こんにちは、岡本です。

今回はネットビジネス、アフィリエイトにおける
最低限意識するだけでいいSEO対策』の話。


この記事以前に読んで欲しい記事として
「検索エンジンからの集客は難しくない」
というお話があります。

こっちも併せて読んでみると理解度は更に深まるかと。

ネットビジネス集客入門。最も効果的な集客方法とは


検索エンジン集客というのは、
要はグーグルさんに検索エンジンの上位に
サイトを上げてもらう必要があります。


そんな活動のことを「SEO対策」と呼ぶのですが、
このワードを聞いただけで
どこかへ逃げていく人がほとんどだと思います。


でも今回のお話は

「SEOって何ですか?」

「SEO対策なんてできれば関わりたくない。」

という段階の人こそ理解すべき内容なので
ぜひじっくり読んでみてくださいね。

 

”良い記事”を書くだけで検索エンジン集客ができる

実際のところ、僕はSEO対策として
日々時間を費やしていることはほとんどありません。

嘘偽りなく、1つの記事につき1~5分くらいでしょうか。

むしろ今はもう、SEOのことなんてほとんど
意識すらしていないかもしれません。


それでも僕のブログは、今では狙ったキーワードであれば
それなりに検索エンジンの上位に表示されるようになってきました。


そんな僕が記事を書くとき日々意識しているのは、

できるだけ

『人の役に立つ情報を提供しよう』

ということくらいです。


本当にこれだけ。


でも実は、

『人の役に立つ情報を提供しよう』

という意識を持って記事を投稿していくだけで
グーグルさんは検索エンジンの順位を優先的に高めてくれているんです。

それが結果的に”究極のSEO対策”になるんです。


これは、マジですよ。

「被リンク」「サテライトサイト」「◯◯ドメイン」

などといった、いわゆる世間的に”ザ・SEO対策”
と呼ばれるようなことは僕は一つも施していませんし、
むしろよくわかりません。(笑)


なぜ『いい記事書こう』というのを意識するだけで
検索エンジンからの集客ができるようになるのか。


そのメカニズムを知るには、少しだけ
グーグルさんの仕組みを知っておくべき必要があります。

 

アフィリエイトで最低限抑えておくべき検索エンジンの仕組み

インターネット上において”ほぼ神様”のグーグルさん。
(Yahooの検索エンジンも、グーグルさんのシステムを導入しています。)


グーグルは、

”この世の全ての知識をみんなに平等に提供する”

