こんにちは、岡本と申します。

小玉歩(AYU)さんの門下生という立ち位置の
花井志穂さんという方が販売している、

BUYER’S FUN(バイヤーズファン)という情報商材について。

僕がインフォトップを見た段階では、価格は24700円でした。

BUYER’S FUN(バイヤーズファン)花井志穂

スクリーンショット 2015-11-11 11.13.58

http://buyersfun.com/

セールスレターの雰囲気からしても、
やたらと主婦層に人気のありそうな情報商材です。

この容姿で人を騙すつもりとかはもちろんないんでしょうが、
このBUYER’S FUN(バイヤーズファン)という教材自体は
検索してみれば相当な悪評だらけで、
結果的にそういう顛末になっているようです。

それはもう、

「BUYMAで稼ぐノウハウを売る」

という時点でもはや”自分はバイヤーじゃない”ことを
公言しているようなものですので、矛盾している行為だから仕方がないと思います。

そのあたりの理由について、

またなんで悪評ばっかりな商品なのに未だに売れているのかについても
僕なりの意見を書いてみました。

 

そもそもBUYMA転売は稼げるのか。

BUYMA系のノウハウって、決まって

”無在庫転売だからノーリスク”

ということを強い売り文句にして
ネットビジネス初心者に売ろうとしてます。

無在庫転売というのはどういうことかというと、
BUYMAというサイトに商品を持っていなくても
出品することができるということです。

BUYMAでは、この写真のように出品してる人たちって、
まだ自分の手元に商品を持ってないんですね。

 

スクリーンショット 2015-11-11 11.17.17


同じような商品がたくさん並んでいるんですけど、

周囲のライバルの価格を見比べながら自分で価格設定して出品していくのが
BUYMA転売の基本です。

  1. BUYMAで売れそうな商品をリサーチする
  2. 海外のショッピングサイトでその商品が売っているかをリサーチする
  3. 周りで同じ商品を出品しているライバルと比べ、利益が取れそうな価格を設定し、出品する
  4. 注文が入ったら海外のサイトから買う(もちろん、売り切れてるときもある)
  5. 商品が届いたらお客さんに発送する

だいたい、BUYMAはこんな感じのステップなんですが、

今回のBUYER’S FUN(バイヤーズファン)のように
バイマ転売のノウハウを多くの人に公開した時点で
仕入先も仕入れる商品の傾向も似てきて、
競合が激しくなるはずです。

だから1つの情報商材で

「このAという海外サイトから仕入れるのはおすすめですよ」

といったら、何人もの人がこのサイトから拝借した写真を使って
同じ商品を出品することになるんです。

なので”無在庫転売”は一見、リスクがなさそうでメリットに見えますが
その分、参入者がゴロゴロいて

「同じ商品を数円単位の値下げで競争し合う」

という不毛な争いが起こってしまいます。


上の画像のように、同じ商品がたくさん並んでるから、
買う側からしたらどう考えても安いものを購入しますよね。

 

そしたら、消費者からすれば
同じ商品が微妙な価格差でたくさん出品されている状態を
見るようになってしまいます。

完全在宅の無在庫転売っていうのは、

言ってしまえば消費者の替わりに
海外からショッピングサイトで買い物してあげた
お礼をもらってるようなビジネスです。

しかも、出品してもそんなにラクに
受注が入るものではありません。

50品出品してやっと1点注文が入るとか、そういうレベルで
量産して出品していかないといけません。

出品を続ければ売れることはわかったとしても、
この作業を繰り返すのは多くの人にとってかなり苦痛なようです。

販売者の花井志穂さんは

「初心者がネットビジネスで最も成果を出しやすい方法」

「これで稼げなければネットビジネスは諦めてください」

のようなことを言っていますが、

僕の中では、BUYMAの在宅無在庫転売というのは
ただ”雑用のお駄賃をもらってる”
のとなんら変わらないと思っています。

やりがいも感じなければ時間も多く使う。

しまいには海外のサイトで仕入れれないから
国内の楽天やアマゾンで商品を探し出すという、
なんとも無意味な作業に陥る可能性さえあります。

BUYMAで服とかを買うとなんかオシャレな感じしますけど、
楽天で普通に売ってるモノを価格を高く設定して
BUYMAで出品してる人とかたくさんいますからね。

だから本来、BUYMAというサイトの本質というのは
現地のバイヤーが現地のショップで良いモノを紹介して
それを買う、というところに価値があると思うんです。

独自の仕入れルートを持った人たちが
良い商品を欲しい人に提供してあげるサイトであれば
それだけでいいと思います。

それをわざわざ「BUYMAは稼げる」
みたいな市場にするのもどうかと僕は感じていますね。

まぁこれは僕の勝手な意見だし、

そんな在宅の仕事で幸せな人生を掴めるのであれば
全然文句はないですが、

どうやらBUYER’S FUN(バイヤーズファン)では
そうじゃないようだから憤ってはいます。

 

