岡本です。
 
以前に書いたこちらの記事からの続きにもなるんですが、
 
 
前回の記事
 
 
 
今回は「キャラクタービジネス」について。
 
 
キャラクタービジネスっていうのは要は、
自ら表舞台に立って、自分自身をキャラクターとして
ブランディングしていくような戦略ですね。
 
 
ネットビジネスの世界で有名なのは
かつての与沢翼さんだったり、
今でいうと前回の記事にも出てきた小玉歩さんとか。
 
 
こっち側の人たちがとってる戦略っていうのがいわゆる
“キャラクタービジネス“です。
 
 
わかりやすいのが、SNSとかあらゆるメディアを駆使して情報発信し、
「私はこのくらい稼げています」っていうのをアピールして
新規顧客を囲っていくっていう戦い方。
 
 
前回の記事を読めばわかるのですが、
小玉歩さん達もよく
 
「情報発信ビジネスが一番稼げる」
 
ってことを言うのですが、
そもそも“情報発信ビジネス“とひとくくりに表現しても
タイプがいろいろあるんですよね。
 
 

「情報発信ビジネスで稼ぐ」のにもタイプがいろいろある

 
ちなみに僕も一応、“情報発信ビジネス“というカテゴリーで
生計を立ててる人間の一人になります。
 
 
残念ながら、小玉歩さんとは実績も実力も程遠すぎて
比較にならないんですけどね。
 
 
まぁ小玉さんの場合は組織力とか人脈がやたら強いから
同じ土俵でもないっていうのはあります。
 
 
小玉さんはよく
 
「たった一人の力で…」
 
とか
 
「個人の力で」
 
 
って言ってますが、彼自身は僕からすれば
おもっくそチーム力で売り上げを立ててる人間です。笑
 
 
まぁそれはいいとして、
小玉歩さんから教わる手法は、基本的には何度も言うように
“キャラクタービジネス“です。
 
 
つまり、自分自身がタレントとか芸能人みたいな“価値ある人間“になって、
自分自身を商品として活動していくっていう戦い方。
 
 
この戦略を学んで稼げる人が続出してるんだったら何も文句はないんですけど、
このキャラクター戦略って、凡人にはめちゃめちゃハードルが高くて
これで成功する人はかなりレアです。
 
 
カリスマ性とか、人間力とか、度胸とか演出とかが必要で、
自分自身を押し出しまくってファンを作っていかなくてはいけない。
 
 
これ、実は芸能人になるような難易度と全く一緒で、
成功できない人は一生できないと思います。
 
 
僕もちょっと前までは高額塾とかに参加しまくって
 
「稼げねー」
 
とか言ってる側の人間でしたけど、その原因は根本的にこの
“キャラクタービジネス“しか教わってなかったところにありました。
 
 

ネット上で目立とうとするだけが情報発信で稼ぐ方法ではない

 
でも「ネットで稼ぐ方法」って他にも色々あって、
別に自分自身を全面的に押し出さなくても十分稼いでいくことができます。
 
 
僕がやってるような“情報発信ビジネス“はまさにそれで、
 
どちらかというと「キャラクター」ではなくて「コンテンツの質」を
磨くことによって報酬をもらっているようなスタイルです。
 
 
ブログやメルマガにて役立つ記事を書いて、
その延長線上で報酬が発生していくっていうイメージですね。
 
 
でも極端な話、キャラクタービジネスやってるんだったら、
記事の質とかどうでも良いですよね。
 
 
発信が人の役に立たなくても
それなりに報酬が発生するっていうのがメリットかもしれません。笑
 
 
記事の質というよりかは、どちらかというと
「憧れを持ってもらう」っていうことが重要視され
ウェイトが置かれているのがキャラクター戦略です。
 
 
「今日はハワイに行ってきました、カンパーイ!

→私が毎月旅行に行けてる秘密はこちら」
 
 
とか言ってれば、楽観的な人は集まってきて
お金を落としていきますからね。笑
 
 
でも、こっちの方法で稼いでいくとしたら、
キャラクター性とかカリスマ性とかを含め、
知名度や実績などを高めていく必要があります。
 
 
魅力ある人間じゃないとやはり人は集まらないし、
その“人間力“とか“カリスマ性“を磨いていくのって、
多くの人にとっては「雲を掴む」ような感覚なんだと思います。
 
 
でも、僕がやってるような情報発信って、
「キャラや実績勝負」じゃなくて「コンテンツの質」で戦っていきます。
 
 
実績とか普段の立ち振る舞いがどうとかじゃなくて、
一つ一つの記事そのもので価値を生み出していく、みたいなイメージです。
 
 
で、「質の高いコンテンツを作っていく能力」っていうのは当然、
トレーニングしていけばどんどん向上していきます。
 
 
これが僕がやってるような情報発信ビジネスのイメージ。
 
 
むしろ多くの人にとってはこっちの方が向いてるし、
こっちの戦い方の方が誰でも実力や精度を高めていきやすいんですね。
 
 
もちろん努力もしないような人が稼げるわけじゃないから
“誰でも稼げる“ってわけではないですけど、
 
「ノウハウを学んで実践する」
 
っていう意味では、学んだノウハウや知識を
ダイレクトに実践につなげていきやすいです。
 
 

