岡本です。
 
アフィリエイトなどの相談を受けるようになってから
それなりに多い不安やメッセージとしてよくあるのが、

 
「周りにネットビジネスやってる人もいないから、
なかなかモチベーションも高まりません。」


というような内容。
 
 
とても言いたいことはわかるんですけど、
今回はこの辺りの
 
「ネットビジネスに人脈やコミュニティは必要なのか」
 
というところについて僕なりに思っていることを
お話したいと思います。
 
 

ネットビジネスに人脈やコミュニティは必要なのか?

 
僕なりに思っている結論を言わせてもらうと、
 
『特に初心者の段階なら、ネットビジネス仲間は必要ない』
 
と思っています。
 
 
むしろ、そういう関わりは、安易であればあるほど
 
「かえって”ジャマ”になる」
 
可能性さえあると僕は思っています。
 
 
もちろん中には本当に価値のある
有意義な人との関わりもあるとは思うんですけど、
 
 
基本的には、ネットビジネスでこれから
 
”稼ぐための仕組みを構築していく”
 
という段階の人にとって最も優先すべきなのは、
 
 
”その仕組みを構築する作業を継続すること”
 
以外にありません。
 
 
「その作業を継続させるのが難しいからこそ、
一緒にやっていく仲間が欲しいんです。」
 
 
という意見もあるかもしれませんが、

部活動じゃないんだから
ビジネスを始めるしょっぱなからこんな他力本願って、
普通にアウツだと思います。

 
 
 
またこういったネットビジネス系の横の繋がりの多くは
”稼げてない人同士”のケースが非常に多い為、
その大半が何も生み出しません。
 
 
何も生み出さないくらいだったらまだしも、
 
利益を生み出さない人たちと関わることで
シンプルにお互い時間を食い合っていますからね。
 
 
”意識の高い人同士の懇親会”
 
とかで得ることもあるかもしれませんけど、
 
まだ稼げる仕組みを作りきれていない段階の人にとっては
そんなヌルヌルの人脈なんかに
労力と時間をかけているいとまがあったら
他にやることが限りなくあると思います。
 
 
そういう段階の人に本当に大切なものは
 
「続けていれば結果を出せるルートへと導いてくれるもの
(そのノウハウそのものや”人”)」
 
 
「それを継続すること」
 
だと経験上、僕は思っています。
 
 
これ以外に必要のないものは
できるだけ排除した方が、当然ですけど
結果を出すのは早いのかなーというのが僕が持っている現実です。
 
 

モチベーションが上がらないから仲間が欲しい

 
 
「周りにネットビジネスやってる人がいないからなかなか取り組めない」
 
「モチベーションを保つために仲間が欲しい」
 
 
と思っている人もこの業界には多いし、
だからこそ各種懇親会やセミナー、
有料のネットビジネスコミュニティが今でも
存在してるんだと思います。
 
 
事実、業界では最も有名な「小玉歩さん」とかも
そういった層をターゲットにして
この手のコミュニティを作り上げて、
今でもコンスタントに入会者を増やしているようですしね。
 
 
そういったコミュニティに価値があるかは別としても、
そもそもこの”仲間が欲しい”という主張は
 
『他人になんとかしてもらいたい』
 
っていう気持ちが心のどこかに
存在している可能性も孕んでいると僕は思います。


 
凡人から成り上がって
自力で人以上のお金を稼いでいきたいのであれば
 
「自分の実力を磨くこと」
 
以外にやるべきことってありません。
 
 
”他人によってその能力が引き上がる”
 
