岡本です。
 
今回の内容は、
 
「競合の少ないキーワードの見つけ方講座」
 
 
前回の記事ではキーワード選定の
ベースとなる考え方をシェアしました。
 
 


”検索需要があるのに競合が少ないキーワード”
 
を狙って記事を作っていけば、より効果的に
ブログへアクセスを集めることができるというお話でした。
 
 
そういったキーワードをいわゆる
 
「ブルーオーシャンキーワード」
 
なんて呼ぶのですが、
 
そういうキーワードを見つけて
1ページ目に自分のサイトが表示されれば、
そのキーワードからは毎日ガンガンアクセスが
流れてくることになります。
 
 
しかも、
 
”より購買意欲の高い訪問者が検索するであろうキーワード”
 
において上位表示を勝ち取ることができれば、
 
その分だけ利益に直結した濃いアクセスが集まってくるということなので、
狙う価値は十分すぎるほどあります。
 
 
それこそ、少ないアクセスで
バンバン成約が決まっていくような状態を作ることができるんです。

 
現実、僕も100~200アクセス程度しか集まっていない時ですら
普通に月10~20万円程度稼ぐことができていました。
 
 
僕の知ってる”やべーアフィリエイター”の場合は
1日300~500アクセス程度で
毎月200~300万円以上稼げてるそうですから、(笑)
 
約1万アクセス=300万円ということになります。

 
1000=30万円
100=3万円
10=3000円

 
つまり、そのくらいのアフィリエイターの場合は
たった1アクセスで300円くらいの利益が
見込める状態になっているということなります。笑
 
 
でも、ブルーオーシャンなキーワードを狙って記事を書き溜めていけば
現実的にこういう数字は可能だということなんです。
 
 
もちろん、ブルーオーシャンキーワードを勝ち取れたからといって
誘導したブログにおいて雑なコンテンツを用意していても
収益に繋がることはありません。
 
 
でも、たった一回作り込んだ記事からほぼ永続的に
 
”成約にダイレクトに繋がるアクセス”
 
が毎日集まり続けるんですから
やらない意味がないんです。
 
 
アフィリエイトで稼いでる人達というのは、
こういう考え方で日々コンテンツ作成に
取り組んでいるということですね。
 
 
前置きが長くなってしまいましたが、
今回はそんな美味しいキーワードを
見つけていく具体的な実践講義になります。
 
 

上位表示を狙いやすいキーワードの基本的なリサーチ方法

 
まず、ブルーオーシャンキーワードとは言わず
トレンドアフィリエイターなんかが
記事を作成する際に一般的に行っているリサーチ方法に関して。


おそらくトレンドや物販アフィリエイターが
普段行っているようなリサーチ方法としては、
 
 
『狙いたいキーワードにおいて、記事タイトルの中に
そのキーワードが全て含まれているかどうか』


というがベーシックな方法だと思います。


具体的に、
「コピーライティング」というキーワードで
記事を書く場合のことを考えてみます。


スクリーンショット 2016-01-24 13.27.45


「コピーライティング」

という1単語だけだと、すでに
企業っぽいサイトとかが上位表示を占拠していて、
いきなり1ページ目を勝ち取るのは難しいかなーという判断をまずしていきます。

 
そのあと、下にある関連キーワードや
検索窓に打ち込んだら自動で表示される
関連キーワードなどを参考にしていくと、
 
その複合キーワードによってはどんどん
ライバルになりうるサイトが減ってきて
キーワードを絞れば絞るほど”勝ち目”が見えてきます。
 
 
スクリーンショット 2016-01-24 13.29.06

 

スクリーンショット 2016-01-24 13.28.26

こういうところを見ていくんですね。

 
例えば、
 
「コピーライティング 本」
 
の複合キーワード。

 
この2単語くらいでも、
ある程度ブログ自体が検索エンジンに強くなってきていて、

そこで上位表示されているサイトの記事よりも
自分が良いものを作りさえすれば
十分に上位表示を狙うことができます。
 
 
ただそれでも自信がない場合やまだブログを作りたての場合、

需要がありそうなキーワードで
さらに複合キーワードを絞り込んでいきます。
 
 
今回の場合は、そのまま予測表示してくれた
 
「コピーライティング 本 おすすめ」
 
というキーワードをリサーチしてみます。
 
(Googleが自動で予測して表示してくれるこのキーワードは
ある程度需要があるものを表示してくれています。)


