今回は

「アフィリエイトで売る商品が決まっていない」

「どんな情報発信をしていけばいいのかが具体的にわからない」

「そもそもどうやってお金が生まれる仕組みができるのか
イマイチよくわからない」

そんな境遇にある場合にお役に立てる記事だと思います。

人によっては

”目からウロコ”

くらいビックリすると思います。

もしあなたがそんな悩み持っているならば
ストレートに解決策を示した内容になっていますので、
ぜひゆっくりと読んでみてください。

 

アフィリエイトを始める時の初めの1歩

アフィリエイトは稼げるんだろうことは
わかったとしても、

はじめのうちはアフィリエイトを始めようにも

「一体、何から始めれば良いのかわからない…」

という問題に直面してしまいます。

僕がこれまで買ってきた高額塾などや
多くのアフィリエイターが説明している

『まず初めのアフィリエイトのステップ』

としては、ほぼほぼ間違いなく

「ブログの作成」

です。

それと同時進行で
フェイスブック、Twitter、ユーチューブなどの
集客が期待できるそれぞれのSNSのアカウントを取得していく

という流れがよくあるアフィリエイト教材や
アフィリエイト塾の一般的な流れではないでしょうか。

トップアフィリエイターたちがこぞって取り入れている
ブログとメルマガを利用したDRMの仕組みの構築や
最新の集客ノウハウを真っ先に取り入れたとしても、

集客した先にある記事が
全然価値のないものであったら
誰も続きを読んでくれないし、
商品の成約に至ることはありません。

なので後にも先にも

コピーライティングの能力を
高めましょうということを
何度も何度も僕のブログやメルマガで言っています。

メルマガアフィリエイトの基本3ステップ

  • ブログを作る
  • →メルマガへ誘導する
  • →メルマガ内で商品を紹介してアフィリエイトする

言ってしまえばこの3ステップの仕組みだけを構築していけば
アフィリエイトで商品が売れることになるわけですが、

なぜこんなにもネットビジネスに参戦した
多くの人が全然稼げないのでしょうか。

1つは

「訪問者が成約に至るまでの価値に値できる情報発信ができていない」

というのが一番の理由かもしれませんが

僕が考える次に来る理由は

「構築していく順番が違う」

ことだと考えています。

多くの塾やアフィリエイターさん達は、

1 ブログを作る
2 情報発信する
3 情報発信の中でメルマガに誘導する
4 メルマガ内でアフィリエイト

という流れで説明していますが、

実は、ネットビジネスを始めようとした9割以上の人が

”2 情報発信する”

のステップまでしかやらずに

「アフィリエイトは稼げない。難しい!」

と嘆いてしまう傾向にあると思います。

どんな記事を書いたらいいのかわからず、
有料のメルマガ発行に踏み切れずに
そこまで至らないのです。

「とにかく価値のある、
相手にとって役に立つ記事を書け!」

とか

「自分をすごいと思わせて
ブランディングしろ!」

とか言うだけの人も結構存在します。

なので初心者たちはこぞってカン違いして
ブログやSNSなどの媒体で

「今日は◯さんのセミナーに言ってきました!」
「今日はこれを食べてきました!」

という記事ばかりを書いてしまいます。

そもそも価値のある記事とはどんなものかの指針も理解できないまま、
とにかく目立って人をブログに集めなくてはと
やっきになっておかど違いな情報発信をしてしまいがちになってしまいます。

 

初心者にオススメなアフィリエイトの仕組み構築ステップ

そうならないためには
どうすれば良いのでしょうか。

そのためには、

「情報発信をする目的」

が明確でなければいけません。

「ん?もちろん稼ぐためですよ!」

と考えてしまった場合は
その考え方は少しズレてしまっています。

もっと具体性を高めて
情報発信する目的を持たなければいけません。

結論を言ってしまえば、

『先に売る商品を決めてしまう』

ということです。

つまり、出口を決めておけば
その後の情報発信がぶれることはなくなるということです。

先に自分が何の商品を売るのか。

これさえ決まっていれば、

「メルマガでどうやって読者に商品を買ってもらえるだろう」

ということを考えるようになります。

ブログにおいても
「どうやってブログの記事でメルマガに誘導しよう」
という考えに至り、

”商品を買ってもらえるには
ブログでどんな情報発信をすべきだろう”

ということが見えてくることになります。

この状態になってしまえば
ブログやSNSなどのメルマガ以前の媒体で
すっとんきょうな投稿をしなくなります。

まあ、僕もよくやっていたのですが。

僕がネットビジネスに興味を持ち始めた
2012頃は、まさにネオヒルズ族たちの全盛期でした。

彼ら一派がこぞって

「最強の自分メディアを作りましょう。」

「自分のメディアさえ育っていれば(アクセス数があれば)、
あとはどんな商品でも売っていけるようになります。」

という主張を言っていたからです。

それが僕が参入した頃のネットビジネス界、
アフィリエイト界の常識、スタンダードでした。

彼らの言っていることは何も間違っていません。

人を集められる強力なメディアさえあれば、

「こんな商品がありますけど?」

と紹介するだけで売れてしまう状態になるのは
間違ってはいないと思います。

 

なぜ自分の媒体を育てようとしたアフィリエイト初心者は稼げなかったのか

しかしなぜ当時、

彼らのいう通りに自分の媒体を
構築していった人たちが潰れていったのか。

当時は

大量殺戮の死体の山のように
”ネットビジネスで成功できない人”
が積み上がっていっていたのです。

それは他でもなく”成功できなかった人”は

『売る商品がなかったから』

です。

売る商品がないのに、いくらブログやSNSで
食べたものや行った所を発信していっても
ただの近況報告にしかなりません。

たとえ素晴らしく価値のある、
人の役に立つ情報をブログやSNSだけで
発信したとしても意味がないのです。

何故なら、その発信には目的、”出口”がないからです。

 

これに気づかずに僕を初めとしたネットビジネス初心者の多くは

「なかなか稼げません…どうすれば良いのでしょうか…?」

と猫ナデ声で助けを求めて商材を買い漁っていたのです。


だからこそ、初心者がアフィリエイトに臨むなら
まず行うべきステップは

『売る商品を決める』

ことです。

売る商品を決めた後にそれに伴ったメルマガを発行し、
そのメルマガに登録してもらうために
自身の媒体(ブログやSNS)を作り情報発信していくのです。

  • 売る商品を決める
  • その商品を自動で売るためのメルマガ(ステップメール)を組む
  • そのメルマガに登録してもらうために媒体を構築する
  • その媒体でメルマガに登録してもらうために情報発信する

これが、初心者がアフィリエイトで
DRMの仕組みを構築できるベストなステップだと思っています。

この流れで仕組みを作っていくと
今後一切、どんな情報発信をすれば良いのか
迷わなくなると思います。

現在、適当にブログ記事を更新しているだけで、
具体的にどうやって報酬を発生させていく流れを
作ることができるのかがイマイチわからない。

そんな場合には、

ぜひ僕のメルマガ講座に登録してみてください。

アフィリエイトで初心者がつまづきやすい箇所は、
ほとんど僕もつまづいてきたと思います。

そんな経験から作ったメール講座です。
半ば自動で報酬を発生させることのできる方法なども
シェアしていますので、

もし良かったらメールアドレスを登録してみてください。

→ 岡本亮のメールマガジン講座