こんにちは、岡本です。

「文章が書くのが苦手だから、できるだけ文章力不要なノウハウで稼ぎたい」

と考えることがあります。

特にネットビジネスを始めたばかりの時は
どうしても、文章に対して苦手意識を持ってしまいます。

その気持ちは僕も良く理解できるし、
長々と文章を書くのは苦痛に感じそうです。


今回の記事では、
そんな文章(コピーライティング)
に対する悩みや苦手意識を払拭してもらおうと思います。

コピーライティングを学ばないとお金を稼げない


僕もやっぱりネットビジネスに参入した頃は
文章を書くということに対して抵抗がありました。

抵抗というか、「自分にできるんだろうか…」
というような気持ちです。

別に国語や作文が得意だったわけでもないし、
まずパソコンのタイピングもロクにできていませんでしたから。


最初は僕も1記事500文字くらいでいっぱいいっぱいだったし、
1000文字も越えようものなら「おれ、すげー頑張ってる!」
っていう感じでした。

そんな僕でもなんでこうして文章を書く事を
続けることができたかというと、

ライティングスキルを磨くことが
収入を上げる最もベストな方法で、
それが成功への最短ルートだということを認識したからです。


どういうことかというととてもシンプルな答えです。

稼げてない人ほどコピーライティングというものを避けていて、
稼いでる人ほどコピーライティングのスキルを磨いて
駆使し続けてるということに気がついたのです。

ネットビジネスにおいてコピーライティングスキルを磨かない以外に
人以上にお金を稼ぐ方法はないと思っています。


”できるだけ少ない労力で個人レベルで経済的自由を掴む”

これを達成するには
どうしても文章力を磨いていかなければいけません。


少なくとも、文章力(コピーライティングスキル)を
磨かないでネットビジネスで稼いでいこう
という思考はちょっと矛盾があるかもしれません。


というのも、当たり前ですが
ネット上の情報の大半が文字によるものだからです。

情報発信は言葉がベースなので、

言葉を生み出して人に成約してもらうという
コピーライティングスキルがなければ
相手にアクションを起こしてもらうこともできないし、
商品を買ってもらうこともできません。


『ネットビジネスで稼ぐ≒ライティングのスキルを磨く』

『ライティングスキルを磨かない=お金を稼ぐつもりがない』

と言っても間違ってないです。

文章書くのは大変そうだから
文章力不要な動画ノウハウとかで稼ごう!と思ってるなら…


「今は動画の時代だ!」

「これからは検索エンジンの上位表示はYouTubeが席巻する」

なんてよく言われています。

そうして動画系の情報商材もたくさん売られていますが、
たとえ動画をビジネスに導入するとしてもライティング力は必須です。


動画の構成もスピーキング能力も、
全ては「言葉で人を動かす」
というコピーライティングの要素から派生しているものです。

ただ、それが文章か喋りか。その違いだけだと僕は思います。


動画編集だけでYouTubeアドセンス収入を得ていくという
稼ぎ方も今は流行っていますが、

そんなYouTubeだけのアドセンス収入で
死ぬまで稼ぎ続けること未来なんて少し考えづらいし、
アドセンスだけでは収入に限界があります。

YouTubeアドセンスなどで稼いでいくのも
別にいいとは思います。

でも、結局はそれすらもグーグルさんの従業員でしかないことを
認識しないといけないし、

本当の自由を掴むためには
そのアドセンスで稼いだノウハウを活かして
情報発信に移行していくべきだと思っています。

つまり、従業員という枠を抜け出して
個人レベルで稼いでいくためには
どちらにしろコピーライティングスキルを
身につけけいかなければいけないということです。

 

コピーライティングスキルは今すぐにでも向上していく

 

