岡本です。
 
 
今回は、かなりテクニカルな内容の
 
「キーワード選定」
 
の講座になります。
 
 
ネットビジネスをスタートしたのであれば序盤の段階で、
集客のためにブログ記事を更新していくことになるのが基本だと思います。
 
 
でも、適当に記事を書き続けていっても
最初はなかなかアクセスも集まらないし、
 
今やってる作業が
 
”目に見えて成果が出ている実感”
 
を得られないからこそ、ネットビジネスは
挫折者が続出してしまうんだと思います。
 
 
まさにそれって、
 
「光が見えない暗闇を走り続ける状態」
 
にも近いかもしれません。
 
 
今回の講義は、そんな状況を打破して
確実に記事更新を”報酬”に繋げていくための講義になります。
 
 
できるだけムダな労力を浪費しないための
テクニカルな講座になっているので、
できればじっくりと理解しながら
読み進めていって欲しいと思います。


 
と、その前に、
 
ブログやサイトを使ったネットビジネスをするのであれば、
当然、そのサイトにアクセスを集めないと
お金は稼ぎようもないんですが、
 
その集客活動で最も成果が出やすく、誰であれ
 
”やれば必ず結果を出せるであろう戦略”
 
こそが、キーワードを狙ったブログの記事更新なんです。
 
 
それは情報商材アフィリエイトだろうが
アドセンスや物販アフィリエイトだろうが、
ネットショップだろうが、全部一緒。
 
 
適当な記事タイトルをつけて日々の記事を更新していっても
そのサイトにはアクセスは集まらないんです。
 
 
この辺りについて
 
「は?よくわかんない。キーワードってそんなに大切?」
 
という段階の場合はこちらから基礎知識を
インプットしてからこちらに戻ってくると 
より理解が深まると思います。

ネットビジネス集客入門講座
 


どうせこのキーワード集客の部分をある程度マスターしないと
ネットビジネスではほぼ稼げないだろうし、
 
実はキーワード集客っていうのは
食わず嫌いするほど難しいことでもありません。
 
 
それでは、行きましょう。
 
 

アフィリエイトにおける”稼げるキーワード”集客

 
かなり基礎的なことなんですけど、
ブログにアクセスを集めたいのであれば
ブログ記事を継続的に更新していくことがポイントになってきます。
 
その際、ブログのテーマに沿った属性で記事を
書いていく必要があります。
 
 
例えば、僕のようなスタイルで
何かの商品を売り込むことが目的のサイトを
運営している場合、できるだけ
 
「その商品を欲しいと思うだろう属性の人」
 
にそのブログを訪問して欲しいですよね。
 
 
僕のような、情報商材がキャッシュポイントとなるブログに
 
「筋トレに興味がある人」
 
「今、お金稼ぎに興味がない人」
 
を集めても、記事を大した読んでくれもしないだろうし
メルマガにも登録してくれないだろうし、
つまり僕の報酬には直結する可能性は低いです。
 
 
だからこそ、キャンプオカモトのようなサイトでは
 
「ネットビジネス アフィリエイト 情報商材名」
 
のようなキーワードを記事タイトルに入れて、
 
 
”できるだけ報酬に直結しやすい見込み客”
 
を集めるようにしているんです。
 

あとは、キーワードを選定する際に重要なのは

『できるだけ需要のあるキーワードを選ぶ』

という部分。


考えてみれば当たり前ではあるんですけど、

「アフィリエイト シャープペン」

みたいな、誰も検索しなさそうなキーワードを入れて
記事を書いても、そのキーワードは需要がないので
いくらライバルがいないとはいえ、あまり意味がないわけです。
 
 