スクリーンショット 2016-01-24 13.30.43


 
だいたい、感覚的には3単語くらいまで幅を絞っていけば
それなりに上位表示を狙える可能性は十分にあると思います。
 
 
こうやって絞っていくと、
 
1ページ目に表示されているタイトルの中に
 
「コピーライティング 本 おすすめ」
 
全てのキーワードが含まれていないタイトルのサイトが
1ページ目に表示されているようなケースも見られます。
 
か
 


アマゾンやネイバーまとめなどの大手サイトを除いて、
 
そのキーワードをタイトルに全て含んでいないのに
個人でやってるようなブログやサイトが
上位に表示されているようなキーワードは
十分に”狙い目”になってきます。
 
 
つまり、この「コピーライティング 本 おすすめ」
というキーワードは、
なかなか上位表示を狙いやすいキーワードということになります。


このように、
 
『複合キーワードが全て含まれていない
個人サイトが上位表示されているようなら、
そのキーワードを全て含ませて記事を書いていく』


というのが基本的なネットビジネスの
リサーチステップになります。
 
 
実際、僕のような情報商材アフィリエイトも
このくらいのリサーチ方法でも
量をこなしていけば十分ではあります。
 
 
むしろ、だんたんサイト自体がSEO的に強くなってきたら
もうここまでしないケースもありますし。
 
 
適当に記事の内容にマッチしたキーワードを入れて
後付けで記事タイトルをつけるっていう場合も
よくありますからね。
 
 
ただ、ブログ自体が弱いうちは
こうやって、”点”で勝負しながら
できるだけ質の高いアクセスを呼び込んでいくのが
成果へとダイレクトを繋げるための必須戦略になってきます。
 
 

ブルーオーシャンキーワードを見つける方法

 
もしくは、また違ったアプローチとしては、そのまま

”そのキーワードがブルーオーシャン状態かどうかを直接リサーチする”

という方法もあります。
 
 
この”ブルーオーシャンキーワード”を知る上で
知っておくべき用語として、
 
「intitlle」(インタイトル)
 
「allintitlle」(オールインタイトル)
 
というものがあります。
 
 
「なんか難しそう!」
 
なんて思わないでくださいね。笑
 
そんなに難しくないですので。

 
 
「intitlle」タイトルにそのキーワードが一部含まれてるサイト数
 
「allintitlle」タイトルにそのキーワードが全て含まれてるサイト数
 
 
になります。
 
 
「intitlle」が多いってことはそのキーワードの検索需要が高いということで、
 
「allintitlle」が多いということは、
そのキーワードを狙って書いてるサイトが多いということです。
 
 
つまり、

「intitlle」に比べて「allintitlle」が少ないものこそが、
需要は高いけどライバルが少なく、上位表示を狙いやすい
 
”ブルーオーシャンキーワード”
 
ということになります。
 
 
で、肝心なこのブルーオーシャンキーワードの
探し方なんですけど、

実は検索エンジンでその数を検索することができます。
 
 
方法は、検索窓に

「allintitle:(調べたいキーワード)」
 
というように入力していくだけ。


これだけで「intitlle」と「allintitlle」の
サイト数をリサーチすることができます。
 
(こういう検索スキルは実は数多く存在します。)
 
