こんにちは、岡本です。

この記事では、情報商材では数少ないロングセラー教材である
「The Million Writing(ミリオンライティング)」の魅力に迫ります。


ネットビジネスにおけるコピーライティング教材の中で
多くの人が大絶賛するミリオンライティング。

著者である宇崎恵吾さんと、その師匠の2人によるアフィリエイト教材、

Copyrighting Affiliate Program
(コピーライティングアフィリエイトプログラム)


という教材の中に付属されたコピーライティングに特化した教材です。


Copyrighting Affiliate Program

もともとはミリオンライティングが先に発売されたようですが、
今となっては「Copyrighting Affiliate Program」から別売りで
コピーライティングの教材であるミリオンライティングが購入できる、
という認識の方が自然かもしれません。

The Million Writingに関する絶賛のレビューは
検索すればいくらでも存在しますが、
レビューというか、僕なりに思っていることなども交えてお話ししていきます。  

The Million Writing(ミリオンライティング)【宇崎恵吾】レビュー

64














このThe Million Writing(ミリオンライティング)、
僕も好きな教材ですし多くのアフィリエイター達も大絶賛しています。


PDF200ぺージほどで、スラスラと読んでいきやすい構成になっています。


ミリオンライティングで何が学べるかというと、

「人はどういう時に購入に至るのか」

などのセールスの際に必要な心理学と、
そこに必要な文章のテクニックやスキルの数々になります。


アフィリエイトって「モノを紹介する仕事」ですから、
セールスとか購買心理とかをある程度でも理解していないと
話にならないと僕は思っています。


だからミリオンライティングを読んでるのと読んでないのとでは、
アフィリエイトを仕掛ける側としてのレベルに
格段の開きが出てくる傾向があります。


これは何も適当に言ってるわけじゃなくて、
実際に僕のところからミリオンライティングを買ってくれた人の文章を見ても、
読む前と読んだ後では明らかに”文章の質”が全然違うのがすぐにわかります。  

ミリオンライティングを読むことであなたはどうなれるのか


コピーライティングって、業界用語的には

「セールスするための文章スキル」

でもあるんですけど、もっと根本的なところで言うと


「相手に物事をきちんと伝えるスキル」


でもあります。


だからミリオンライティングを勉強すれば
セールス力がアップするっていうのも結果として当然なんですけど、
もっと根本的な部分でいうと、

今後書いていく文章そのものが読みやすくなって、
「きちんと読まれる記事」をスラスラと書けるような能力が身につきます。


ネットビジネスの世界って基本的には「文章」で構成されていますから、
やっぱり「分かりやすい文章を書くスキル」を学ばないことには
稼ぐことはなかなか難しいです。


まぁ今は稼ぎ方も多様化していて「文章力不要なノウハウ」も
確かに存在してはいるんですけど、

どれもこれも「その分、労力を消費するからキツい」とか、
「創造性のない単調な仕事」なものばっかりです。


まぁ、これは考えてみれば当然ですよね。


「ネット上でモノを売る」のがネットビジネスですから、
何かしらの工夫を施して相手に商品を買ってもらわないといけません。


で、ネットビジネスにおける”工夫を施す”っていうのは、
基本的には「作業量やアクセス数」を増やすか「成約率」を伸ばすかで
収益が伸びるかどうかが決まります。


そこで一番労力もかからずにその工夫を施せるのが
他でもない「文章」だと思うんです。


だから僕からすればコピーライティングを学ぶという道が一番ラクだったと思いますね。


物販系のビジネスとは違って、
文章力っていうのは「スキル」ですから、

ある程度のものを一度身につけてしまえば
すぐに失ったり、損失したり、奪われることとかもありません。


だから、コピーライティングのスキルって、
他のどの分野よりも”手堅い”ですし、それがそのまま収入アップに直結してきます。


今後ネットビジネスで稼いでいくんだったら、
遅かれ早かれ文章やセールスについては学んでいくべきだと思いますから、
そんな時にはミリオンライティングはかなりオススメですね。