っていうのももちろん事実でしょうけど、

最初からそんな人任せな神通力を得ようっていう
マインドこそがやばいのかなって思っています。
 
 
なので、最初は人脈とか、お互いを紹介しあったりとか、
そういうツテなどは一切なしで
 
『ゼロから”稼げる仕組み”を構築できるスキル』
 
を身につけることにエネルギーを注ぐべきだと僕は思います。
 
 
自分自身の価値や実力が低いまま仲間を作ろうとしたり、
自分は何もアクションに移そうともせずに
「他人に引き上げてもらおう」と考えて、

たとえそれで稼げたとしても
”実力を磨く”という観点からすれば意味ないでしょう。
 
 
そうやってでも稼ぎたいのであれば
それはそれでいいと思いますけど、
少なくとも僕はそういう人間を目指してはいません。
 
 
きっと世の中の成功者たちも
 
「人にすがって生きていこう」
 
みたいな生き方はしてないんじゃないでしょうかね。
 
 
そういえば、ニーチェもキリスト教とかのことを
こんな感じで批判したっていう話をこの前読みました。
 
 
キリスト教はよく
 
”金持ちは地獄行き”
”弱者こそ救われる”
 
みたいなマインドセットが語られているのは
知ってると思いますが、それに対してニーチェさんは
 
「キリスト教は弱者が神にすがってるだけの宗教だ。」
 
ってことを言いたかったんだと思います。
 
 
この主張が正しい、正しくないかは別としても、
少なくとも
 
『これから自分でビジネスを進めていく』
 
という意欲があるんだったら、
今後どんなスタンスで自分のビジネスに
取り組んでいくべきかは明確だと思います。
 
 
やっぱり、人以上の物事を成したいんだったら
”強く生きて行くべき”っていう思想の方が
何をやっても成功すると思いますしね。
 
 
確かに同じ場所を目指す仲間は大切だと思うし、
僕だってそういう仲間が欲しいと言う意味で
こうやって活動している部分もあります。
 
でもそれは、「お互いに得るものがある」前提での話。
 
 
なんというか、さっきの
 
「周りにいないから、ネットビジネス仲間が欲しいんですよね。」
 
みたいな意見になると、ちょっと違いますよね。
 
 
微妙なニュアンスの違いなんですけど、
こういうフレーズは
 
”外的な要因によって成功をゲットしたい”
 
というマインドの前提が
見え隠れしている可能性が高いと思います。
 
 

ネットビジネスで人脈とか紹介を頼りきる人々の顛末…

 
だいたい、この業界で人脈とかを求める人というのは
基本的にはまだ稼いでいないという状況にある人たちが多いです。
 
 
大学のサークルとかのコミュニティだったらいいんですけど、
ネットビジネスにおいてそういうヘラヘラした人付き合いは
やりたい人がやればいいだけであって、
 
そういう人たちが実際稼ぎまくってるのかというと
むしろそんなことないと思うんですよね。
 
 
人に引き上げてもらって
成功者の仲間入りしたいっていう感情を持ってる人って
ネットビジネス業界には実は数多く存在していますけど、
 
もしそれで首尾よく稼げるようになったとしても、
それは一時的なものであるケースがびっくりするくらい多いです。
 
 
人にプロデュースされたり、妙な繋がりで
インタビューをし合ったりするのが
この業界では未だに流行ってますけど、
 
今僕が彼らを見て思うのは、
”情報の価値”という部分で
本当にコンテンツが充実してないな、というところ。
 
 
仲間内の顧客リストを回しあって、
ヌルヌルと”特別対談動画”を撮りあって、(笑)
 
