岡本です。

僕もこうしてブログやメルマガでの情報発信で
それなりの収入を得ることのできている立場になって
多くの質問をいただけるようになりました。


そんな中、


「情報商材アフィリエイトってやっぱりレビューが良いんですか?」

「情報商材を仕入れるお金はどのくらい必要ですか?」

のような質問をしばしば受けることがあります。


”情報商材を仕入れる”ことに関しては
こちらに記載していますので、よかったらこちらも参考にしてみてください。


アフィリエイトは情報商材を仕入れないと始められないのか


で、今回はもう一方の

”情報商材レビュー型情報発信”

の戦略に関してのお話をしたいと思います。

 

情報商材アフィリエイトはレビューしないといけないのか?


僕も情報商材の商品そのものに関して
レビュー記事のようなものを書き始めたのはほんのつい最近のことです。

で、僕もどちらかというと

「詐欺商材撲滅!レビューブログ!!」

みたいなノリのレビューサイトは嫌いなタイプです。


「そっちは詐欺です。注意してください!こっちが良いです。」

「この商品は、Sランクと評価させていただきました。」


みたいなマーケティングって、なんかダサいなと。


まぁ上手くやって魅力的に見せることができているサイトも
もちろんいくつかあってそれはそれで価値があるなーって思うんですけど、

中途半端にレビュー型ブログが
横行しすぎてて「ちょっと気持ち悪い」っていう感情は
多くの人が持ってるのかと思います。


だから最初は僕も、そんな彼らみたいな

”情報商材そのもののレビュー”

を行うのは少し抵抗があったんですけど、

僕の行ってる戦略は、そういう

「レビューが目的のサイト運営」

ではないんですね。


まぁそんなレビューサイトを運営している
彼らと同じだと捉えられたらそれまでなんですけど(笑)、

僕がなんで情報商材のレビュー記事
みたいなものを書いているのかというと、

その目的はあくまで

「自分の話を聞いてもらいやすい見込み客」

をできるだけ効率よく集めることが目的です。


つまり、情報商材をアフィリエイトしていくのであれば

「特定の情報商材にすでに興味を持ってる人」

だけを絞って集めていく方が効率的だからこそ
情報商材名や販売者のキーワードを狙って集客しているわけです。


まぁレビューサイトの本来の目的もそこなんですけど、
従来型のレビューサイトって、訪問者からすれば

「このサイト、”詐欺、詐欺”ってうるせーな。」

みたいな印象を受けることもよくあることだと思います。


そもそもレビュー型のアフィリエイトっていうのは
2010年に発売された

アンリミテッドアフィリエイト

っていう教材のリリースから一気に
レビュースタイルのアフィリエイトが流行したようですね。


その”アンリミスタイル”を遵守している
今も強いアフィリエイターさんも数人健在ですが、

当然ですけど同じ戦略をとって
稼げていない人の方が圧倒的に多いです。


なので、レビュースタイルをやって
稼げないことはないでしょうけど、

レビューブログで稼げてない人は
相変わらず稼げていないでしょうし、
同じことをやってる人も一定数存在しています。


ただ単純に中身の感想を言って

「これはいい、これは稼げます」

みたいなことを言って
特典を鬼ほど盛り付けていれば稼げるというと、
全員が全員、それをやって稼げるわけではないんですね。


結局、訪問者は

「価値のある情報」

に価値を感じるわけです。


自分が読者の立場だったらまさにそうですよね。


今現在も”アンリミスタイル”でレビューブログを更新してる人も、

なんだかんだでアンリミのノウハウからは独自に派生していて、
やっぱり面白いコンテンツを提供してる感じになっています。


実際、アンリミのレビュースタイルも
きちんとやればやっぱり訪問者にとっても
価値のある情報発信スタイルだと僕は思います。


そう考えると”レビューブログ”が良いか悪いじゃなくて、

稼げるか稼げないかの大きな違いは、

抽象的な言葉を使えば、やっぱりもうそれは


「面白いか面白くないか」

「価値のある情報かどうか」


この辺りにかかってきてると思います。



”つまらない情報”や”価値のない情報”っていうのは
一概には言えないですけど、おおよそのイメージとしては


「誰が言っても変わらない情報」

「新しい価値観を与えてくれない情報」

「自分の主張のない情報」


みたいなところだと思います。


まぁ僕も、今でもそんな記事をよく書いてしまうんですけどね。笑


だから僕は、情報商材名でのキーワード集客をしていますけど、
中身をレビューして他の商品を買ってもらうことが目的ではありません。


まぁ遠巻きに言えばそういうことになるんですけど、
どちらかというとその商品を説明する上で

「自分はこう思う」


という、”自分の主張”という要素を
できるだけ含ませるようにしようとしています。


その方が結果的にその意見に同意してくれる人も集まるし、

本当に価値のある情報を提供する前提であれば
そっちの方が商品も買ってもらいやすいし、
メルマガへの登録も増えていくようになります。


稼げない情報商材を注意喚起してくれるようなサイトも、
一応はそれなりの価値はあるのかもしれませんは結局はそこ止まりのはず。


僕たちは

「価値のある情報を提供する」

ことが目的ですので、

そうなると、

「この情報商材はこんな性能があります。」

以上に、自身の体験談や

「私はこう思います」

というような主張だったりにこそ読みたいと思いますし、
読む側もそういうものを求めているはずです。


つまり、使用感、実践した感想とかを
主観を交えて情報提供していくのが
レビュースタイルの価値だということ。


こういった「訪問者に価値を感じてもらう」
っていう部分を理解しておけば
レビュー型スタイルだろうがなんだろうが
きちんと成果を挙げていけるものだと僕は思っています。


ここまでの話をまとめると、

 

  • レビュー型ブログもやり方によっては十分に効果はある

  • レビュー型だろうとなんだろうと、発信している情報がつまらなければ稼げない

  • キャンプオカモトの場合は「よりテーマにマッチした属性の訪問者」を集める目的で
    レビュー記事を書いたりしている


こういったところです。

一つでも考え方の参考にしていただけたらと思います。

 

情報商材アフィリエイト参入のおすすめアプローチ

情報商材アフィリエイトのノウハウで
キャンプオカモトでも参考にしながら基軸としている教材はこちら。

コピーライティングアフィリエイトプログラム


こちらは年収数億円レベルのコピーライターさんが
文章の添削とコンサルティングをしてくれるというプログラムです。


価格も格安なので、ぜひ一度は参加してみるべきだと思います。


ただ、もっと低いハードルで、”超”がつくほど
ネットビジネスに関しての知識がゼロなのであれば、

僕が企画している独自企画”レターボム”への参加も
ぜひ検討してみてください。

独自企画「レターボム」


こちらは

「実績、経験、知識ゼロから情報アフィリエイトの仕組みを構築する」

がコンセプトの企画です。


より低いハードルから情報商材アフィリエイトに
チャレンジしてみたい場合は、まずはこちらから取り組むことを推奨しています。


それでは、岡本でした。

その他気になるコンテンツ


ブログ講座コンテンツ一覧へ

岡本の無料メルマガ講座

オススメ教材一覧

岡本の情報商材レビュ-ブログ

キャンプ・オカモト購入者基本特典「岡本帝国」について

※新しいブログを作成しました。