「そんなこと言っても、たくさん文章を書き続けるなんてめんどくさそう…」

「自分に人を動かす文章なんて書けるだろうか…」

こんなように不安を感じることもあると思います。


でも安心して欲しいのが、コピーライティング力は
誰だって書けば書く分だけ向上していくということです。

文章力には誰だってものすごい”のびしろ”があります。

それでもやっぱりめんどくさそうというなら
人よりお金を稼ぐことは諦めないといけませんが、

最初にも言ったように、
僕も作文は人並みかそれ以下だったし
タイピングすら2本指レベルでした。


看護実習の時にも実習記録みたいなのもを毎日書きまくるのですが、

僕はそれで指導看護師に人一倍、
指摘を受けまくるほど文章がド下手でした。
(怒られて更に僕がムカついて目をつけられる、というスパイラルでした笑)

僕のブログには古い記事もあえて消さずに残していますが、
今見ると本当に目を覆いたくなるくらい
わけのわからないことを言いまくってます。笑


途中の期間、結構ダラダラ更新していたので
僕は稼ぐのが遅い方なのですが、

それでもこのキャンプ・オカモトを開設して1年もしないで
アフィリエイトで人から商品を買ってもらえるようにもなったし、
どう考えても、コピーに才能が必要とは考えられません。


今現在コピーライティング能力が高くて稼いでる人の文章を見てると、
やっぱり意図的にコピーライティングのスキルを駆使して文章を書いてるし、
生まれつきこんなに文章がうまかったとは考えにくいです。

実際、コピーライティングのスキルが高い人は例外なく
めっちゃ文章を書いてきたとほとんどの人が言っています。

ネットビジネスでお金を稼ぐのに、
実は文章力よりも必要な要素

また、ちょっとしたグッドニュースなのですが

これまでのあなたが「作文や文章を書くことが苦手だった」というのは
ビジネスには全くと言っていいほど関係ありません。
(日本語がしゃべれないというのはいけませんが。)

というのも、義務教育での作文や大学の論文などは
人に評価を受ける前提で書きます。

だから、ふざけた文章を書いたら怒られるし
「相手が意図する」文章を書いてこその”正解”がありました。


僕は中一の時の遠足だかの感想文で
担任が友人をバカにしたような発言をしてたのを目撃したので

「先生のあの時の行動はどうかと思いました」

みたいなことを書いたら、めっちゃどつかれて
先生が家まで来て僕の両親にまで
文句を言いに来たという思い出があります。
(あれ以来、僕は社会に対しての反骨精神が生まれたと両親は言っています。笑)

こんなように、自分の中では正しいと思った主張でも
相手に提出してうまい文章を書かなければいけないのが
今まで求められてきた”文章力”の正体です。

(こう考えると、今の教育というのは
よっぽどお金にならないシステムだと思います。)


でも、ビジネスにおいて、
情報発信でそんな論文とか報告書みたいな
文章を書いてても誰も価値を感じてくれません。

「今日は、僕が考察したネットビジネスの情勢についてお話しします。
まず、ネットビジネスとはうんたら…」

みたいなことを言ってても、
たとえそれが正しいとしても
誰も読んでくれません。


稼いでる人はみんなコピーライティングスキルを磨いてる
と言いましたが、

実はそれ以外にも稼いでる人の文章には共通点があります。

それはスキルうんぬんの前に、
シンプルに”文章が面白い”ということです。


あなたが発信したその主観的な意見にこそ人は価値を感じて
面白いと思って、読者になってくれます。

だからネットビジネスで書く文章というのは、
これまで書いてきた文章とは根本的に目的や質が違うんです。


極端に言えば、『自分が思ってること』を
そのまま伝えればそれが価値を生み出します。

そしてその主張が尖っていれば尖ってるほど、
コアなファンが集まってくるはずです。

そんな情報発信こそ、
人が「面白い」と感じてくれるようになります。

その上で相手にとって
為になる情報であればそれも価値になるということです。


誰が言っても代わり映えのない、
何の主張のない日本の総理大臣みたいなことを言ってても
人の感情は動きません。

少なくとも僕は、そんな人とは真逆の”尖った人”にこそ
魅力や価値を強く感じます。

ホリエモンとか橋下議員とか、彼らは
人が思ってても絶対に言えないようなことをバンバン言うから
良くも悪くも人が集まってきます。

そしてその『自分が思っている主張』の延長にある、
自分が心から他人に奨めたい商品を紹介してお金をもらうというのが
アフィリエイトの本質です。


こう考えると、情報発信やコピーライティングスキルを磨くことは
面白そうだとは思いませんか?