それを特典だの無料プレゼントだのして
商品を売りつけたり人を集めてるだけなんです。
 
 
今でもそれなりにそんな手法で
新規顧客をうまく囲って稼いでいるでしょうけど、
消費者側も少しずつ気がついてきているはずです。

 
「ああ。この人たちって、”稼げる方法”はほとんど持ってないんだな。」
 
って感じで。


だからそういう手法は絶対に長続きしないと思ってます。
 
 
ああいう”目立ってなんぼ”で稼いでる起業家達の
ブランディング戦略をしてる人たちは
特に人脈や仲間の重要性を熱心に説きます。
 
 
「あなたに必要なのは、最高の仲間と最高の環境です。」
 
「周りに成功者がいないからこそ、現在のあなたは稼げていないんです。」
 
このようなフレーズで
自身のコミュニティへの参加を募ってますけど、
 
僕からすれば、本当にその主張は
「ふざけるな」って感じ。
 
 
”仲間”だなんて程の良いことばかり言ってますけど、その実態は
 
『より濃い顧客リスト』
 
ですからね。
 
 
そんな”自分に憧れてる顧客リスト”を集めて
身のないセミナーなり懇親会をしてますけど、
 
それって、きっと主催者側が
ただ尊敬される満足感を得たいだけなんですよ。笑
 
 
「同じ方向を向いてる仲間!カンパーイ!」
 
とか言って仲間内で気持ち良くなってるだけなんです。
 
 
そんなコミュニティから少しでも優秀な人間が
飛び出てきたなら一気に広告塔に仕立てて
知名度と過去の実績だけで稼いでいく、
 
というのが彼らの手法です。
 
 
だからああいうコミュニティを外から見た新規参入者たちは
 
「そうか、やっぱりネットビジネスは人脈がないと稼げないんだ。」
 
みたいに勘違いしてしまうんじゃないかなと。
 
 
そんなわけないんですよ。
 
 
それ、そもそも”ネットで稼ぐ能力”じゃないですよね?笑
 
 
結局、そういうコミュニティで学べることは
”そういう戦略”ということ。
 
 
実力もないまま、ひたすらコミュニティの中において
”名の知れたっぽい人”に対して媚びを売り続けて
気に入られようとするか、
おこぼれをもらうような戦略でしかありません。
 
 
今もインフォトップで小玉歩さんのコミュニティ出身の人たちが
立て続けに情報商材をリリースされてますけど、
 
どの商品も、どう客観的に見ても
中身を見る限りはやはり低品質なものが多い傾向です。
 
 
ビジネスノウハウ的なことを説いた情報商材なら
これらの意見は人によっても分かれるところですけど、
特に彼らがリリースする転売系の情報商材はかなりヤバいですね。

 
「調べればわかるようなこと」
 
をタラタラ書いているだけで
”ノウハウ”と呼べるようなものは非常に少ないです。
 
 
まぁ彼らも、実際に話せば普通にいい人たちだと思いますけど、
”実力”としては別に尊敬しないな、というところ。
 
度胸とか行動力は素直に尊敬してますけどね。
 
 
それにしても低俗な商品や無料オファーを
立て続けにアフィリエイトしている彼らから
学ぶところは今の所、一つもないです。

 
特典がそんな人たち同士の”対談動画”って…笑
 


という事で、いろいろ話が逸れたり
ただのグチになったりしましたが、(笑)
もちろん、これは僕の個人的な見解です。
 
 
でもどうもネットビジネス業界は、
人脈や仲間の重要性を説く人ほど
勉強になるようなことは一つも言ってないなーと個人的には思っています。
 
 
このままだと、特に新規参入者の人ほど
 
「ネットビジネスはコミュニティに入ってつるまないと稼げない」
 
みたいなわけのわからない誤解を
鵜呑みにしてしまいそうな風潮なので、

 

  • 稼ぐためには”まずは手を動かすこと”が大切

  • 人脈も仲間も必須じゃない。むしろ作業の邪魔になる可能性が高い

  • ”稼げる方法論”と、それを教えてくれるマニュアルや人が重要

  • 実力のない者同士がツルんでも何も生まれない
 
 
この辺りに関しては是非主張したいところです。
 
 
そんな意見に少しでも共感していただければ
今後ともお付き合いください。
 
 
それでは、岡本でした。
 
 

その他気になるコンテンツ


ブログ講座コンテンツ一覧へ

岡本の無料メルマガ講座

オススメ教材一覧

岡本の情報商材レビュ-ブログ