こんにちは、岡本です。
 
2015年の8月くらいに販売された
 

Curation Agent System(キュレーションエージェントシステム)

というツール+マーケティング教材があります。

名前やヘッドコピーからするに
何かのツールかな、って思うんですけど、

僕の認識では

「戦略マニュアル+それを体現させるためのツール」

という印象です。

 
スクリーンショット 2015-12-25 8.50.17
 
 
これ、色んなアフィリエイター達がひっきりなしに
 
「初心者におすすめです!」
 
なんて言って推奨しまくっていて、
 
今でも批判の意見がないどころか
このCuration Agent System(キュレーションエージェントシステム)
のノウハウに基づいたサイトを見かけるようになったので
かなり有用性の高いノウハウなのは間違いないです。
 
 
でも、僕はこの「キュレーションエージェントシステム」
のセールスレターをパラッと読んだだけでは
正直、言ってることが小難しく感じて

 
「どうしてみんな、こんな複雑なものを初心者に勧められるんだろう?」
 

って思ってました。
 
 
あと、他の人のレビューを読んでも
戦略がやたらと頭に入ってきづらい。

 
だから僕も

「俺ってやっぱり理解力が低いんだな…」

ってちょっと凹みそうになったんですけど、

ちゃんとセールスレターを読めばかなり勉強になりますし、

 
中身を手にとっていざその内容を理解してみると
やることは結構シンプルなことがわかりました。


でもこの商品がすごいのは、セールスレターの期待を
上回るレベルで本編のクオリティが高いところ。


普通、ほとんどの情報商材って逆ですもんね。笑


この教材は、

 
「文章が書けないから成約させられない」
 
「アクセスが集められない」

 
このあたりのフラストレーションを

『”戦略”で一気に乗り越えるためのツール+教材』
 
といったところです。
 
 
ただなんとなく盛り上がって
 
”あの人達が紹介してるから良い商品にちがいない”
 
みたいに紹介してる人たちもいるかもしれませんけど、
 
 
『今、キュレーションサイトがキテるのでかなり稼げます。』
 
みたいなチンケな理解度じゃ非常に勿体ないです。


 
僕も、この記事ではできるだけ
わかりやすく解説しているつもりですので、
 
アフィリエイトにチャレンジしてる人なら
読むだけでもかなり勉強になると思います。


かなり秀逸な商品なのに
”何となく”レベルで食わず嫌いして
セールスレターを読んでいない人は、
かなり勿体ないことをしてると思います。

 
ぜひ、勉強する意味でもこの記事と
セールスレターは読んでみて、
戦略を理解してみてくださいね。

 

Curation Agent System(株式会社ビースタイル/伊藤伸太)レビュー

セールスページを読んだらかなり小難しそうな印象を受けますが、
この「キュレーションエージェントシステム」は
実際はかなり初心者向けな教材です。
 
 
まぁ”初心者向け”とは言っても
 
「何も考えずにコピペだけで稼ぎたい」
 
みたいな人向けではありません。
 
 
ただ、この”キャンプ・オカモト”みたいに
一から記事を書いて自分の意見や主張を述べたり、
 
商品をアフィリエイトしたりの文章を書き綴って
コンテンツを作っていく戦略とはちょっと違います。
 
 
僕のアフィリエイトは「文章」によって
セールスして成約を果たしてるんですけど、
 
「Curation Agent System」はどちらかというとその

”誘導戦略によって巧妙に情報商材を成約させる”

というイメージですね。
 
 
このキャンプオカモトのような
情報発信によるアフィリエイトのスタイルって、
 
「価値のある情報発信をする」
 
ための情報発信力だったり、セールスするスキルだったりを
鍛えていく必要がどうしても生まれてしまいます。
 
 
まぁそれをトレーニングしていくのが
情報発信ビジネスですし、
 
「価値のある情報を提供する」
 
というのがアフィリエイトで
お金を稼いでいくための前提というか、当然の認識ですよね。
 
 
で、この「キュレーションエージェントシステム」では、
 
 
その戦略によって
 
『価値のある情報発信をする』
 
という、情報発信で稼ぐための大前提を
果たしていくことになるというイメージです。
 
 
だからこの戦略も、
 
「価値のある情報発信をしてアフィリエイトする」
 
という情報発信アフィリエイトの本質的な部分は一緒です。
 
 
ではどうやって情報発信に価値を持たせるかというと、
ツールによって簡単に作れる
 
”まとめサイト=キュレーションサイト”
 