無機質で自分の感情がそこにない文章を長々と書き続けるのは
人によってはけっこうな苦痛です。

トレンドとか物販アフィリエイトは僕にとってそんな感じだから挫折しましたが。

でも、自分の思ってることや
感じたことを素直に伝えていくことこそが
情報発信における文章の正体です。

その上で、自分の理念や達成したい未来に向かって
必要だと思う商品を奨めていくのがアフィリエイトだということですね。

その上で人を成約に至らす文章力を磨くためには。

極端なことを言えば、ブログやSNSで
好き勝手に自分の思うように文章を書き続けていても
ネットビジネスにおける収入は自然に上がっていくと僕は思ってます。

インターネットを利用すれば、
その理念や主張が強烈であればあるほど拡散して
人が集まってくるからです。


ですがその上で

”人の感情を動かして行動を起こしてもらうスキル”

というものを学んでいくことが
最も効率的に収入を得ていく方法だと思います。


いくら理念が魅力的だとしても、
そもそも読まれない文章や読みにくい文章を書き続けていては
人にその理念を伝えることもできません。

”人に伝わりやすい文章”

”人に興味を持ってもらって、行動を起こしてもらう文章”

に原理や原則があるのは真実です。

そこに理由があるということですね。


事実、僕が情報発信やアフィリエイトで稼げるようになったのも、
そういった”文章の原理や原則”を学んだからです。

そんな原理原則を学ぶ上で
僕がベストだと思う方法は、

”The Million Writing”(ミリオンライティング)
という教材を手に入れて勉強することです。


”The Million Writing(ミリオンライティング)”

この教材は、PDFのみの電子書籍という感じです。

一応カテゴリーとしては情報商材の部類に入るのですが、
価格は3980円と、一般のビジネス書籍とさほど変わりません。


・人の感情を動かす原理原則を学ぶ
・その上で自分の思う理念と主張をもって自由に文章を書いていく

この2つの要素こそが、
ネットビジネスにおいて収入を上げていく
最善で最短の方法だと思っています。

なのでコピーライティング力を高めていく上での
教科書として、このミリオンライティングを
読んで学んでいく方法こそがベストな選択です。

なのでぜひあなたにも手にとって欲しいと思っています。


ネットビジネスにおけるコピーライティングは、
人に評価してもらう論文や実習レポートなどの文章を書くものとは
全く質が違うものです。

あなたの主張を相手に伝えて、
相手の感情を動かして成約してもらうというものです。

好き勝手にあなたが思ってることを文章にして、
それをお金に変えていくことこそが情報発信の本質です。

あまり難しく考えることなく、
自由にあなたの思う理念や主張を発信していきましょう。


追伸:

今回の記事は結果として
”The Million Writing”をアフィリエイトするという
記事になってしまいました。

ですがそれも”自分の理念の上で”
ご紹介させていただいているということです。


『自力で稼げる能力を身につけて、好きなように生きていく。』

そんな理想の未来へ行くために必要なツールであるからこそ、
ぜひ手にとってほしいと思って
今回こういう文章になったということです。

どう考えても、それが成功への正しいルートだと思うからです。


僕は価格よりも価値のあると思った商品しか紹介しませんので、
ぜひ一度は覗いてみて欲しいと思います。
(もしもその価値を感じなかったら謝ります。)

でも、無条件での返金保証があるので、
いちど騙されたと思って購入してみるといいと本気で思います。

きっと、良い意味で騙された!って思うはずです。

こちらにも、ミリオンライティングについて詳しく書いた
レビュー記事のようなものもあるのでぜひ目を通してみてください。

初心者にこそ手にとって欲しいミリオンライティングのレビュー

実はミリオンライティングをアフィリエイトに活かす
僕独自の特典もついていますので。

それでは失礼します。

その他気になるコンテンツ


ブログ講座コンテンツ一覧へ

岡本の無料メルマガ講座

オススメ教材一覧

岡本の情報商材レビュ-ブログ