コピーライティングの教材ならミリオンライティングがダントツ


僕も一般書籍でも有名な神田昌典さんや、
その他の外人コピーライターとかが書いたようなライティング系の教材なんかは
それなりの数を見てきています。


でも、その上でミリオンライティングを一番オススメしているんですね。


本屋さんで買えるようなコピーライティングの教科書って、
どれもそれなりに勉強にはなりますけど、
あくまで「広告コピー」の話だったり、著者たちなりの


「その時、そのシチュエーションで上手く行った時の成功事例」


でしかないんですよね。


まぁこういうのも読んでて面白いは面白いんですけど、
結局はただの「反応が取れたコピーの答え合わせ」みたいな。


でも、ミリオンライティングは違うんですよね。


ミリオンライティングは、


「なぜ、このような文章が反応を引き起こすのか」


の”原則”とか”原理”の部分についてが詳しいですから、
この部分でもふた回り以上も上回ってる印象です。


あとは「アメリカで上手く行ったチラシ広告のコピー」
とかじゃないっていうのも決定的なポイントですね。笑


ミリオンライティングは

「ウェブ上の文章で反応を引き出す文章」

というところにもある程度特化してますから、


「参考になったなー。いつか、自分のコピーにもできる範囲で応用していこう。」


みたいな、一般書籍のコピーライティング本を読んだ時によくあるような

”ただぼんやりと、なんとなく勉強になった感”

っていうのは間違いなく発生しないと思います。笑


だからダイレクトにネットビジネスやアフィリエイトの糧にしていきたいんだったら
もはやミリオンライティングで勉強しない意味がない、とさえ思いますね。  

ミリオンライティングのセールスレターがあやしい雰囲気な件


でも、ぶっちゃけた話、
ミリオンライティングのレターを初めて読んだ時の正直な感想としては

「うさん臭い…」 「古臭い…」

という感じでした。笑

色遣いもデザインも地味だし、
数年前の古い情報商材なのかなーと思って
最初はざっと流して普通にページを閉じたのは憶えています。

こんな感じで第一印象でミリオンライティングは
僕にとって”興味を惹かない”レターだったんですけど、(笑)

また違う機会にじっくりと読んでみるとこのセールスレター、
めちゃめちゃ話が面白いんですよね。

それで結局、内容として大満足で
プリントアウトして今でも読み込んでるくらい大好きな教材です。

僕も今となっては、


「岡本さんの文章は読みやすいし、面白いです」

「どうやってそんなライティング力を身につけたんですか?」


的なメッセージをもらえるようになってきたんですけど、
それ、完全にミリオンライティングのおかげですからね。


僕もかなりの数の情報商材を見てきたと思いますけど、
ミリオンライティングはその中でもかなりオススメです。

でも、もしかしたら僕と同じようにファーストインプレッションで
ミリオンライティングのセールスレターを
「読む気にならなかった」と感じている人もいると思うんです。

だから、この記事を読んでいるあなたも、
僕の文章をここまで読んでくれているのであれば
一度、騙されたと思って最後までセールスレターを読んでみて欲しいんですよね。  

ミリオンライティングのセールスレターが何故か読む気にならないあなたへ

そもそもなんで僕がミリオンライティングを
読む気にならなかったかを自分なりに分析してみたんですが、

  • 文字が多い
  • 文字のサイズが控えめ
  • 画像が少ない

こういう、言ってしまえば”パッとしない”印象を受けたんですね。


反対に、それまでの僕を思い返してみると

  • 文字がデカデカと強調されている
  • 画像が多く、デザイン性を意識している
  • 「◯◯万円稼げる」のような煽りが多い

こんなギラギラしたセールスレターばっかりに目が慣れていたんです。(笑)