のような理念を持って検索エンジンを運営しています。


だから、グーグル側としてもできるだけ
ユーザーに役立つ記事を
上位に表示されようとしてくれています。


SEOの話でよく聞く「何ちゃらアップデート」というのは、
より良質なサイトを優先的に順位を上にしてくれるための対策なんですね。


つまり検索エンジンで上位に表示されるためには
質の高い記事を作っていかなければいけないというのが
前提条件になります。


質の高い記事を生み出した上で、
最低限のSEO対策を行って
グーグルさんに質の高いブログだということをアピールする。


僕たちがやっていくべきSEO対策というのは
こういうことなんです。


なので

「SEO対策!グーグルにサイトを飛ばされた!!」

と嘆いて小細工のようなSEO対策を練り続けていくノウハウを追うのは、
究極に愚かしいことをしているということなんです。


下克上などによくあるトレンドアフィリエイト教材のノウハウでは

「サイトが検索圏外に飛ばされたりして、ペナルティを受けて稼げなくなった」

という悩みが多くあるらしいのですが、

それは、記事の質が低いからに他なりません。


それは単純にグーグルさんから

「もうこれ以上インターネット上にゴミを落とさないでください」

と注意を受けたということなんです。


人に価値を提供できる真っ当なコンテンツが、
なんの理由も無しに圏外へ飛ばされるわけがないんです。


努力もしようとしない、人に価値を提供しようとしないサイトが
グーグルさんの隙間を縫って小手先のテクニックだけで
上位表示を狙おうとする場合に限り、

「SEO対策は難しい、ややこしい」

という幻想が生まれているんです。


そんな小細工的なSEO対策に労力を注ぎ続けるのは
かなり険しい道のりですよね。


だからこそ、質の高い記事を作り出す能力こそが
ネットビジネスで稼ぐためにはもっとも重要だということなんです。


グーグルさんも人の目で全てサイトをチェックすることは不可能ですから
クローラーという警備ロボットを徘徊させています。

そのロボットは、”質の高いサイトの判断基準”として、
人の役に立ってるサイトかどうかを

  • 訪問者の滞在時間
  • PV数、リピーター数
  • 被リンク(他人のサイトからリンクを貼られているかどうか)
  • コピペやリライトの文章はないか
  • 更新頻度
  • 直帰率(サイトに入ってすぐに離脱してる人はどのくらいか)

 

などを参考に判断しているわけです。


この辺りは突き詰めるときりがないので、
僕たちがまずは基本的に意識しておけばいいのは

『長く滞在してくれる良質なオリジナルコンテンツ』

を提供するくらいの意識でブログ作りをしていくことです。


その為に派生したテクニックとして

・改行、行間などの読みやすい文章
・記事一覧や人気記事を入れて、多くの記事を読ませる工夫
・動画を挿入して滞在時間を長くする

のようなものが言われているということです。


『長く滞在してくれる良質なオリジナルコンテンツ』

を構築していきそれを検索エンジンの上位に表示してもらう為には
最低限おさえておくべきテクニックを知る必要があります。

そのテクニックに関してこれからお話していきます。

 

外部SEO対策と内部SEO対策

そういったテクニックはいわゆるSEO対策と呼ばれていますが、
そもそもSEO対策は大きく2つに分類して考えてみる必要があります。


先ほどいった

「被リンク」や「何とかドメイン」

といった、外的な要因で検索エンジンの順位を上げようとする
対策を”外部SEO対策”。


その反対に、自分自身のサイトの構成にSEO対策を施すことを
”内部SEO対策”といいます。


「質の高い記事を投稿していく」

ということも”内部SEO対策”の一環ということです。


なんとなくわかってきたかもしれませんが、
僕たちが意識するべきは「内部SEO対策」だけでいいんですね。


例えばSEO対策として代表的である”被リンク”というのは、
自分のサイトのリンクがどこか他のサイトに貼られることです。

グーグルさんはこれも順位を決定する1つの要因にもしているのですが、
自然な被リンクでないと
グーグルさんの精巧なマシンが見抜いてしまいます。


だから、外的なSEO対策というのはあまり気にせず、

自然と被リンクを張ってもらえるような
価値のあるブログ作りをしていくことに目を向ける方が
結果的に外部SEO対策に繋がるということなんです。


要は、モテる為に

「ブランド物の服やアクセサリで身を固めたり、
周りの友達にどう根回しをしようかと対策を練っていく」

のが外部SEO対策で、

「自分自身を磨いて自然と人から好かれるような人間になれるように努力する」

のを内部SEO対策と例えるとわかりやすいでしょうか。笑


いくら周囲への根回しなどに策を弄しても、
本人に魅力がなければ相手を満足させることができません。


グーグルさんも、僕たちの想像を絶する精密な判断基準で
価値のあるサイトを見分けようとしており、
その精度は年々高まってきているようです。


そのその判断基準としてより重要になってきているのが
訪問者の滞在時間、サイトの巡回率などということです。


これらが、ダイレクトに「このサイトは価値のあるサイトだ」
と判断されやすい良い指標となっているということですね。


グーグルの精巧なシステムの間隙を縫って
あれこれと策を弄するよりも、

ズビッと人に読んでもらえるコンテンツを作ることが
結果的に究極のSEO対策になっているということですね。


ユーザーがより長く、他の記事もいろいろとクリックして
読んでもらえるようなブログ作り。

まずはここだけを考えておくだけで
どんどんとSEO的にも上位に上げてくれるサイトが
出来上がっていきます。

 

