岡本です。
 
「アフィリエイターってどのくらいの年収もらってんだ?」
 
という疑問を持たれる方も多いと思うので、
今回はそんなテーマで記事を書いてみました。
 
 
まぁ、完全に独断や偏見に偏ってた内容ではあるんですけど、
なんとなくでも
 
「アフィリエイトって軌道に乗ればめっちゃ稼げるんだなー」
 
なんて感じてもらえれば幸いです。
 
 
一応、自分のお話を先にしておくと、
僕のメインは情報商材のアフィリエイトですが、
年収で言えば1500万円~2000万円くらいです。
 
 
この額がアフィリエイターの平均かどうかはわかりませんけど、
ネットビジネス業界の番付ピラミッドで言えば、
感覚的には“関脇“か“小結“くらいのレベルには値するんじゃないでしょうかね。笑
 
 
sumo-piramid
 










(画像引用サイト pworks.com/f-article9_2.html)

 

結論、アフィリエイターの平均年収なんて調べようもない

 
でもまぁ、「アフィリエイターの平均年収」っていっても、
正直言って信ぴょう性のある数値は
調べようもないのが現実だと思います。
 
 
よく他のサイトを見てみると「〇〇が調査した結果によると」とか、
 
「〇〇によると月に5000円も稼げてない人が95%」
 
みたいなことを述べてることが多いですが、
どこに存在するアフィリエイターを調査対象としたものかも怪しいもんだし、
アフィリエイトにも種類が色々あるので一概には言えないんですね。
 
 
まず「平均」を出すにあたっては、
 
「どのくらい底辺の層もカウントするのか」
 
っていうのが前提になってきますし。
 
 
極端な話、年収1000万円のアフィリエイターが10人いたとしても、
年収0円の人が90人いたとすれば
 
1億円÷100人=年収100万円
 
になっちゃいますからね。笑
 
 
実際、「アフィリエイターの95%は5000円も稼げていない・・・」
とかっていう統計も、おそらくはASP登録者の数とかでカウントしてます。
 
 
だから年収0円でてんで稼げてないような人たちも
「アフィリエイター」としてカウントした上での数字だから、
信ぴょう性もへったくれもないんですね。
 
 
しかもトレンドアフィリエイトで
「月収10万円達成しました」
っていう人は数多くいるものの、
今も継続して収入はある人もいれば
単発で10万稼げた経験がある人もいるっていう状況ですからね。
 
 
だから今回は、もう思い切って(笑)、
比較的継続して月1万円も稼げていない人は
もはやアフィリエイターとみなさずに、
 
「月5万円くらい稼げてれば、まぁ、アフィリエイターかな。」
 
くらい以上の層を対象に、完全に僕の独断における
平均年収的なところを考察してみました。
 
 

岡本が思う、アフィリエイター年収分布図

 
僕の超感覚的な数値でピラミッドを見てみると・・・
 
(もはや平均年収ではなくなってますけど、
こっちの方がなんとなく感覚がつかめると思うので)
 
 
年収億越え以上:0.1%未満
 
年収5000万円〜:1%未満
 
年収3000万円〜:5%くらい
 
年収1000万円〜:10~20%くらい
 
年収500万円〜:10~20%くらい
 
年収100万円〜:20~30%くらい
 
年収10~20万円レベル:20~30%くらい
 
 
こんな感じですかね。
 
 
超感覚的なものなので、
ちょっと曖昧すぎる数字なので申し訳ないですが・・・


ただ、”アフィリエイト”といっても
取り扱う広告案件、取り組む手法によって
稼ぎは大きく異なるので、本当にザックリとした話しかでいないっていうのが現実です。

 

アドセンスや物販広告主体のアフィリエイト

 
物販やアドセンス主体のサイトアフィリエイターだったら
ほとんどの層が年収1000万円以下、もしくはそのくらいが
ある程度の上限かなーと僕は予想してます。
 
 
サイトアフィリで平均月30~50万円も
安定して稼げてたら普通に一流ですかね。


僕の知り合いにもサイトアフィリエイトのみで
月収100万円以上の人とかも数人いますけど、
圧倒的な作業量を当たり前のようにサクサクこなすような人たちです。

 
なので、個人レベルでのサイトアフィリだったら、
月収100万円くらい行ってれば相当なプロだと僕は思います。
 
 
「お小遣い程度でいいや」くらいの感覚で
物販やサイトアフィリエイトやってる人なら
月数万円くらいの人は結構な数いるでしょうけど、
 
ただそういう人はちょっとしたサイトを持ってて、
アドセンス収入や物販広告からの収入がちょろっと入るくらい・・・
みたいな感じでしょうか。
 
 

情報商材アフィリエイト

 
一方で、

情報商材アフィリエイターで年収1000万円レベルの人間はゴロゴロいる
 
っていうのは紛れもなく事実です。


 
だから絶対に情報商材アフィリエイトがいいですよってわけじゃないですけど、
そのくらい、“取り組むジャンル“によって
稼げる額が大きく異なるんですね。アフィリエイトって。
 
 
ただ、情報商材アフィリエイターで
月5 ~10万円レベルで安定して稼いでる人は結構少ないと思います。
 
 
というのも、このステージにいる人たちの場合、
すぐにその額がハネ上がって
20万、30万、50万円の領域に伸びていきやすいからです。
 
 
商材アフィリエイトで月5万円で満足してる人も少ないでしょうし、
基本的にはアフィリエイターの平均年収は
向上心次第である程度のラインまでガンガン伸ばしていくことができるって感じです。
 