キーワードを入力してくる訪問者の潜在的な意図を考える

 
そんなキーワード選定の際に、
地味にめちゃめちゃ大切なのは
 
「そのキーワードで検索してきた人は、どんな情報を求めているのか。」
 
ここのニーズを満たすコンテンツを作ることが
利益に大きく影響してきます。
 
 
例えば「筋トレ メニュー 自宅」
と検索エンジンに打ち込んでくる人がいるとしたら、
その人は一体どんな情報を求めているのかを
考えてみる必要があります。

 
このキーワードで検索してくる人なら、単純に考えてみると
 
「自宅でできる筋トレメニューでいいのはないかな」
 
という”知りたいこと”(悩み)を持って
出てきたサイトを訪問していきます。

 
なので、こちら側が
 
「自宅でできるおすすめ筋トレメニュー」
 
という記事タイトルをつけたものの、
 
いざその記事で書いてある内容が
自宅筋トレの話はそこそこにして、

すぐにプロテインなんかを一方的に売りつけるような
コンテンツでは、相手の満足度も低く、
なかなか利益には繋がりにくいということです。


 
なので
 
「筋トレ メニュー 自宅」
 
のようなキーワードを狙って記事を書く場合は、

 
「自宅でできる筋トレメニューでいいのはないかな?」
 
という意識を持っているだろう訪問者のニーズに応えた
コンテンツを用意する必要があります。

 
そういう満足度の高いコンテンツを作り続けることで
グーグルの評価も高まり SEO的にも上位表示されやすくなっていきますし、
 
こういった活動の積み重ねこそが
 
「このブログの他の記事も読んでみたい」
 
というような結果にもつながってくると思います。
 
 

できるだけ購買意欲の高いキーワードを狙う

 
キーワード選定をする場合にもう一つ重要な視点は、
 
「より利益に直結しやすいキーワードを選ぶこと」
 
です。
 
 
自分のサイトのキャッシュポイントが
PV数を上げてアドセンス広告を踏ませることが目的であれば、
 
先ほど挙げたような
 
「筋トレ メニュー 自宅」
 
のようなキーワードから記事を作っていっても良いと思います。
 
 
でも、もしもそのサイトが”プロテインを売る”
という部分がキャッシュポイントであるならば、
 
上に挙げたキーワードで記事を書くことは、
若干”利益には直結していない”とも言えます。
 
 
まぁ確かに「筋トレ 自宅」で検索してくる訪問者は
完全に「プロテインを買うような属性」とも言えますが、
 
それよりも、
 
”よりプロテインを買うつもりの人”
 
を集める方が、手っ取り早くより効率的に
利益に繋げていくことができます。
 
 
ということで、次に考えていくべきは
 
「”よりプロテインを買う可能性のある人”はどんなキーワードを入力するかな?」
 
という部分です。
 
 
そう考えると、およそ思い浮かんでくるのは
 
「プロテイン おすすめ」
「プロテイン 比較」
「ラグビー おすすめ プロテイン」
 
このようなキーワード。
 
 
こういったキーワードで検索してくる人というのは、いわば
 
”すでにその商品を買うつもり”
 
で検索をしていますので、その分だけ
成果に繋がりやすいと言えます。
 
 
このケースで購買意欲が高くはない例を挙げるなら、
 
「プロテイン タイミング」
 
とかでしょうか。
 
 
こう検索してくるユーザーは、どちらかというと
 
「すでにプロテインを持っていて、飲むのにベストなタイミングを知りたい」
 
という意図を予測することができます。
 
 
まぁプロテインだと少しややこしくなってしまうのですが、(笑)
ゲームの発売日だともっとわかりやすいですよね。
 
 
「ドラクエ 予約」
「ドラクエ 発売日」
「ドラクエ 最安値」
 
こういうキーワードを入力する人は
 
”すでにその商品を買う気マンマン”
 
