岡本です。
 
現在は独自企画「レターボム」の他に個別コンサルも企画していて、
そこでは情報商材アフィリエイトに主に取り組んでもらっています。
 
 
で、けっこうな割合で「特典を作成する」っていう段階に入った時に
 
 
「質の高い特典を作る自信がありません…」
 
 
と悩んで、手が止まりがちになってしまう人が多いです。
 
 
まぁ、作ったことがない人からすれば、
数多のアフィリエイター達が作っているようなレベルの特典なんて
本当に自分が作れるんだろうかっていう不安があるのは当然だと思います。
 
 
特典作成の段階をスムーズにクリアしてもらうためのコンテンツは
「レターボム」やその上位版である「レターボム裏編」などで
かなり具体的な方法を詳しく解説をしています。
 
 
特に「レターボム裏編」に参加してる人達は
 
 
「えっ?特典くらいすぐに作れるけど?」
 
「今まで特典作りに悩んでたのがアホらしいですわ」
 
 
くらいのステージに驚くほどあっさり到達したと思うんですけど、
 
 
情報商材アフィリエイトの未経験者からすれば、
やはりこの「特典作成」の部分に心理的な障壁というか、
”ハードルの高さ”を感じる人が多いのが実情のようです。
 
 
そこで今回は、情報商材アフィリエイトにおける
「特典」に関する考え方とか、
未経験者にはおそらくダイレクトに役立つであろう
 
 
「特典なしでも情報商材をいともあっさり成約させる方法」
 
 
などについて触れていきたいと思います。
 
 

情報商材における特典について

 
一昔前の記事の方でも詳しく説明していたんですけど、
 
情報商材をアフィリエイトする場合は、
基本的にはアフィリエイター独自の「特典」をつけると成約率は大幅にアップします。
 
 
大幅どころか、むしろ普通に戦ってたら特典なしだと
ちょっと勝負できないレベルで不利なんですよね。
 
 
何故なら、すでに多くのアフィリエイターがいろんな商品に特典をつけてますから、
わざわざ無名の人間から同じ商品を買う理由がないわけです。
 
 
だから多くの人は
 
「他の人みたいに特典なんか作れないから情報商材アフィリエイトにチャレンジする気になれない」
 
などと敬遠しちゃうと思うんです。
 
 
実際には特典は無くても売れるのは事実なんですが、
やはり「無いとなかなか勝負にならない」っていうのが
情報商材アフィリエイトにおける特典の特性です。
 
 
まぁ僕がやってる情報商材アフィリエイトも、
思ってるほどライバルは強くないですし、
古参アフィリエイター達の”隙間”を縫って成約をあげる方法なんていくらでも存在します。
 
 
そういった競合を出し抜く方法だったり、
実績、経験ゼロ状態から情報商材を売りまくる戦略っていうのは
上述した「レターボム」や「レターボム裏編」で言及しているので
興味があればそちらを参考にして欲しいのですが、
 
 
以下からはどちらかというと即効性の高いような


「初心者でも特典なしで情報商材を売る方法」


について考察していきます。
 
 

特典なしで情報商材を売るための考え方

 
ここまでお伝えしてきたような
「特典がないと勝負にならない」っていうのは、
下地となる”条件”が変わればまた話も違ってきます。
 
 
その”条件”っていうのは、

  • 売る場所
  • 売り方
  • 売る相手
  • 売る商品
 
などですね。
 
 
情報商材アフィリエイトの世界にチャレンジする人って、
何らかの情報商材などでノウハウを手に入れて、
まずはそのアフィリエイト戦略に従って作業していくのが基本だと思います。
 
 
だから必然的に
 
  • 売る場所
  • 売り方
  • 売る相手
  • 売る商品
 
が、他の実践者達と”カブってくる”んです。いわゆる”競合しやすい”ということです。
 
 
これこそが「いつまでもマニュアル通りに動いてても成果は出ない」
っていう話にもつながってきますが、
 
 
逆に言うと、
 
 
  • 売る場所
  • 売り方
  • 売る相手
  • 売る商品
 
この辺りのどれかを変えたりズラしていけば、
必然的に競合するライバルも減って売りやすくなります。
 
 
この部分にこそ新規参入者の突破口があるんですね。
 
 
例えばシンプルな例を挙げるとすると、
 
「情報商材のことを知らないユーザー」
 
を相手にする場合、そもそも「特典」というものは必要ありません。
 
 
何故ならそういう層の人は情報商材に特典がつけられることも知らないし、
よそのサイトを検索して「どこからこの教材を買おうか」と見比べてみる、
なんてことをする確率も低いからです。
 