だからミリオンライティングを見た瞬間、
「地味ー…」って即座に感じたんだと思います。

つまり僕は、

「ネットビジネス業界の煽り系セールスレターばかりに反応していた”情報弱者気質”」


だったからこそ、ミリオンライティングのレターを見たとき
慣れない感情を持ったんだと自分なりに分析しています。笑


高額キャンペーンや、表立ったアフィリエイター達が推奨している
情報商材のセールスレターって、
ド派手でデザイン面も凝ったものとかが多いですよね。

でもそういうレターに限って
商品のクオリティも低いことが多く、
誇大広告みたいな表現をしているものが多いと思います。


「禁断で驚愕のテンプレートを公開しました。」

「このノウハウで◯◯万円稼げました。」

「私を借金まみれのどん底生活から救ってくれたのはこのノウハウでした。」


結局のところ、ネットビジネス業界はこういうことしか言ってない
セールスレターばっかりだということに気がつきます。

でもそういうレターとミリオンライティングのレターで
どちらの方が説得力があって正しいことを言っているのかを
冷静に、よく比べてみて欲しいんです。

その上で 「どっちから学びたいか」 を判断してみて欲しいんですよね。

少なくとも僕の経験則からは、

『”そっち側”には本当に稼げる情報はない』

ということは伝えたいです。

ミリオンライティングは単品で3980円という価格ですけど、
普通に、そこら辺の高額塾とかよりも全然勉強になるはずです。


もう、販売者さんの実力が違いすぎて、
巷で流行ってる無料オファーとか高額塾とかが、
本当にくだらなく見えてくると思います。


おそらく、ミリオンライティングを読んだことがあって
過去にそういう高額塾などに手を出していた人は
ほぼ全員が僕と同じこの意見を言うんじゃないでしょうか。


ある意味The Million Writing(ミリオンライティング)は
そんな”情報弱者層”から脱却させるようなパワーを持っている教材ですね。


僕自身も、今振り返ってみるとミリオンライティングを買った時くらいから
救いようのないノウハウコレクター時代が終焉を迎えていたって感じですからね。

例えるなら「ヤクザから牧師に改心させた聖書」
みたいなものと同じくらいのパワーがあると思いますよ。


とにかくいい教材だし、安いし、かなりオススメですね。


The Million Writing(ミリオンライティング)のセールスレター
 

コピーライティングスキルを最大限に活かすアフィリエイト戦略も一緒に学ぶべき。

既に何らかのビジネスに取り組んでいて、

・更にコピーライティング力を向上させたい
・成約率を高めたい
 
という場合にはミリオンライティングのみで十分だと思います。


でも、

今からネットビジネスに取り組む初心者が
「ミリオンライティング」だけを手に入れても、
正直言ってちんぷんかんぷんだと思います。


それって、野球のルールも知らない秘境の民族に

・そもそもこの練習って何の意味があるのか

・じゃあこの練習をどうやって活かすのか

とかを一切教えないままひたすら素振りの方法と
その原理をレクチャーして練習に励ませるようなものであって、
微妙に効率が悪いと思うんですよね。


だから最初に「大枠」というか、

「どこに、どうやってこのスキルを駆使して稼いでいくのか」

という”戦略”の部分も同時並行で学んでいく必要があると思います。


結局、僕たちの目的って「コピーライティングスキルを磨くこと」じゃなくて
「稼ぐこと」ですからね。


コピーライティングスキルはアフィリエイトで稼いでいく上で
かなり重要になってきますから、
ゼロからアフィリエイトにチャレンジされる初心者の場合は
コピーライティングと合わせて”戦略(マーケティング)も学んでいった方がいいと思います。


なので、アフィリエイト戦略を同時に学ぶ場合は
やはりミリオンライティングが付属した
「Copyrighting Affiliate Program」を手に取ることが
そのまま最善の選択だと思います。
 
 

詳しくはこちらの記事に記載していますが、
こちらのプログラムは”ミリオンライティング込み”で9800円です。


たまーに


「私は初心者ですので、まずはミリオンライティングだけ買って勉強してみます。」


という相談というかメッセージをいただきますが、
僕としては「そっちの方が勿体無いのでは…」と思います。


「ミリオンライティングだけ」を購入するっていうのは
先ほども言いましたが、野球で言うと

「ボールの投げ方をマスターできる教科書を買ったけど、野球のルールは知らない」

ようなもので、初心者からすればあまり意味がないかもしれません。


もしくは「靴の片方だけを買う」ようなものですので、
コピーライティングだけを学び取りたい中級者以外は、
ミリオンライティングを単品で購入する意味のある人はいないのかな、と僕は思います。
 

