岡本です。
 
 
僕がいただくメッセ-ジや、
実際に直接コンサルティングをするようになった時、
 
 
「◯カ月以内には月収◯◯万円を達成したいです」
 
 
というような目標を宣言される方が多くいらっしゃいます。
 
 
もちろん、最初はこういった数値的な目標があるのは
ごく自然なことだと思います。
 
 
ネットビジネスをスタ-トした時、もちろん僕も例に漏れず
何となくながら「月収100万円が目標」みたいなことを考えたこともあります。
 
 
が、色々な経験や他の人を見てきた上での僕なりの持論としては、
 
 
数字の目標は掲げる意味はない(むしろ逆効果)
 
それはモチベ-ションには繋がらない
 
 
と思っています。
 
 

稼ぎたいなら、一旦”お金儲け”のことは忘れてください。

 
僕のコンサルティングを受けることになった時などに
こういった目標を明言してくる方には、最初の段階で決まって
 
 
「一回、お金を稼ぐことは忘れてください。」
 
 
と伝えます。
 
 
その方が結果的に成果を出すのが圧倒的に早いからです。
 
 
もちろん「お金を稼ぐな」とか「そう思ってはいけない」
とかってことを言いたいわけではないです。
 
 
ですが、「自分がお金を稼ぐこと」に意識が行ってるままだと
ほとんどのケ-スで上手くいかないです。
 
 
逆に、ものすごいスピ-ドで結果を出すのが早い人や
「センスあるな-」と感じる人は、決まって
ネットビジネス活動に対して「お金を稼ぐ」という認識を外してます。
 
 
こういうと「お金を稼ぐ活動がビジネスじゃないか」
と思ったかもしれませんが、僕がここで伝えたいのは、

 
「お金は二の次にしろ」
 
「先に価値を提供しろ」
 

ということです。
 
 

読み手にとって価値を提供しないと稼げない

 
”認識を外す”っていうか、彼らは「お金を稼ぐ」以前に
 
「ユ-ザ-にとって価値のあるコンテンツを作ろう」
 
という意識を持って活動しています。これが”お金は二の次”の正体ですね。
 
 
いわゆる「センスある」っていう人は、
(潜在的かどうかは別として)それができてるってことです。
 
 
で、最初はそんな考え方がなかった人でも、
アフィリエイトを実践していく中で
 
「稼ぐためには価値を提供しないとダメなんだ」
 
ということに気がつきます。
 
 
僕ももちろんこのタイプで(笑)、
 
「稼ぐためには価値を提供しないとダメなんだ」
 
っていうことに気がつき始めてからこそ、
”質の高いコンテンツを作る”ということに目を向けられるようになり、
情報弱者を抜け出して今でもこうして活動できてるんだと思います。
 
 
というよりも、遅かれ早かれ、この事実に気がつかないと
おそらく今後稼いでいくことはできません。


 
でも、いわゆる”稼げていない層”に部類する人達は、
どうしても「価値の提供」という概念が頭にありません。
 
 
「価値を提供しないと稼げない」みたいな話は
どこかで聞いたことがあるはずなんだけど、
とにかく「自分が稼ぐこと」しか考えられないし、頭にない。
 
 
「〇〇以内には月収〇〇万円達成したいです」
 
「どのくらいの期間でどのくらい稼げますか?」
 
「この商材を実践すればいくらくらい稼げそうですか?」
 
「初心者でも稼げますか?」
 
 
これらの質問は、
 
「価値を提供した分だけ自分に報酬が入ってくる」
 
という認識を持っているのであれば
まず出てこない発想のはずなんです。
 
 
もちろん、入り口でこのような発想が出てくるのは
自然なことなんですけど、
早々にこのパラダイムを切り替えていかないことには
ネットビジネスで稼ぐことは本当に難しいです。
 