 
例えば、「筋トレ」で入力してみるとこんな感じ。
 
 
スクリーンショット 2016-01-24 11.13.19
 
「筋トレ」というキーワードが記事タイトルに含まれたサイトは、
412000件存在しているということなります。


そしてそこからさらに幅を絞っていけばこんな感じ。

スクリーンショット 2016-01-24 11.13.53

「筋トレ プロテイン」

というように、複合キーワードを入れていくと、
そのどちらのキーワードも含んでいるサイトは
12500件にまで絞られているということなります。


さらに、もう一つキーワードを入れていきましょう。


スクリーンショット 2016-01-24 11.14.03
 

「筋トレ プロテイン タイミング」

の3単語でキーワードを入れると、
オールインタイトルの件数はわずか268件だということが
この検索方法でわかります。


このような感じで、


「intitleが多い割にallintitleが少ないキーワードをリサーチしていく」


というのがブルーオーシャンキーワードの見つけ方になります。


実際、このリサーチはやらないよりも
やった方が絶対に効果的なんですよ。


冗談抜きに、1時間かけてリサーチしてでも
できるだけブルーオーシャンなキーワードを狙って行くべきなんです。


こう言うと極端に聞こえますが、
このリサーチは本当に重要です。


なぜなら、

キーワードを意図的に狙って入れないことには
いくら記事のクオリティが高くとも
誰も見つけてくれることはできないから。


最高品質の記事コンテンツを作り上げたとしても、
それを読んでくれる人がいなければ
その記事の価値はゼロだとも言えます。


それだと、”稼げる、稼げない”
の話どころではありませんからね。


だから極端な話、4時間かけて作った
最高にクオリティの高いコンテンツよりも、

3時間かけて見つけたブルーオーシャンキーワードで作った

”それなりのクオリティの記事”

の方が”価値がある”ということなんです。


そのくらい、需要があって競合の少ないキーワードを
狙うということは重要です。


まぁ僕も、あまりこういったリサーチはせずに
最低限キーワードを適当に入れただけのゴリ押し戦略で
ここまできましたけど、
それだとやはりなかなか効率が悪く時間もかかってしまいます。


なので、今僕がゼロからブログを構築するとしたら、
まず100%、全球ブルーオーシャンキーワードを
ガンガン狙っていきますね。



むしろ、ブルーオーシャンのリサーチはもはや

”やらないと稼げない”

くらいのレベルですので、
ネットビジネスで稼ぎたいのであれば
ここは避けて通る場所ではありません。
 
 

ブルーオーシャンキーワードリサーチはツールに任せるべき。

 
とはいえ、このリサーチ作業、やっぱりめんどくさいですよね。


一つ一つ「これはどうかな?」と思うキーワードを
入力して調べていかなきゃならないし、

当てずっぽうに予測を立ててリサーチしていっても
なかなか要領を得ずに見つかり切らないケースも多いです。


だから慣れないうちは1つの記事を書くのに
本当にリサーチだけに1時間くらい
時間を浪費してしまうかもしれません。


それでも絶対にこのリサーチはやった方が良いんですけど、

実はこのブルーオーシャンキーワードを見つける作業、
”ツール”に任せることができます。


僕が導入しているツールは
「COMPASS(コンパス)」というもの。


アフィリエイター専用SEO分析ツール「COMPASS」のレビュー


詳しいところはこの記事に記載していますけど、
要はここまで説明してきた

「ブルーオーシャンキーワードを見つけるリサーチ作業」

を、ボタン数クリックでザーッと炙り出してくれるツールになります。


これはすでに僕の中では2016年の”ベストバイ”に
ノミネートしていますからね。


「もっと早く欲しかった!」

って後悔しましたし、きっとあなたも
そんなリアクションになるはずです。


実際、こういったリサーチは

「自分じゃなくてもできる仕事」

ですから、従業員を雇ってでも
こういう仕事の時間短縮は図った方が良いのは
言うまでもありません。


そんな仕事を”買いきり形式”の格安ツールで
まかなえるのであれば、

これは導入しないと”損”でしかないとは思います。


まぁこのツールは訳あって劇的に安いんですけど、
その機能は異常な程便利ですから、

もし興味があれば詳細も読んでみてください。


アフィリエイター専用SEO分析ツール「COMPASS」のレビュー


僕からの特典も考えると価格的にも満足度的にも
より”異常な提案”になってしまっていますが、
一度はぜひ確認してみてくださいね。


それでは、岡本でした。