アフィリエイトで最低限意識すべきSEO対策とは。

とはいえ、人に役に立つ記事をいくら量産しようが
最低限、そのブログの存在をアピールしていかないと
そもそもグーグルさん側もその記事やブログを認識してくれません。


ではどうやってグーグルさん側にブログそのものの存在を
認識してもらうのかというと、

もう『記事タイトル』がほぼ全てです。


例えば「アフィリエイト」に関する記事を書くのであれば

記事タイトルに「アフィリエイト」
というキーワードを入力していかないと
検索エンジンに認識してもらえません。


ただ「アフィリエイト」のように1単語だけだと
既に力のあるサイトが上位表示を席巻しているケースも多いです。


だからこそそこで

「アフィリエイト 初心者」「アフィリエイト 稼ぐ」

のように、記事を複合させていくというような
キーワードの狙い方や選定する知識が必要になってくるわけです。


自分のブログテーマの属性に沿った
「検索者が入力しそうなキーワード」
をできるだけタイトルに入れて記事を書く。


最初はここを意識して
しっかりと記事を書いていくだけで
長期的にブログへのアクセスがどんどん増えていきます。


これ、書いてて思ったんですけど、
なんだか他人事のような内容ですよね。(笑)


でも、本当にネットビジネスの集客はここに尽きるんです。


大事すぎることだから繰り返します。


『自分のブログテーマの属性に沿った
「検索者が入力しそうなキーワード」
をできるだけタイトルに入れて記事を書く。』


もう地味すぎるけど、
これだけでかなり集客効果は変わってくるんです。

ぜひ実践に移してみてくださいね。

もう、僕が頭を下げてでも
あなたにお願いしたいくらい大切なことですので。笑


ここを意識していない人で
ネットビジネスで稼げている人は
本当にいないに等しいと思います。


このあたりの最低限の知識とスキルを覚えていかないことには、
いくら記事を書き貯めてもブログにアクセスが集められません。


アクセスを集められなければ
1円も稼ぎようがないんです。


誰も読んでくれない記事を
ゴールも見えない状態で書き続ける方が
よっぽど苦痛な時間を過ごすことになるはずです。

 

アフィリエイトで余計なSEO対策に労力を費やしたくないなら。

また、僕がとっている内部SEO対策として
もっとも効果的だなと実践しているのが
ブログテンプレートの「賢威」を導入したこと。

ワードプレステンプレート賢威


冗談抜きに、賢威を導入して
あとはキーワードを意識して記事を更新していけば
それだけで、記事ごとにアクセスが集まり続けることになります。


僕自身も本当にたまげたんですが、

結果的には賢威を導入しただけでアクセス数が
3〜4倍にアップしました。

SEOに強いブログテンプレートに変更するだけで
そのくらい抜群のSEO効果を発揮してくれます。


あとは賢威についている教材マニュアルが
検索エンジン集客の教材書として最高に満足できると思います。



記事タイトルのつけ方、キーワード選定や狙い方。

このあたりの、書いた記事を無駄にしないための
具体的なテクニックもそのマニュアルに記載されていますが、

僕からも「効果的な記事の書き方」に関するレポートを
特典としてお付けしています。


むしろSEO対策などに時間をかけたくない人ほど
手にして欲しいレポートなので、
そのあたりについても一度僕の記事を覗いてみてください。

賢威のレビュー記事


情報発信をしていくのであれば
遅かれ早かれSEOというものに向き合わなくてはいけません。

そのスタートを切るのに
賢威の導入は本当におすすめですので。


今回の記事はかなり講義色が強かったですが
有料級に大事なことについて書かれているはずですので
ぜひ何度か読み返してみて欲しいと思います。


それでは、岡本でした。

その他気になるコンテンツ

ブログ講座コンテンツ一覧へ

ビギナーにおすすめのアフィリエイトの初め方。

実際に検証したオススメ教材一覧

ジャンル、目的別おすすめの情報商材7選 

岡本亮の無料メールマガジン講座、その威力。

インターネットで給料以外に収入を発生させる方法は
メールマガジン講座でさらに具体的に説明しています。

知名度、人脈、実績ゼロ状態から収入を生み出すテクニックと
有料で公開されている情報商材よりも
質の高い情報や、少し秘匿性の高い情報をシェアしていると自負しております。

登録は当然無料なので、ぜひ登録してみてください。

ネットビジネス全般の基礎的なノウハウなどを詰め込んだレポート

もメルマガの中で受け取ることができます。

→ 無料メルマガ講座に登録する

メルマガバナー