 
もちろん、上手く行ってる人の中にも、
一応の数字のノルマを掲げてる人はいるかもしれませんが、
 
「価値を提供しないことには稼げない」
 
ということを理解していない人はおそらく存在しません。
 
 
だからこそ、なかなか結果が出ないとか、
思うようにモチベ-ションが上がらないという場合であるなら、
「自分がお金を稼ぐこと」は一旦忘れて、
 
 
相手に価値のあるコンテンツを提供しよう
 
価値あるメディアをウェブ上に構築しよう
 
世に価値あるものを送り出そう
 
相手に楽しんでもらおう、役に立ってもらおう
 
 
といったところにフォ-カスしてみてください。
 
 
そうすれば少なからず
 
「質の高いコンテンツを生み出すこと」
 
に意識が向かいますから、
結果的に報酬も自然と発生してくるようになります。
 
 
これがネットビジネスで成果を挙げるためのコツであり、
多くの人が稼げるようにならないポイントでもあるんです。
 
 

「自分が稼ぐ」ためのネットビジネスなんだけど、そうじゃない

 
以前にこちらの記事でも似たようなこと書いたことがあるのですが、
 
 
 
 
「自分が稼ぎたい」という気持ちはよくわかるんですけど、
 
生活がカツカツだとか、
何としても今すぐお金が欲しいとか、
 
そういう個人的な感情はビジネスに持ち込んではいけないんですね。
 
 
「良いものを提供しよう」という意識が根底にあって、
自分の活動に対して自信を持って取り組み、自分の活動に没頭し、
そんな人間こそが”価値のあるコンテンツ”を生み出せていると思います。
 
 
心にゆとりがあって、人生を心の底から楽しめていて、
ビジネス活動そのものに楽しみを見出しているような人こそ
世に”価値あるコンテンツ”を提供できるものだと思います。
 
 
これは、キレイゴトだったりスピリチュアルな話ではありません。
 
 
合理的に考えて”その方が質の高いコンテンツは生まれやすい”
というのは説明も必要ないくらいイメ-ジできるはずです。
 
 
逆に、厳しい言い方をすれば、
 
自分の借金を返すことだけを考えているような人が、
質が高く、多くの人にとって役に立つようなコンテンツを
生み出せられるとは到底思えません。
 
 
もちろんそういう状況の人で成功した人も多くいますが、
その人たちも、例外なく”価値提供しないと稼げない”という事実を
どこかで必ず理解していたはずです。
 
 
「借金してるから何としても返さなきゃ」とか
「どうしても家族のためにお金を稼がなきゃ」とか、
 
人それぞれ「お金を稼がなければいけない理由」
があるのはごく自然なことです。
 
 
でも、それをビジネスのモチベ-ションの
拠り所にしようとする間違いってことです。
 
 
というより、それらはビジネスの
モチベ-ションには”なり得ない”ということ。
 
 
「〇〇以内には月収〇〇万円達成したいです」
 
 
なんて目標はまさに
 
「自分がお金を稼がなければいけない理由」
 
から由来する目標設定であって、
それと「質の高いコンテンツを生み出す能力」とは
まるで関係のないところに存在しているっていうことなんです。
 
 
もちろん、人それぞれいろんな都合があるだろうし、どうしても
「ある期間以内にこのくらい稼がなきゃいけない」
というノルマみたいなものが出てくるケ-スだってあるかもしれません。
 
 
でも残念ながら、そのノルマを達成したいんだったら
アフィリエイトというビジネスはあまり適していません。
 
 
何度も言うように、誰かに何らかの形で
価値を提供しないと結果的に儲からないのがアフィリエイトだからです。


 
もし今現在、

 
作業そのものに対してなんかやる気でないな-
 
頑張ってはいるつもりなんだけど作業が苦痛に感じる
 

などといったことを感じているようであれば、
きっと今回のお話の中に大切なことが隠されていると思うので、
是非是非参考にしてみてください。


 
それでは。
 
 
 
 

その他気になるコンテンツ


ブログ講座コンテンツ一覧へ

岡本の無料メルマガ講座

オススメ教材一覧

岡本の情報商材レビュ-ブログ