BUYER’S FUN(バイヤーズファン)の評判

実際のところ、
バイヤーズファンの評判はどうなのかなと思って
いろいろと調べてみましたが、

案の定、ありきたりなことを
花井志穂さんなりに解説したものという様子です。

つまり、内容で言えば無料レポートにまとめたレベル。

結局のところ、バイマでの出品方法やポイントなど、
調べればわかるような情報をそれなりにをマニュアル化しただけの
教材という印象のようです。

それにしても、「バイヤーズファン」で検索したら悪評が多いです。

絶賛している人は見当たりませんでした。

それでもインフォトップで売れているのは、
AYUさん系列の方々はそっち側のリストに販売していくからなんでしょうね。

「検索エンジンで調べてみる」

というリテラシーも持ち合わせていないほどの消費者層を
狙っているから悪評だらけでも問題ないのかもしれません。

「主婦でもネットビジネスで稼げる」

そういう理念は立派だと思います。

でも結局、情報販売した方が稼げてるから
この人もそうしています。

なのでこの花井志穂さんも、3年後くらいには

「ああ、バイヤーズファンは別に人を稼がせる情報ではなかったんだ…」

って気がついてほしいと個人的に思っています。笑

どう考えても、悪気があってこんな情報商材を
販売しているわけではなさそうですし。

 

高額塾系列の人達が稼げない理由


”いい人も多いけど、戦略が芸能人と一緒”

高額塾系列の人は、そういう人ばっかりのように思えます。

でも、なぜかぼったくりレベルの高額コンテンツを
平気でアフィリエイトするという…

ブログを見ても記事タイトルが日記だし、
何かをアフィリエイトするときも
販売者と徒党を組んで写真を撮ったり
セミナーをしたりして特典を販売したり…

それは単純に、

『ネットビジネス=表立って活躍している小玉歩(AYU)さん達』

とかの現実しか知らないからだと思います。

こういう人たちって、AYUさん系が教える芸能人戦略しか知らないから

「人脈がないと成功できないんだ」

と思ってしまっています。だから

何かにつけてセミナーに参加したり
SNSで人と繋がった写真をアップしたり
必死のコメント回りを続けて1日が終わったり…

結局、表立って活躍している人たちは
そういう戦略しか教えてくれないんです。

この戦法で成功するって
多くの一般人からすればかなり難しいだろうし、
それこそ奇跡レベルだと思います。

花井志穂さんも、そんな中の一人じゃないでしょうか。

でも、”芸能人戦略”の再現性は限りなく低いだろうし、

全ての労力が徒労に終わり
資産になりにくい戦略だと思います。

僕も与沢さん系列からネットビジネスを知りましたが、
そういう戦略じゃない戦略を選択した途端に
アフィリエイトで収入を得られるようになりました。

多くの一般人にとって、本当に稼げるルートというのは
僕が歩いてるこの方向なんだと思います。

ブランディングと人脈とSNSが主体の戦略をとる
アフィリエイターたちの手法で稼げる人はそれでいいんですけど、

「自分はちょっとムリしてるな…」

と思ったのなら、まずは僕のメルマガに登録してみてください。笑

結論、BUYER’S FUN(バイヤーズファン)は稼げるのか?

 

花井志穂さんのように、理念を掲げること自体はいいと思います。

でも、それを信じて買う側は、
その商品の中身すらロクに確認せずにある意味妄信的に

「花井さんのノウハウだから信じます!」

という状態で購入に至っているはずです。

それで良い商品を提供できているのなら良いのですが、
数万円支払わせておいて、結果的には
悪評にまみれてしまうような商品を買わせているのは事実です。

たとえ理念が崇高なものだとしても、
その価値に見合ったものを提供できていないのであれば
悪に近いと思います。

花井志穂さん自身の中では
BUYER’S FUN(バイヤーズファン)は
渾身の作品だったとしても、

購入してみた側としては

「うーん…BUYMA転売ってめんどくさそう…」

「なんとかやってみたけど、思ったよりも稼げないし…」

こう感じた人が大半なんじゃないかと僕は予想しています。

”大満足”の人はほとんどいない。

不満を感じているものの、
信じている花井さんが自信を持って提供しているものだから
文句を言う気にはなれない。

でも結果として稼いだわけではない。

バイヤーズファンは、こんな
”宙づり”状態の人を量産させてしまった情報商材なんじゃないかな、
と勝手に思っています。

で、たぶんこの予想は当たってます。

そもそも転売系で本気で他人に稼いでもらいたいとなったら、
”情報販売”という形式ではどうしてもムリがあるんじゃないかなと。

なんせ、転売系においてはその情報が広まった時点で
同じことをやる人が増えてどうしても競合してしまうからです。

だから転売系で相手を稼がせるためには、

自分が稼ぐことのできた渾身のノウハウを
人数を限定してマンツーマンレベルで
丁寧にサポートしていくしかないのかな、って思っています。

そうやって指導している人も少なからずいるだろうし、
僕もこの前見つけました。

そういった詳しいことはメルマガのレポートの中でも記載しているので、
もし興味があればどうぞ。

それでは、岡本でした。

その他気になるコンテンツ


ブログ講座コンテンツ一覧へ

岡本の無料メルマガ講座

オススメ教材一覧

岡本の情報商材レビュ-ブログ

キャンプ・オカモト購入者基本特典「岡本帝国」について

※新しいブログを作成しました。