岡本です。
 
僕のブログからも未だ継続的に売れ続けている
YouTube系のノウハウなんですけど、中には
 
 
「YouTube市場はまだ稼げるんですか?」
 
 
というような質問をいただくこともあります。
 
 
確かに“YouTubeで稼ぐ系の情報商材“が流行りだしたのって
1〜2年前くらいでしたからね。
 
 
むしろ今はまとめ系やアンテナサイトなど、
キュレーション戦略を使ったノウハウが

「初心者に最も稼ぎやすい」
 
と評価されている風潮があると思いますし、
YouTube系の情報商材はすでに出尽くした感がありますし。
 
 
この前レビューしたこちらの教材なんかは、
 
「YouTubeにある動画をまとめて稼ぐ」
 
っていうやり方でしたし、

 
 
 
正攻法でYouTubeで稼ぐノウハウっていうのは
今となってはやや古く感じる人がいてもおかしくありません。
 
 
 
なので今回は、
 
 
「YouTubeってまだ稼げるのか」
 
 
というテーマについてお話ししてみようと思います。
 
 

YouTube市場はまだ稼げるのか

 
 
結論を言うと、YouTubeは当然ながらまだまだ稼げます。
 
 
実際に今も稼いでる人はぎょうさんいるのが事実ですしね。
 
 
むしろいつ参入しようが
今後も稼いでいくことは十分に可能だと思います。
 
 
まぁ、この手の“どこかの媒体を利用した手法“っていうのは、
どうしてもそのサービスに依存した稼ぎ方になるから
流行り廃りっていうのはあるでしょうけど、
YouTubeにおいては今の所そういうのはなさそうですからね。
 
 
だから今から参入しても
稼いでいける余地は十分あるのには違いありません。
 
 

参入する際の注意点。

 
ただ、だからって
 
「参入すれば誰でも簡単に稼げる」
 
とか、そういうわけじゃないっていうのは言うまでもないです。
 
 
確かに、ユ-チュ-ブって比較的ラクに稼げるとも言えます。
 
 
多くの人にとっては、
ブログ作ってゼロから自力で文章を書き溜めていくよりも、
サクッと動画を作って投稿していく方がラクですからね。
 
 
 
でもだからって、
 
「テキトーに作った動画がガンガン再生される」
 
っていう現象は、昔ほどはなくなってんじゃないかなーって僕は思います。
 
 
というのも、数年前と比べると、
やっぱり「YouTubeで稼ぐ方法」の実践者は増えてるし、それに伴って
 
「あからさまに“稼ぐこと“狙いの動画」
 
の数もかなり氾濫してきています。
 
 
ちょっと前と比べると、
何らかの誘導目的なアフィリ目的の低俗な動画を
僕もよく見るようになりました。
 
 
で、視聴者側も、そういう動画に飽き飽きしてて、
むしろキモがってるのが実情だと思います。
 
 
動画を見てて突然、
 
「YouTubeを使って稼ぐ方法はこちら!→リンク」
 
みたいな差し込みや誘導が入ってきたら、めちゃうざいですよね。笑
 
 
質の高い動画コンテンツを提供できてて、
かつその属性にマッチした広告を紹介してるんだったらまだマシですけど、
 
 
ヘンな声付きで字幕が流れる説明だけの動画
 
→「私はYouTubeで稼いでいます。その方法を知りたい方はこちらをクリック」
 
 
っていうような動画ばっかり作ってても
思うような反応が取れていないのが現実です。
 
 

実際、優良な教材を実践してても稼げていない人もいる

 
僕のところで推奨している「ギガチューブ」なんかも
極端に言ってしまえばそういう動画を作りましょうっていうノウハウなんですけど、
 
(もちろん、そんな低俗な動画を作るノウハウではありませんが方向性としては似てる)
 
教材の中には「こんなパタ-ンの動画を作って見ましょう」
といった例がいくつか紹介されています。
 
 
で、ギガチュ-ブを実践してる人の中には
 
「なかなか収益が上がりません・・・」
 
と悩んでいる方も少なからずいらっしゃいます。
 
 
彼が投稿した動画をこの前添削したんですけど、
やっぱり、案の定、
 
「見てて面白くない動画」
 
をたくさん投稿してたんですね。
 
 
彼はその都度、時流に沿ったトレンドネタを、
字幕が流れる感じの動画に編集して投稿し続けていました。
 
 
でも正直、僕はその動画を見ようとも思えなかったし、
きっと見た人全員がそう思うような動画ばかりでした。
 
 
確かにギガチュ-ブで
 
「こういう動画を作るのもアリです」
 
と紹介されていたやり方の動画だったんですけど、
速攻ページを閉じてしまうようなクオリティだったんですね。
 
 
もちろん彼は頑張ってたと思うし、
人以上にガンガン動画を投稿してたのは素晴らしいことだと思います。
 
 
しかも確かに、その動画作成方法は「ギガチューブ」でも
解説されてたやり方ではありました。
 
 
そうやって教材通りに実践して努力しながらも、
思うように稼げなかった原因はやっぱり、
 
「その動画(コンテンツ)がつまらないから」
 
に限るんですよね。
 
 
いくら「教材がこういう方法を解説してたから」っていって
その通りに実践したとしても、
やっぱり最終的には
 
『ユーザーにとって面白いコンテンツを作れるかどうか』
 
に尽きると思います。
 
 
これはどんなノウハウにも言えることですよね。
 
 

YouTubeだろうがなんだろうが、稼ぐために必要な事

 
結局、YouTube上でガンガン再生されてて、
ガンガンお金を生み出し続けるような動画に共通してる要素は
 
 
「ユーザーに満足してもらえるコンテンツかどうか」
 
 
でしかないと思います。
 
 
ここを満たせてない動画をいくら量産したところで、
その先の誘導導線を綿密に敷いても
なんの反応も取っていく事は出来ないと思います。
 
なので、「YouTubeはまだ稼げるんですか?」
という質問に対する僕の意見としては、
 
 
「質の高いコンテンツ(動画)を作ることができれば普通に稼げます」
 
 
っていう、ごく当たり前な回答ですかね。笑
 
 
むしろここにしか答えはないと思います。
 
 
記事を書くのがどうしても苦手とか、
何をやってもダメだったとか、
そういう人が今からユ-チュ-ブノウハウに取り組むのは普通にアリだと思います。
 
 
その場合は僕のブログでは変わらず
「ギガチュ-ブ」をはじめ、
手法ごとにいくつかの教材を推奨しています。
 
ユ-チュ-ブで稼ぐための講座一覧
 
 
もしくは、さっきも言いましたが、
「動画をまとめて稼ぐ」
という手法もあって、
 
「そもそも動画を自分で作れない、作りたくない」
 
という人でも実践可能なノウハウになっています。
 
 
 
 
以上、それぞれ参考にしてみてください。
 
 
それでは、岡本でした。
 
 
 
 
 
 
 

その他気になるコンテンツ


ブログ講座コンテンツ一覧へ

岡本の無料メルマガ講座

オススメ教材一覧

岡本の情報商材レビュ-ブログ