こんにちは、岡本です。


今回は、

”時間を買う”とか”自己投資する”

という概念についてお話したいと思います。


最後に、その種明かしも。笑

 

一般書籍でネットビジネスを学んでも稼げるのか?

かつて職場に、

アフィリエイトに興味を持ち始めた
先輩がいました。


もちろん、

アフィリエイトがしたいというよりは

”1万円からでも副収入が欲しい”

という願望からアフィリエイトという言葉に
たどり着いたようです。


ある時、彼は
分厚いアフィリエイトの本を読んでいて
あーでもない、こーでもないと勉強していました。

僕もチラリとその本を借りて眺めてみました。


アフィリエイトやネットビジネスに関して
本を読んだのは実は初めてです。

で、どんな感じだったかというと、

”どうでもいいことばっかり書いてある”

という印象です。


ドメインやサーバーひとつ説明するのに、
知る必要のなさそうな専門用語が並べられていたり

CVRやらPPCやらなんだかとか、
とにかく横文字やアルファベットを並べ立てて
(そのくらいは知っていますが)


”一見難しそうなイメージ”

をわざと演出しているんじゃないか?
とさえ思わせてくる内容でした。


売り上げとか実践とかには
全く繋がらないようなどうでもいい内容だし、

難しそうだし、僕もロクに読みませんでした。


こんな感じで、一般書籍って、ボリュームを増やすためにも
コンテンツっぽくするためにも

そうやって必要のないことばかり
書いてあるので、それはまあ仕方がないです。


ちなみに、書籍と情報商材の違いについて
言及している記事もこちらから参考にしてみてください。

一般書籍と情報商材の違い


それで、

あまりの内容に僕はがっかりしたのですが、

先輩いわくその本は
3000円くらいはかかったみたいです。


先輩は、

「まずは好きなことを無料ブログからでも
書き始めてアドセンス(広告)の収入で稼いでいけたらいいな」

ということを話していました。


アドセンスアフィリエイトなら
安くて実践レベルで勉強できる教材が
たくさん存在します。


仲の良い先輩だし、仕事のセンスも高い尊敬できる人物なので

せっかくやるなら本当に
稼いでみてもらいたいと思い、

僕は少し提案してみました。


「きちんと1万円くらいする教材を
買って取り組んでみたらどうですか?」

と、情報商材というものがあることを教えてあげました。


すると先輩は、首をかしげる感じで
あまり食いついてきません。

「うーん…

まずはお金がかからないところから
始めてみたいと思ってるんだよね…

サーバーとかドメインもお金がかかるみたいだし、

それで始めてみて、実際に報酬が発生しなかったら
お金が勿体ないしね。」


なんて言ってました。

まぁ、確かに。


「実際にやってみなくちゃどんなもんかわからないから。

本当にブログを書き続けるのを自分にできるかわからないまま
1万円もする教材を買うのはちょっと怖いでしょ。」

とのことです。


つまり、慣れてない人からすると
『情報商材にお金を払う』
のは少し抵抗があるんだと思います。


・一般書籍はしっかり買うことができるのに

・大学や塾に行く大金は仕方ないと言って払うのに

・子どもの習い事には毎月数万円も払えるのに

です。


事実、その先輩は、その月に
合計2万円くらいかけて運動ジャージとか買ってましたし。笑


まぁジャージはいいとして

とにかく、

絶対に行動と実践に移せなさそうな書籍を読んで
アフィリエイトについて勉強する時間と労力があったなら
情報商材買った方がまだマシだとは思います。


もしくは、数十万円かかったとしても

コンサルティング代としてレベルの高い先生に
お金を払った方が吸収力も格段に上がりますし、
成果を出せる確率も高まります。


その先輩も、

何かと理由をつけて結局、今も
何もアフィリエイトに関して手をつけていません。

「もうちょっと勉強してから」

って言っています。


アフィリエイトでなくても、
何であってもそうだと思いますが、

実際にアクションに移そうとしない
時間の方がもったいないことに気付かなくちゃいけません。


でもその先輩は

「お金がもったいない」

というのです。

気持ちはそれなりに理解できるんですが、

これからネットビジネスで稼いでいくのであれば
ノウハウとか情報に対して”お金を投じる感覚”
はある程度持たないと機会的な損失が大きいです。


稼ぐために必要な方法をまとめてパッケージングしてくれたものが
情報商材です。(基本的には)