によって乗り越えていくことになります。
 
 
こうして説明すると、余計に複雑に感じるかもしれませんね。笑
 
 
要は、
 
  • ”良い記事を書く”ことによって価値を人に提供するのか

  • ”情報をまとめること”によって価値を人に提供するのか
 
 
つまり、

「記事を書くのか」

「記事をまとめるのか」

の違いだということです。
 
 
だからこそ、キュレーションエージェントシステムの戦略は
 
「”価値のある情報発信”をしなきゃいけないのは
わかってるけど、それがなかなか難しいです…」
 
という人にはかなりマッチしたノウハウなんじゃないかと思います。

 

キュレーションエージェントシステムはどんな戦略?解りやすく解説

戦略に関してはかなり丁寧にセールスレターに書かれてあります。
 
マーケティングに関してかなり勉強になるところが多いので
それをぜひ読んでほしいのですが、
 
ここでもできるだけわかりやすく補足しておきますね。
 
 
1. 売る商品を決める
 
2. キーワード(キュレーションサイトのタイトル)を決める
 
3. キュレーションサイトを立ち上げる
 
4. 管理人ブログ&管理人ツイッターを立ち上げる
 
5. キュレーションサイトのスレッド立て&レス付けをして
  バイラルを起こす仕掛け作りをする(コンテ ンツボリュームを増殖させていく)
 
6. キュレーションサイトの構築と同時進行で
  管理人ブログの構築・更新作業を進めていく
 
7. キュレーションサイトにレスが付き出したタイミング、
  もしくはアクセスが集まりだしたタイミング で
  特に売りたい商品に口コミで煽りを入れていき、
  売り込みブログ(管理人ブログ)への誘導を行って いく
 
8. 管理人ブログで収益発生



じっくり見れば普通に理解できると思うんですけど、

 
  • キュレーション(まとめ)サイト
  • 管理人ブログ(ここがキャッシュポイント)
  • ツイッター(あくまで援護射撃的に利用する)
 
 
この3つを主体として運営していき、
情報商材の成約を果たしていくノウハウです。

 
これを読んで、
 
「いろいろやることあって、複雑そう…」
 
って思う気持ちもわかるんですけど、

よく読んでみると、やること自体は実は
そんなに多くないことに気がつくと思います。
 
 
つまり、
 
僕のようなブログ×メルマガを主体として
文章力でセールスして成約を狙っていく戦略ではなく、
 
まとめサイト×ブログを主体として、戦略によって
 
”自然と商品が欲しくなるように仕向けて”
 
成約を狙っていく戦略ということになります。
 
 
まぁ
 
「その戦略がなんで有効なの?」
 
などの疑問だったり戦略のあたりの詳しいところはセールスレターに
かなり明確に書かれているのでこのくらいにしておきますが、


セールスレターをちゃんと読めば
 
「これは本当にできると思う」
 
ことに気がついて、この戦略のヤバさに気が付けるはずです。
 
 
で、読んでも「こんなんで稼げるの?」と感じたら
多分きちんともう一回読んだ方が良いです。
 
 
買う買わないにしろ、


「どうやって集客するのか?」

「どうやって成約へと導くのか?」

このあたりのネットビジネスにおける
マーケティングの勉強にもなるので、

絶対にレターだけは読んでみた方が良いと思います。
 
 

キュレーションエージェントシステム、本編がめちゃめちゃ丁寧。

「キュレーションエージェントシステム」は
本編のマニュアルはとにかく具体的で明確でわかりやすく、
 
「よくこんなマニュアル作りこんでくれたな」
 
というくらい丁寧です。
 
 
例えば、ブログ運営に関するマニュアル。
 
 
目次はこんな感じで、内容も超わかりやすいと僕は思いました。
 
 
 
スクリーンショット 2015-12-25 9.15.21   スクリーンショット 2015-12-25 9.15.31 
スクリーンショット 2015-12-25 9.18.40
 
 
 