目立ってる系の起業家さんのノウハウは再現性に乏しすぎる

 
一方、小玉さん系統の人が教えるキャラクタービジネスっていうのは、
ノウハウを学んだところで、自分自身の実践や成果へと
反映させるのが困難なケースが多いです。
 
 
なぜなら、キャラクタービジネスだから。笑
 
 
極端な話、ビヨンセとかから
 
 
「私はこの発言をフェイスブックで投稿した時、
全米が大ウケしてCDの売り上げが上がったわ。」
 
 
みたいなノウハウらしきものをPDF上で教わったとしても、
それをいざ自分自身のビジネスに反映させるって、
めちゃ意味不明ですよね。笑
 
 
“実践する“っていうのも一体どういうことかも謎ですし、
こんな話を知ったところで普通の人にとっては何も変化がないもんなんです。
 
 
これは一見極端な話に聞こえますが、
以前取り上げた「情報発信バイブル」とかもまさにこんな感じで、
 
 
 
 
「キャラクタービジネス」をやっていく上では
ノウハウとか知識とかって、結構意味を成さないというか、
へったくれもないんですよね。
 
 
こんな感じで、再現性とか有用性っていうのが通用しない領域だから、
大金を払って学ぶようなものでもないっていうのが
キャラクタービジネス戦略の特徴だと僕は思います。
 
 
だから表立ってキャラクターを売り込んでるような起業家とかって、
我々からすれば「ネットビジネス」っていうか、ただ単純に
 
「ネットを使って自分を売ってる活動」
 
っていうだけなんです。
 
 
まぁもちろんそれだって立派なネットビジネスなんでしょうけど。
 
 

ネットビジネスって、やっぱキャラ出さないで目立たず稼ぐのがいいです

 
ただ、僕が今のライフスタイルを掴むことことができた“情報発信ビジネス“は、
そもそも自称有名起業家さんたちがやってるようなキャラクタービジネスとは
性質や方向性が全く違います。
 
 
表に出る必要もなく、知名度を高めようとムリしたり、
「すごい実績の人だ」って思われるために
活動したりするようなものではありません。
 
 
ブログやメルマガの記事を書いてるだけで
パソコンから報酬を発生させるような、
いたってシンプルなビジネスです。
 
 
まぁ人脈とか紹介とかを大切にしていく
キャラクタービジネス戦略の情報発信も
やってたらそれなりに楽しい部分もあるかもしれませんけど、
少なくとも僕はやりたくありませんね。笑
 
 
どっかにぶら下がってないと一人じゃ稼ぐこともできないなんて、
それじゃあいくら一時的に小銭をゲットできようが意味ないっていうのが僕の価値観。
 
 
あと単純にダサい気がするから自分はやりたくない。笑
 
 
まぁ、小玉歩さん関連の人たちのような“目立ってナンボ系の起業家“から学びたいのか、
それとも僕みたいに表舞台に立たずにヒソヒソと活動してる人から学びたいのか、
それはもちろん好みで選んでいけばいいと思います。
 
 
ただ個人的には、彼らが教えてるビジネスは“再現性“という観点からしても
学んだところで同じように結果を出せる可能性っていうのは非常に低いとは思います。
 
 
僕がシェアしてる戦略は、どちらかというと
 
「凡人がいかに結果を出せるか」
 
っていうところがデカいですからね。
 
 
「人脈作りとか気持ち悪い」とか、
人に媚びへつらうのがイヤな人とかは
僕がやってるような戦略の方が絶対に向いてると思いますので。笑
 
 
少なくともこっちは
 
「とにかく人気者になりましょう」
 
みたいなモヤっとした戦略じゃないので、
多くの人にとってはこっちがベターな成功ルートだと思って僕は活動しています。
 
 
興味があれば、まずは無料からでも吸収できるところは吸収していってほしいと思います。
 
 
 
 
それでは、岡本でした。
 

その他気になるコンテンツ


ブログ講座コンテンツ一覧へ

岡本の無料メルマガ講座

オススメ教材一覧

岡本の情報商材レビュ-ブログ