ミリオンライティング特典


まぁ、それでもやっぱりおすすめな教材ですので、
当サイトから購入してくれた場合は
「Copyrighting Affiliate Program」に特典の一部である


1 記事の書き方レポート
2 リサーチレポート
 
と、併せて
 
3 岡本による文章添削とアドバイス

のサービスを特典としてお付けしたいと思います。


もうちょっと詳しいところがこちら。
 

1 記事の書き方マニュアル

  • コピーライティングスキル以前のわかりやすい文章の書き方
  • 正しく文章を伝える技術
  • 即席で説得力を格段に向上させるための文章の書き方
  • どこから手をつけていけば良いのか?
  • それぞれの記事の全般的な構成について
  • そもそもどんな記事を書いていけばいいのか?
  • 集客記事の書き方
  • アフィリエイトする際の記事の書き方と構成
  • 商材を批判する場合のポイント(批判する場合は◯◯しない)
  • 「記事の書き出し」で欠かしてはいけないポイントとテクニック
  • ※頼りすぎは厳禁 記事の書き方のテンプレート、参考例

箇条書きで要点をかいつまんで
ピックアップしてみましたが、
あまりちんたらしないよう、
スパッと理解できるようなものに仕上げました。


形式はPDFではないのですが、
PDFでいうと30~40ページくらいのボリュームくらいだと思ってください。
おそらく、「そうそう、こういうのが欲しかった!」と
満足してくれる内容担っていると思います。
 

2 ブログ記事を書くネタに困らなくなるリサーチマニュアル(PDF25ページ)


宇崎さんの師匠によるリサーチ方法を僕なりにまとめたレポートです。

情報発信をしていると

「ブログやメルマガにどんなことを書けばいいんだろう」

という問題に直面する場合があると思います。


でもどんな記事を書くのかというのは、
”書く記事のネタ探し”以前に

「相手にとって価値のある情報」

であることが前提です。


その「相手にとって価値のある情報」とは何かを
明確にリストアップしていくためのリサーチ方法がこれになります。


このリサーチを行えば具体的には

・自分が対象としている見込み客がどんなことに悩んでて、
何を知りたいのかがわかる

・つまりブログ、メルマガ記事でどんなことを書けばいいのか明確になる
(書くネタに困らない)

・自分が参入するテーマにおいての知識量が圧倒的に増える

こういうメリットを享受することができます。

むしろ、事前に自分が参入する市場についてを理解していないと
今後の情報発信が誰に伝えたいメッセージなのかもちぐはぐなまま
作業を継続していくことにもなりかねません。

そのくらい必須なリサーチ方法なので、
ぜひこのレポートを活用してみてください。

 

3 岡本による文章添削とアドバイス


文章の添削については、ブログやメルマガで主要な1つの記事を

「ここはこうだからこうすべき」

というアドバイスを可能な限り具体的にさせていただきます。


セールス記事など、主要な記事の成約率を数パーセントでも挙げれば
その後の収益にも大きな差が生まれます。


記事を客観的な視点で他者からチェックしてもらう機会は
なかなか貴重だと思いますので、ぜひ利用してみてください。


特典付きミリオンライティングセールスページ


ミリオンライティングが付属しているプログラムは
こちらの記事にて詳しくレビューしています。


Copyrighting Affiliate Program


それでは、岡本でした。
 
その他気になるコンテンツ

ブログ講座コンテンツ一覧へ

ビギナーにおすすめのアフィリエイトの初め方。

実際に検証したオススメ教材一覧

ジャンル、目的別おすすめの情報商材7選 

岡本亮の無料メールマガジン講座、その威力。

インターネットで給料以外に収入を発生させる方法は
メールマガジン講座でさらに具体的に説明しています。

知名度、人脈、実績ゼロ状態から収入を生み出すテクニックと
有料で公開されている情報商材よりも
質の高い情報や、少し秘匿性の高い情報をシェアしていると自負しております。

登録は当然無料なので、ぜひ登録してみてください。

ネットビジネス全般の基礎的なノウハウなどを詰め込んだレポート

もメルマガの中で受け取ることができます。

→ 無料メルマガ講座に登録する

メルマガバナー