「記事の書き出しはこうしてください」
 
「このような構成で記事を書いてください」
 
 
くらいのレベルから、
 
「文字サイズの変え方、画像の入れ方」
 
とかまで。
 
 
販売者側としても「痒い所に手が届く」という意図を持って
このマニュアルを作ったと終わりに書かれていましたが、
本当にそんな感じのマニュアルだと思います。
 
 
 
あと、個人的には情報商材につける
 
「売り込み用の特典の作り方」
 
のパートはかなり好きです。
 
 
情報商材アフィリエイトって、最初のうちは
 
「自分なんかじゃ特典がつけられない…」
 
って悩むことが多いんですけど、
このマニュアルを読めば一発で解消できます。

 
「特典は◯◯よりも◯◯が重要」
 
とかは、かなり勉強になりましたね。笑
 
 
ここを知るだけで、
 
特典に対する心理的なハードルも
成約のハードルもグッと低くなると思います。
 
 
 
そんな感じで、
 
驚くほど丁寧なマニュアルで
具体的なステップが書かれているので、
やはりこの教材は経験の浅い初心者ほど
ありがたいものかな、って思いました。
 
 
ただ正直、ツイッターマニュアルだけは
本当に基礎的なところだけでした。
 
まぁこの戦略自体がツイッターはあくまで補足的なものとして
捉えてるからなので
このくらいでいいのかな、とも思います。
 
 

キュレーションエージェントシステムはどんな人に向いているか。

「Curation Agent System」のツールと戦略は、
 
既にアフィリエイトに取り組んでいる人が導入することで
さらに集客効果を高められる戦略ではあるんですけど、
 
本編マニュアルを見る感じは
初心者に向けられた印象が強いです。


”この教材で学んだことを自分のビジネスに活かす”

っていう感じの商品ではないので、
中級者以上であればそうやって活用していくことが可能だと思うんですけど、
どちらかといえば

”イチから継続収入の仕組みを構築していく”

のにベストな教材+ツールなんじゃないかと思います。


かなりわかりやすく事細かに書かれたマニュアルなので、
あまり好きじゃない言い方をすると
 
「この手順通りに進めていくだけ」
 
と言っても良いレベルで具体的にステップ化されています。
 
 
セールスレターを読む限りは一見すると、どう考えても
初心者向けの商品には思えないと感じるかもしれませんけど、
 
 
つまり、この商品のセールスレターで
ターゲットにしている顧客層というのは
 
『経験問わず、きちんと合理的に物事を判断できる人』
 
という感じなんだと思います。

 
「初心者=甘い認識の情報弱者」
 
というわけではないですからね。
 
 
だからこのセールスレターでその戦略と理論に
合意できない人は必然的に購入しないだろうし、
 
初心者だろうと経験が少なかろうと、地に足をつけて
 
「これならできる。これなら稼げるぞ。」
 
と思った人は自然に購入に至ってるという。
 
 
つまり、
 
「コピぺで月収300万円」
 
みたいな、夢見がちで地に足がついてないような”情報弱者層”は
この商品を手に取っても稼げないだろうし、
 
そもそもセールスレターの段階から
そういう層は排除してるっていう意図が感じられましたね。
 
 
 
僕はどちらかというと
 
『コピーライティング力を磨いて実力を鍛えていこう』
 
という、昔のバルセロナの「私の戦術はロナウドだ」的な
最低限の戦術だけ持って突き進んでいくルートを選んでて、
その道を現在進行形で実践中です。

 
brazil-ronaldo-world-cup
(怪物の方のロナウド)
 
 
 
なのでまずはこっちの道でそれなりに身を立ててから
余裕を持ってキュレーションサイトを
導入していきたいというのが率直に思ってるところですので

キュレーション戦略に力を入れていくのは
ちょっとまた後になります。


サッカーのこと詳しくなかったら
ここの例えは無視して構いませんが、(笑)

「コピーライティング力で成約を勝ち取る」

のが”ロナウドにボールを渡すだけ”
というゴリ押しの戦術で勝利を狙うものだとしたら、

「キュレーションエージェントシステム」は
より体系立てたパス回し、チームプレーで勝利を勝ち取るようなイメージですね。


 
これから何らかのビジネスの構築に
取り掛かってみようという場合には、
むしろ「Curation Agent System」から
取り掛かるのは本当に良い選択だと思います。
 
