ


ブログ講座コンテンツ一覧へ

岡本の無料メルマガ講座

オススメ教材一覧

岡本の情報商材レビュ-ブログ