 
で、その“ある程度のライン“っていうのが
どの辺にあるのかっていうと、
 
年収数千万円くらいだったら、
個人レベルの凡人でも頑張りだけで十分狙っていけると思います。
 
 
僕なんかは比較的仕事よりも
趣味のスポーツとかに時間を費やすダメなクセがあるんですけど(笑)、
 
それでも月収100万円を下回ることもないし、
月200万円くらいはコンスタントに稼ぐことができています。
 
 
なのでもっと作業に費やせば月収300万円は普通に見えてるところにいます。
(こういうとなんか言い訳がましいですが・・・)


少なくとも僕のクライアントさんでも月収100万円くらいは
すぐに到達してるっていう人も数人いますし、

知り合いの起業家の人に聞いても、

「月収100万円達成した」とか「一撃で1000万円売り上げた」

とかっていう話は普通によく聞きます。
 
 
まぁいずれにしても、僕の経験則から見ても、
 
収入を天井無しに伸ばしていきたい場合は情報商材アフィリエイトがベター
 
かな-って思いますね。
 
 

アフィリエイトのみで年収億越えは難しい

 
ただ、“天井無し“とはいっても、個人レベルのアフィリエイトのみでは
到達できる領域に限界があるのも現実だと思います。
 
 
 
「アフィリエイトは億も夢じゃない」
 
というようなことも囁かれたりもしますが、
現実問題、アフィリエイトで年収億越えしてる人は、
おそらく日本では数人くらいだと思います。
 
 
で、むしろ彼らもアフィリエイト“のみ“で
年収億越えしてるわけじゃないですし。
 
 
大抵、“億越え“の人のビジネススキームは組織立って体系化されてて、
アフィリエイト以外にも情報コンテンツ販売などを交えた上
そのくらいの額を稼いでるっていうケースがほとんどだと思いますね。
 
 
ネットビジネス業界で顔出しまくってて有名な人で言えば
「小玉歩さん」とかがまさにそんな感じですけど、
「アフィリエイター」とか言いつつ
やってることは芸能人みたいなもんですからね。笑
 
 
 
 
少なくともガチで“アフィリエイト報酬一本のみ“で
年収億越えの人は僕は知りません。
 
 

なぜ年収1000万円、年収一億円突破が現実的に最も達成可能な方法は「情報商材アフィリエイト」からが適しているのか

 
でも、情報商材アフィリエイトを取っ掛かりとして
情報発信ビジネス活動をしていく戦略は、
小玉歩さんのように、自由自在に
どんどんビシネスを大きく展開していきやすいです。
 
 
言ってしまえば「他人の商品を売る」のがアフィリエイトですから、
売り方さえマスターしてしまえばそれを自分のコンテンツに置き換えるだけで
独自で情報コンテンツ販売をすることが可能ですからね。
 
 
で、億越えをしてる人たちの共通点としては、
 
『情報(コンテンツ)を売ってる』
 
っていう点だと思います。

(もしくは体系化された組織やスキ-ムをバッチリ持ってるか)
 
 
つまり、「情報商材アフィリエイト」を皮切りに
独自コンテンツ販売などへと派生していくパターンですね。
 
 
まぁ、さすがにいきなり億を狙うのは難しいとしても、
月収100万円、年収1000万円とかだったら、
個人の力だけでわりとあっさり達成できてしまうのが
情報商材アフィリエイトです。
 
 
 
楽天とかアマゾンとかA8ネットとかの広告を取り扱う、
いわゆる「物販アフィリエイト」や「サイトアフィリエイト」で
年収億越えっていうのは正直キツいと思います。
 
 
なんせ、単価が(商材と比べると)低いですからね。
 
 
さっきも言いましたが、少なくとも個人レベルのアフィリエイターだったら
せいぜい月100万円くらい行けば超一流だと僕は思います。
 
 
なんやかんや、世間一般的には
胡散臭いと言われている情報商材アフィリエイトですけど、
情報を取り扱うビジネスを発展させていけば
独自コンテンツを販売することも可能になっていきます。
 
 
実際、僕も情報商材をアフィリエイトしている他にも
オリジナルの商品も持ってますし、
自らのコンサルティングを“商品“として売ってもいます。
 
 
情報発信をやってれば、そんな感じで
どんなものでも情報コンテンツとして売っていくことができるんですね。
 
 
年収億越えとかっていうのは、そこから見えて来る世界ということです。
 
 

アフィリエイター平均年収のまとめ

 
結論、ネットビジネスで、ひとまずの大台となる
 
 
・年収1000万円
 
・月収100万円
 
 
このくらいを達成していくのに、
最も効率が良い手法はやはり
 
 
情報商材アフィリエイト・情報発信ビジネス
 
 
だと僕は思います。
 
 
まぁ、前述したように知り合いには物販系のサイトアフィリエイトで
月収100万円以上の人は数人知ってますけど、
労力対効果的な面で見ると、やっぱり作業量はハンパじゃないですからね。
 
 
サイトアフィリエイトで年収数億以上稼いでる人の話も聞いたことありますけど、
それはもはや個人でやってないっていうか、
完全に組織化して検索上位を席巻しまくるようなやり方でしたし。
 
 
だから一個人がアフィリエイトで人生変わるレベルで稼ぎたいんだったら、
現実的には「情報発信」が最も適してると思います。
 
 
逆に、
 
「副業レベルで月数万円でいいやー」
 
くらいを狙うんだったら、
情報発信よりもサイトアフィリ系が適してます。
 
 
成約までのハードルも比較的低いし、
報酬発生自体は早いからです。
 
 
もしアフィリエイトに興味があるのでしたら、
このブログ内でも結構な量の情報を無料で公開してるので、
色々と参考にしていってもらえればと思います。


それでは、岡本でした。

その他気になるコンテンツ


ブログ講座コンテンツ一覧へ

岡本の無料メルマガ講座

オススメ教材一覧

岡本の情報商材レビュ-ブログ