 
なんせさっきも言ったように、
マニュアルがかなりわかりやすいですからね。
 
1つずつ腰を据えて構築していくことができます。
 
 
”次にどうしていけばいいのか”を
具体的に示してくれてるこの教材は、
 
これから「安定した収入を生み出し続けてくれる媒体の構築」
に取り掛かっていく段階こそかなり価値のあるものだと思いました。

 
僕が実践してる”コピーライティング力を磨く”
っていう道こそ、ネットビジネスで稼いでいく為の王道だと思うんですけど、
 
なんだかんだ言って、それだと
 
「次に何をやればいいのかわからない」

「どんな記事を書いたらいいのかわからない」
 
っていう人も続出してしまうルートであるのは否定はできませんので。
 
 
まだネットビジネスで思うように
結果を出すこができていない場合でも、
 
全てを投げ打って「キュレーションエージェントシステム」
のノウハウを構築し始めるというのは普通にアリな選択だと思います。

 
あくまで僕の個人的な感想なんですけど、
 
オリジナリティというよりかは
着実に試合を組み立てていけるような、
堅実で丁寧な仕事が得意な人にはより一層向いてると思います。


Curation Agent System(キュレーションエージェントシステム)
 
 
 

「Curation Agent System」に岡本亮から特典

Curation Agent System(キュレーションエージェントシステム)
はかなりわかりやすいマニュアルを提供してくれるので、
 
はっきり言ってまずは本編に専念した方が成果を出すのは早いはずです。
 
 
この戦略に限っては、アフィリエイターから
余計に特典をつけまくるとかえって邪魔になると思いますし、

余計な情報を真に受けて自己流で突き進むよりも
販売者とコンサルタントのYさんのサポートを逐次受けながら
丁寧に作業を進めていった方が絶対に良いと思います。


なのであくまで補足的なもの、もしくは

「このノウハウでそれなりに結果を出せた後に必要になってくるもの」

として捉えて欲しいんですが、
僕からも特典を提供させていただきます。



ツイッターの”戦略”マニュアル
キュレーションエージェントシステムのマニュアルは
かなり完成度の高いものなんですけど、
 
その戦略の特性からかツイッターのマニュアルに関しては
アカウント登録や、操作方法レベルで、本当に”薄い”です。
 
 
まぁ正直、ツイッターは援護射撃的に使っていくものなので
なくたってそれなりの成果は出せるからこそだと思うんですけど、
 
 
僕からは補足的に、ツイッターの戦略面でもう少し
掘り下げたレポートのマニュアルを提供させていただきます。
 

 
メルマガ戦略に移行していくマニュアルとメールサポート
まずは本編の戦略通りにブログ、サイトを構築、運営していくべきですが、

ある程度アクセスが集まってきて
報酬が発生させるようになってからであれば
メルマガを利用したリストマーケティングに繋げていくことが可能です。


本編でも特典としてメルマガマニュアルが付属しているようですが、
僕はどこにあるのか確認できませんでした。

(もしかすると最初の段階ではかえってマイナスにもなりかねないので
販売者側であえて制限しているのかもしれません。)


なので個別に申請したりすれば
リストマーケティングの方もサポートしてくれるとは思いますが、

僕からも、メルマガを利用したリストマーケティングの面においては
全面的にサポートさせていただきます。

  • ステップメールを構築していく際に役立つシナリオ構成参考レポート

  • オプトインページ(LP)作成アドバイス

この辺りも含めて全面的に
メール、チャット等におけるサポートをさせていただきます。

 
ということで、購入特典については
あえてささやか、というか教材のノウハウそのものを
邪魔しないように、一歩引いたものにしました。


結局、販売者側としても
アフィリエイト初心者や未経験が
あれもこれもと手をつけないように

「まずは、継続収入が発生する媒体を構築させること」

を優先している方針があると思います。


情報商材でこんなに”特典がかえって邪魔になる”
っていう商品も珍しいなーって思いましたね。


その意図を理解した上でチャレンジしてみて欲しいと思います。


イチから自動で売れる仕組みを構築していくには
「キュレーションエージェントシステム」はかなりベストな選択だと思いますよ。


 
 
 
※特典の受け取り方
 
以下の表記を必ず確認してから決済をするようお願いします。

購入後に”特典PDF”の中でご案内させていただいています。
 
 
スクリーンショット 2015-12-25 10.52.14
 
 
それでは、岡本でした。