わざわざ先人達が費やした時間や労力を
お金で買えるのであれば、それはぜひ買うべきだと思います。

時間と労力を軽減できるものに対してはどんどんお金を投じていく感覚も
必要だと思います。

ネットビジネス業界では、よく

「東京から大阪まで歩いていくのか飛行機で行くのか」

という例えが使われると思いますが、まさにそうだと思います。

何でもかんでも「節約」なんて言って
数百円のために隣町まで1時間かけて買い物に行っている主婦と一緒です。


しかもアフィリエイトなんて、

たとえ1万円の教材を買って失敗したとしても
致命的な大損をするわけではありません。


1万円が勿体なくて

「毎月1万円でもいいから稼ぎたい」

って思ってはいけません。


さっき言ったこの先輩だけじゃないんですけど、

初心者の段階や、これからネットビジネスを始める段階で良く聞くのが

”サーバーとかドメインとかにお金をかけるのも抵抗がある”

というものです。


ビジネスをやるのにかかるコストを
もったいないと思うということは、

そもそもネットビジネスのことを

”ビジネスとして見ていない”

からに他ならないと思います。


自分がラーメン屋でも始めることを考えると、
ハンパじゃないコストがかかってきます。

電気代、ガス代、家賃、材料費…


なんにせよ、ネットビジネスやアフィリエイトを
ビジネスとか経営として捉えることができないから
いつまでも行動できずに
時間だけが過ぎ去っていくんだと思います。


教材を買うのも怖い。

コストがかかって、失敗したら怖い…


だったら最初からネットビジネスなんてやろうとしないで
現実的に働いていた方が絶対に幸せです。


ムダな出費にケチるのはいいと思いますが、

自己の成長や時間短縮に関わるものに
お金を払うのをケチるのはカンペキに貧乏人の発想です。


貧乏人とお金持ちの違いって、
こういったお金に対する考え方だったり
お金の使い道でしかないんじゃいかな、

ってよく思います。


極端な話、

たとえ無一文になったとしても

お金を払って”お金を稼ぐ能力”を
身につけるために自己投資した方が
お金持ちになれる考え方なんじゃないか、

と思っています。


実際、成功者の人たちは
みんな同じようなことを言ってますしね。

「お金を払うことにビビらない。」


こんな考えを少しでも意識すると、

経験や実力がついてきて
お金以上に大きいリターンを得られる
のではないかと思います。


ただ、ビビらなさすぎるのもデンジャラスです。

何でもかんでも「自己投資だ!」と余計なものにまでお金を投じるのは
かなり危険な兆候ですので。

それはそれで良い経験を買えたのかもしれませんが
買う情報は良く選ばないといけないということです。



【追伸】

ということで今回の話は、”自己投資”の話でした。



だいたい、どのアフィリエイターもメルマガとかで
わざわざこういう話をしませんか?


これって要は、

「自分から商品を買ってくれ」

ってことなんです。笑


「お金を投資することの重要性」

という認識を読者に植え付けようとして、
自分自身がオファーする商品に
お金を払ってもらいたいからこそこういうことを言います。

当然、僕も半分そうかもしれません。


でも時間をお金で買うという意識を持ち合わせていない
成功者は皆無なのは事実でしょうけど。


僕が紹介している商品は基本的に
人を騙すようなものはないです。笑


僕も長く儲けていきたいので、
局所で人を騙すようなことなんてわざわざしないです。


まぁこんなこといくら言っても意味がないので、
あえて僕のことを信じる必要はありません。


常に客観的な目線でいいんじゃないかと。


だからこそこうしてアフィリエイターの手の内を勝手に明かしてます。

僕はそうしても不都合にならないくらいの
情報発信をしていくつもりですので。


今回の話ではせめて、

「こういうこと言ってるってことは、そういう商品を売りたいんだな。」

という客観的な視点を持ってもらえればと思います。

なぜ僕がコピーライティングの話ばっかりしてるのかとか
そういうのも見えてきたのかと…笑


そんなことも踏まえて、僕の推奨する情報商材のコンテンツも
ぜひ一度覗いてみてください。


それでは。

その他気になるコンテンツ


ブログ講座コンテンツ一覧へ

岡本の無料メルマガ講座

オススメ教材一覧

岡本の情報商材レビュ-ブログ