 
このような感じで、できるだけ競合を避けていくんだったら、
「売る相手」をズラしていく、っていう考え方が必要になってきます。
 
 
これはブログ集客だったら「集客で狙うキーワードをズラしていく」
ことで可能になるのですが、ネットビジネス初心者からすれば、
根本的に「売る場所」を変えていく方針をとったほうがシンプルだし、
成功しやすい傾向にあります。
 
 
例えば「YouTube上で情報商材のアフィリエイトをする」
という方法とかはユニークながら、効果は高いです。
 
 
要は情報商材に特典を付けることを知らないような、
「ウブなユーザー」を狙っていける戦略になるので
初心者でも情報商材をガンガン成約させることが可能になってきます。
 
 
「特典を付けなくても情報商材を売る方法」

 
の考え方としては、こんな感じですね。
 
 
今回はYouTubeで情報商材をアフィリエイトするのを例に挙げましたが、
これはネット上のあらゆる手法に応用させることができます。
 
 
 
どんなビジネスにも共通しているポイントは、


「特定のユーザーの属性にマッチした商品を紹介する」


ということ。
 
 
育毛剤を売るんだったら、
育毛剤に興味のない人に商品を紹介しても成約率は低いです。
 
 
抜け毛で悩んでる人だけを集めれば、
あとは商品を差し出すだけでガンガン成約が生まれますからね。
 
 
これが「属性にマッチした商品を紹介する」ということです。
 
 
ネットビジネスはどんなジャンルの手法でも、
突き詰めればこういう活動をしているってことになります。

 
僕の場合は、「お金稼ぎ」に興味がある人を集めて、
その人たちに「お金を稼ぐ方法」を紹介しているということです。
 
 
でも僕と全く同じ方法だと「特典の強さ」とかオリジナリティで勝負しないといけないので、
それを避けたいのであれば「売る相手」や「売る場所」などを変えていけばいいわけです。
 


さっきの例で挙げた「YouTube上で情報商材を売る」
っていう手法は、特にそれが非常に初心者にもやりやすいんですね。

 
単純に、特典なしでも情報商材がポンポン売れていきます。
 
 
 
具体的なノウハウを学びたい場合は、
こちらの「ギガチューブ」が今まで見てきた中で一番わかりやすいです。
 
 
 
 
こんな感じで、
 
まずYouTubeっていう市場自体がブログなどと比べても
素人でもアクセスを集めるのは簡単なので、
そういう「自分でも勝負できる市場を見つける」っていうのも一つの選択肢です。
 
 
動画を作成できる能力があれば、
YouTube上においては好きな商品を好きなだけ売っていくことが可能ですからね。
 
 
僕のような「稼ぐ系」のブログを持っていたとしても、
恋愛系やコンプレックス系の商材を売っていくことは難しいですし。
 
 
そういう意味でも、ギガチューブのノウハウは、
「売る商品」に関してかなりオールラウンド。汎用性の高いノウハウです。
 
 
アフィリエイトっていうのは本来であれば、ただ単に

 
「欲しいと思うであろう人を集め、その商品を紹介してあげる」


 ことによって報酬を得ていくだけのビジネスです。
 
 
その活動を行うにあたって、僕のようなブログやメルマガ主体のアフィリエイトよりも
YouTubeのようなメディアからチャレンジする方が向いてる人も多いと思います。
 
 
興味があれば覗いてみると色々と勉強になるはずです。

 
 
 
今回の記事で、「特典なしで売る方法」
の考え方、イメージだけでもまずはつかんでもらえればと思います。
 
 
それでは、岡本でした。
 
 
その他気になるコンテンツ

ブログ講座コンテンツ一覧へ

ビギナーにおすすめのアフィリエイトの初め方。

実際に検証したオススメ教材一覧

ジャンル、目的別おすすめの情報商材7選 

岡本亮の無料メールマガジン講座、その威力。

インターネットで給料以外に収入を発生させる方法は
メールマガジン講座でさらに具体的に説明しています。

知名度、人脈、実績ゼロ状態から収入を生み出すテクニックと
有料で公開されている情報商材よりも
質の高い情報や、少し秘匿性の高い情報をシェアしていると自負しております。

登録は当然無料なので、ぜひ登録してみてください。

ネットビジネス全般の基礎的なノウハウなどを詰め込んだレポート

もメルマガの中で受け取ることができます。

→ 無料メルマガ講座に登録する

メルマガバナー