ということになりますが、
 
 
「ドラクエ 攻略法」
「ドラクエ 裏ワザ」
 
というキーワードで調べる人は
すでにドラクエを持ってる可能性がほぼ100%なので、
 
そういう人にその”ドラクエ”を売り込んでいっても
ほとんど意味がないわけです。
 
 
このあたりが
 
「購買意欲の高いキーワードを選定する」
 
ことの概念的な話。
 
 
要は、ネットで何かを売ることが目的なら、初めから
 
「購買意欲の高い見込み客」
 
を集めることこそが、報酬発生には
最も効率の良いキーワード選定の戦略ということになります。
 
 
僕自身の経験上もそうですけど、
だいたいアフィリエイトで稼げていないというケースは、
 
このキーワード選定のあたりのことを
全く意識していないか、もしくは
 
「そんなこと、考えたこともない」
 
というケースが非常に多いです。
 
 
逆に、ライティングとかが多少おかしくても、
キーワード選定を理解して
 
「その商品を買う可能性の高い属性だけを集める」
 
というポイントを抑えていれば
普通に成約を挙げていくことはできるはずです。


 
このあたりは物販アフィリエイトやトレンドアフィリエイトを
やったことのある人からすれば常識的な話なんですけど、
 
知らない人からすればなかなか
”目からウロコ”的なことでもあるので、
 
ぜひここでキーワード選定のイメージを
掴んで欲しいと思います。
 
 

よりニッチな複合キーワードを狙う

 
でも、サイト立ち上げて記事数も少ない当初から
いきなり、記事を投稿するごとに
バンバン上位表示されていくわけではありません。

 
やはり、「ネットビジネス」や
「アフィリエイト」など、
 
こういう1単語だけのビックキーワードだと
どうしても先立つ強力なライバル達に
上位表示を占領されている可能性が高いです。
 
 
かといってそのキーワードでは
もうつけいる隙がないのかというと実はそうでもありません。
 
その時に必要となる考え方が「複合キーワード」。
 
 
つまり、
 
「アフィリエイト 稼ぐ」
 
「アフィリエイト 稼ぐ コツ」
 
のように複数のキーワードを記事タイトルに入れることによって
どんどん幅を絞ったキーワードを選定していくという考え方です。
 
 
こうした複合キーワードになればなるほど、
競合も少なくなってその分上位表示を勝ち取りやすいです。
 
 
また、先ほど挙げた
 
「購買意欲の高いキーワードを狙う」
 

という部分も、こうして複合キーワードを入れていけば
自然と競合も減り、上位表示を狙いやすくなります。
 
 
「ドラクエ 発売日」
 
「ドラクエ 発売日 予約」
 
というように、よりニッチなキーワードを
狙っていけばいくほど競合も減り、
それが購買意欲の高い見込み客を
意図して集客していくことが可能になるということです。
 
 
このように、まだ自身のブログが充実していない時はできるだけ
 
  • 競合の少ない複合キーワード

  • 購買意欲の高い見込み客が入力するキーワード
 
この2つのポイントを抑えて上位表示を狙っていくのが
キーワード集客の王道的な考え方になります。
 
 
長くなってしまったので、今回の講義はここで終わりです。
 
 
次の記事は
 
「競合の少ないキーワードの見つけ方」
 
に関するお話です。
 
 
次回の講義は、無駄な遠回りをすることなく
 
”より質の高いアクセスだけを集める”
具体的なテクニックの話なので、
引き続きここで基礎を学んで欲しいと思います。


競合の少ないキーワードの見つけ方講座


それでは、岡本でした。
 
 
 
その他気になるコンテンツ

ブログ講座コンテンツ一覧へ

ビギナーにおすすめのアフィリエイトの初め方。

実際に検証したオススメ教材一覧

ジャンル、目的別おすすめの情報商材7選 

岡本亮の無料メールマガジン講座、その威力。

インターネットで給料以外に収入を発生させる方法は
メールマガジン講座でさらに具体的に説明しています。

知名度、人脈、実績ゼロ状態から収入を生み出すテクニックと
有料で公開されている情報商材よりも
質の高い情報や、少し秘匿性の高い情報をシェアしていると自負しております。

登録は当然無料なので、ぜひ登録してみてください。

ネットビジネス全般の基礎的なノウハウなどを詰め込んだレポート

もメルマガの中で受け取ることができます。

→ 無料メルマガ講座に登録する

メルマガバナー